きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

夏のアウトドアで健康に楽しむための対策

 

2018年7月9日放送のきょうの健康
今週は夏満喫アウトドア健康管理術
自然の中でのレジャー、楽しいですが
思わぬ危険も潜んでいます
初日は食中毒から、教えてくれるのは
東京女子医科大学の菊池賢先生です。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

食中毒は細菌が原因

食中毒を引き起こす細菌はこちら

後ほど少々詳しく解説。

 

 

 

細菌の増加って実は見分ける事ができない
見た目に腐っている、臭いが変
という事はあります、しかし食中毒を
起こすだけの細菌がいるかどうかは
さすがに分りません。

 

 

 

食材の管理や調理法に細心の注意を
払わないといけません
次に細菌について。

 

 

 

・カンピロバクター
現在食中毒を起こす細菌の中で最も多い
特に鶏肉や牛肉から見つかることが多い
感染力は強いが熱には弱い。

 

 

 

またバーベキューなどをするときに
お肉というのは欠かせない食材です
調理をする際にも注意が必要。

 

 

 

お肉と野菜を切る包丁やまな板は
別々にする必要があり
焼く時に食材をつかむトングも
別々に使用した方がよい。

 

 

 

肉の準備でおススメなのが
・食べる大きさに予め切っておく
・下味をつける
・密閉できるビニール袋に入れる

という事を行いましょう
現場ではきらないという事も大切。

 

 

 

バーベキューをしている所で切った際にも
・使用後のまな板は洗剤でよく洗う
・まな板をアルコールで除菌
・肉や魚は中までよく火を通す

という事をしましょう。

 

 

 

・サルモネラ
鶏や卵から感染をする、感染力は弱い

 

 

 

・腸炎ビブリオ
魚介類から感染する、海水や泥などに
存在していて、海水温が上がると増殖する
傾向にあります
主に夏場の魚に付着するという。

 

 

 

海で釣った魚を食べる場合だと
真水でよく洗うようにしましょう
腸炎ビブリオは塩分を必要とする
細菌なので、海水では洗うのを控えよう。

 

 

 

・O-157
強い感染力があり重い症状を引き起こす
牛肉から感染する。

 

 

 

・ウェルシュ菌
牛、豚、鶏等の腸管にいて
大量に調理された食品から感染
することがある、カレーで食中毒を
起こすのはこれが多い。

 

 

 

ウェルシュ菌の特徴ですが
100度・1時間の過熱にも耐えられる
熱に強く酸素に弱い細菌

 

 

 

・黄色ブドウ球菌
人の2割から3割が持っている細菌
手で握ったおにぎりから感染をする

 

 

 

黄色ブドウ球菌は鼻前庭という
鼻の入り口の所に多く生息している
おにぎりを握る時は使い捨ての
手袋をして握るようにしましょう。

 

 

 

ウェルシュ菌に限らず食中毒の予防として
こういう事を心がけましょう。

 

 

 

食中毒を防ぐ手の洗い方ですが
流水で手を洗い石鹸を泡立てて
手の平、指の腹を洗う
次に手の甲、指の背を洗い
指の間、指の付け根も洗い
親指と親指の付け根も洗う
手のひらを使い指先、爪を洗い
最後に手首を洗ったら
石鹸をよく洗い流し手をしっかりふく。

 

 

 

食中毒の症状ですが
・腹痛
・嘔吐
・下痢
・吐き気
・発熱
・血便

等の症状が現れます。

 

 

 

稀にカンピロバクターが原因の場合
ギランバレー症候群を患う事もある

 

 

 

食中毒が軽度の場合は病院へ必ず
いく必要はなくて、安静にし
食事を控える事が大切。

 

 

 

しかし小さい子供さんが症状を訴えた場合は
医療機関を受診しましょう

 

 

 

また下痢やおう吐がある場合は水分を
こまめにとり下痢止めは使用しない

 

 

 

2018年7月10日放送 2日目 水辺のレジャー

水難学会会長の斎藤秀俊さんに変わります
毎年7月~8月で300人以上が
命を落としているそうです。

 

 

 

水難事故を防ぐためにも万全な備えが大切
水難事故の状況で最も多いのが
・海 58%
・河川 30%

となっていて、水遊びや水泳
魚とりや釣り、ボート遊び
などが
水難事故に遭った際の行為となっている。

 

 

 

このような事故に遭わない場合に
救命胴衣を用意する必要もある
だけどない場合は背浮きを
覚えておきましょう。

 

 

 

服を着て靴を履いたまま水に落ちた場合
垂直の体制で息を吐くと
息を吐いた分、さらに沈んでしまう
そんな時は慌てず、両手で水をかきながら
体を仰向けにしていく。

 

 

 

足の力は使わずに両手の力だけで行う
これが背浮きの体勢です
この時に初めて息を吐きます
その間に救助を待つ。

 

 

 

この時に大切なのは靴の効果
スニーカーやサンダルは浮力があります
裸足の場合は浮力が弱い。

 

 

 

最近は学校でも背浮きを学んでいるそうです
2020年度からは背浮きが小学校
5年生から6年生が必須の授業となる。

 

 

 

近年ではため池での水難事故も増えている
ため池に落ちた場合も背浮きで救助を待つ
周囲の人が出来る事は
・背浮きを指示する
・119番に通報
・浮き具など救命用具を投げ込む
・浮いて待てと声をかけ続ける

