きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

男女の尿漏れに必要な対策とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年9月20日~21日放送のきょうの健康
2日間に渡り男女の尿漏れについて特集
初日は男性の尿漏れについて
教えてくれるのは、名古屋大学大学院の後藤百万先生。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

尿漏れに悩む男性は・・・

尿漏れを経験している男性は300万人いると
言われています、男性の尿漏れチェック
というものがあるのですが
・トイレにたどり着く前に漏れる
・排尿時には出にくく意に反して少量ずつ漏れる
・排尿を終えて服を着た時に漏れる

という3つのチェックポイントがあります。

 

 

 

1 トイレにたどり着く前に漏れる
これは切迫性尿失禁という状態です
原因は過活動膀胱、膀胱がいっぱいになって
いないのに膀胱がいっぱいと勝手に判断し
尿意が強く出る、この原因は中枢神経の病気
脳からの指令で、膀胱のコントロールが上手く
いかないために起こる。

 

 

 

更に前立腺肥大症も過活動膀胱に関係している
患っている5割から7割の人が、過活動膀胱を
合併していると言われています。

 

 

 

メタボリックシンドロームも関係していて
これは動脈硬化を引き起こす要因であり、そうなる事で
膀胱の血流が悪くなった結果、過活動膀胱となる。

 

 

 

2 排尿時には出にくく意に反して少量ずつ漏れる
これは溢流性尿失禁という状態
これは重度の前立腺肥大症が原因。

 

 

 

前立腺が肥大したせいで、尿道が狭くなり
膀胱から尿が送り出せない状態となる
腎臓に悪影響を及ぼす可能性があるので
早期の治療が必要です。

 

 

 

3 排尿を終えて服を着た時に漏れる
排尿後尿滴下という状態、尿道収縮力の低下が原因
球海綿体筋というのが肛門の睾丸側にあるのですが
ここが弱まる事で、尿道の尿を送り出す事が
出来なくなることでこれは起こります。

 

 

 

加齢が原因と考えられている、また尿道の構造も
関係しているので、男性の場合は尿道に溜まりやすい。

 

 

 

男性の尿漏れの対策

1と2の場合は、原因となる疾患の治療から始まる
最初は投薬治療から始まります
前立腺肥大症に対する薬物療法では
・α1阻害薬
・PDE-1阻害薬

この2つを使用します、どちらも前立腺の筋肉を
緩める、これで尿道の締め付けを
楽にする作用があります

 

 

 

更に5α還元酵素阻害薬は、肥大した前立腺を
小さくする作用がある、これは重度の場合に
使用されます。

 

 

 

これでもよくならない場合は手術が検討される
光選択的前立腺レーザー蒸散術(PVP)
という長い名称の手術が現在主に行われている手術
肥大した前立腺をレーザーで蒸発させて
小さくしていく。

 

 

 

過活動膀胱に対する薬物治療では
・抗コリン薬 膀胱の収縮を抑える
・β3作動薬 膀胱の筋肉を緩めて溜めやすくする

この2つを用います。

 

 

 

行動療法というのもあり
膀胱訓練と生活指導、というものを行う

 

 

 

膀胱訓練は、我慢する時間を5分、10分と
徐々に伸ばしていく訓練
生活指導は、水分の摂りすぎに注意、便秘をしない
カフェインとアルコールを控える
というような指導をしていく。

 

 

 

排尿後尿滴下の場合は、簡単にできる対処法がある
会陰部という睾丸の裏の部分を押してあげると
尿が出やすくなります。

 

 

 

女性の尿漏れ経験者は2000万人!?

最初に女性の尿漏れチェックから
1 くしゃみや咳、笑った時などに尿漏れ
2 立ち上がる時や運動した時に尿漏れ
3 出産をきっかけに尿漏れ
4 トイレに行くまでに我慢できず尿漏れ
5 冷たい水で手を洗うと急に尿意があり漏れる

 

 

 

40代以上の3人に1人が経験していると
言われております。

 

 

 

1~3に該当する場合、腹圧性尿失禁が
考えられ、4~5に該当する場合は
切迫性尿失禁です。

 

 

 

1~3の尿漏れの原因となっている腹圧性尿失禁
これの原因ですが、骨盤底筋の緩み
尿道括約筋の機能低下
この2つが考えられます。

 

 

 

骨盤底筋の大きなゆるみが起こるのは出産
その他にも、加齢や肥満もある
骨盤底筋が緩んだ状態だと
膀胱が下がり、尿道の角度が変わり
開きやすくなることがあるのです。

 

 

 

尿道括約筋は、閉経後の女性ホルモンの低下や
子宮などの手術が影響し、機能低下を起こしてしまう
なので腹圧で尿が漏れやすくなる。

 

 

 

切迫性尿失禁の場合は
男性同様、過活動膀胱が原因です。

 

 

 

割合ですが、女性の場合
腹圧性尿失禁が8割、切迫性尿失禁が5割いる
つまり混合性尿失禁を患っている人は
全体の3割もいるのです。

 

 

 

女性の尿漏れの対策

腹圧性尿失禁の場合は、骨盤底筋を鍛える
必要があります、仰向けに寝てお腹や脚
お尻の力を抜き、次に尿道と膣、肛門を締め
奥に引き上げるようにする

ゆっくり行って休むを10回、素早く行って休むを10回
これを1日に2セットから3セット行う。

 

 

 

上手くできるようになるとたった状態や
座った状態でもできるようになるとのこと。

 

 

 

この訓練を行う事で、中等度までの
腹圧性尿失禁であれば6割の人が改善すると
いわれております。

 

 

 

もしこれで3ヶ月以上改善しない場合は
病院へ行きましょう、手術を検討することになる
TVTスリング術、テープを通して尿道を支える
TOTスリング術はテープの通す位置が違うだけ。

 

 

 

切迫性尿失禁に関しては、先述した男性の
尿漏れと同じ方法で行動療法や薬物療法で
治療を行っていきます。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー