2018年6月21日放送のきょうの健康
今回はあの人の健康法の特集
竹原慎二さんの健康法に迫ります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

2014年に膀胱がんが発覚・・・

竹原信二さんを語る上で
この病気は欠かせません
41歳から激しい頻尿に悩まされて
2013年の大みそかにトイレへ行くと
真っ赤な尿が出て、年が明けた2月に
膀胱がんが発覚したのです。

 

 

 

ガンと宣告された時には非常に
驚いたそうです、どうなるんだろう・・・
という風に考えたそうです。

 

 

 

竹原さんの状態はいわゆる末期状態
リンパ節にがんが転移していて
医師からは余命1年を宣告されていた。

 

 

 

気持ちの切り替えも上手くいかず
涙が出る日も多かったそうです

 

 

 

しかし家族とこれからもずっと
一緒にいたい、という強い思いや
もっと生きたい!という思いが
前向きな気持ちへ向かっていき
治療をしていくことに。

 

 

 

そして具体的な目標を10個立てました
まず5年生存率の壁を超える
という事を前提とし
1 沖縄へ家族旅行
2 広島カープの始球式で投球する
3 ゴルフ番組に出演する
4 ホノルルマラソンを5時間以内で完走
5 富士山登頂
6 息子が20歳になったら一緒に酒を飲む
7 娘の高校卒業式で写真を撮る
8 東京オリンピックを見る
9 ゴルフのシングルプレイヤーになる
10 ジムから男子日本チャンピオンを出す

という事を目標にしました。

 

 

 

病気になってからというもの
家族の支えが何よりのエネルギーと
なったようです。

 

 

 

竹原さんは手術をしたのですが
選択肢は2つありました
・パウチをつけるため膀胱を全摘出
・小腸を切り取り新膀胱を作成

小腸を50㎝ほど切り取り袋状に縫い合わせ
元々あった膀胱の所へつけるというもの

 

 

 

しかしデメリットもあり
尿を出す事が難しくなるという
腹圧をかけて排尿をする必要がある

 

 

 

次に尿意を感じる神経がないため
数時間おきにトイレへ行く必要がある

 

 

 

竹原さんは新膀胱を作る方の
手術を選択しました
現在では慣れているので排尿も
苦にはなっていないそうです。

 

 

 

竹原信二さんの健康の秘訣は
『気持ち』

 

 

 

 

 

スポンサードリンク