という事を行いましょう。

 

 

 

浮き具として大いに役立つのがペットボトル
1リットル以上のペットボトルが望ましい
抱きかかえると浮力があるため。

 

 

 

また大声を出すというのはダメ
それだけで水に沈む場合がある
なので水辺に行く時は家族や仲間と
一緒に行動をするようにしよう。

 

 

 

2018年7月11日放送 3日目 虫刺され

旭川厚生病院の橋本喜夫先生に変わります
虫刺されで命を落とすケース
多いのはマダニとハチです。

 

 

 

ハチの死亡例全てで確認されるのが
アナフィラキシーショック
重度のアレルギー症状によって起きている。

 

 

 

ハチに刺されるとハチ毒が体に入り
そこへ抗体が現れる、そして抗体が
ハチ毒を処理しハチ毒を学ぶ

 

 

 

しかし次に再びハチに刺されてしまうと
このハチ毒を学んだ抗体が
過剰な反応をする、これを
アナフィラキシーショックという。

 

 

 

最初は全身にじんましんが現れ
血圧の低下や呼吸困難を引き起こし
意識の喪失が起こり、多臓器不全を
発症し命を落とすとのこと。

 

 

 

では2回目に必ずアナフィラキシーショック
起こすのか?というとそうではない
何度刺されても起こさない人もいるそうです

 

 

 

アナフィラキシーショックを起こす
ハチ毒のアレルギーを持つ人は
日本人のおよそ1割と言われています
そしてどのハチでも起きるし
ハチの種類が違っても起きます。

 

 

 

怖いですよね、なのでハチに
一度でも刺されたことがある人は
血液検査等で、ハチ毒の抗体が
あるかどうかを調べましょう。

 

 

 

これで陽性だった場合は
アドレナリン自己注射薬を持ちましょう
持っていない場合はすぐに救急車を。

 

 

 

次はマダニについて
マダニは森林や草地に生息
動物の血液を吸う、人に噛みつくと
ウイルスや病原菌に感染することがある

 

 

 

マダニに噛まれて最も怖いのが
SFTS(重症熱性血小板減少症候群)

 

 

 

患ってしまうと6日~2週間後に
高熱や吐き気、腹痛、下痢、血便
等の症状が出てくる。

 

 

 

治療法が確立されていないため
症状を抑える対症療法しかありません。

 

 

 

マダニが媒介する病気は他にもある

 

 

 

ライム病は本州中部以北~北海道
日本紅斑熱は西日本中心

 

 

 

蚊も侮れません
媒介する病気の中に日本脳炎がある
予防接種により重症例は殆ど
ありませんが気を付けましょう。

 

 

 

他にもマラリアやデング熱、ジカ熱
といった病気もあります。

 

 

 

虫刺され予防策

まずは服から
・長袖長ズボンを着用する
・明るい色の服を選ぶ
・首にタオルを巻き頭には帽子、手袋も着用
・香水や整髪料なども避ける

 

 

 

次に草むらにはいったりする時は
・靴の裾や手の袖をバンドなどで留める
・全身に虫よけスプレーをふきかける

 

 

 

最後に家に入る前には
服に虫がついていないかチェックし
家の中にはいり、最後は服を脱ぎ
体に虫がついていないかチェック
という事を行いましょう。

 

 

 

毒のある虫に刺された時の応急手当て
このようになっている

 

 

 

マダニの場合は、取り除いても
針が刺さったままになることがあり
それが原因で肉芽腫というものになり
ウイルス感染の可能性もある

 

 

 

なのでマダニに刺されてしまったら
医療機関で取り除いてもらうようにしよう

 

 

 

2018年7月12日放送 4日目 熱中症

日本医科大学の横田裕行先生に変わります
熱中症というのは高温多湿の環境で
体に熱がこもってしまい体調が
悪化してしまう事を言います。

 

 

 

体を冷やす仕組みというのは2つ
1 汗をかく
汗が蒸発するときに体の熱を奪う

 

2 皮膚の表面から熱を逃がす
皮膚の表面の血管が拡張して熱を逃がす

 

 

 

この2つの仕組みがうまく
いかなくなった時に熱中症になる。

 

 

 

熱中症を発症する場所ですが
屋外の熱中症は、健康な人が運動や
作業などで短時間に発症をする
この場合は直射日光を避けるようにする。

 

 

 

屋内の熱中症は高齢者が多く
発見が遅れると重症化する
室温や湿度に気を付けてこまめな
水分補給を忘れずに。

 

 

 

熱中症対策

強い日差しが入り込んでくる部屋に
いる場合、窓の前にすだれやよしずを
置くようにしましょう。

 

 

 

直射日光のあたる場所に打ち水を
するというのも効果的
暑い日は我慢せずにエアコンや
扇風機を活用しましょう
ポイントはこちら

 

 

 

水分補給は喉が渇く前にこまめに行う
冷たい方が吸収されやすく
体を冷やす効果もあります
ポイントはこちら

塩分もなくなるのでせんべいや
スナック菓子で補給。

 

 

 

次に外出時の注意
出掛ける前に天気予報をチェック
暑い時には無理に出ないようにする
暑い時の外出には日傘などを活用
木陰を歩く事でも直射日光を
避けることができます。

 

 

 

こまめに休憩を取り、日陰では
帽子を脱いで汗の蒸発を促す

 

 

 

熱中症になった場合の対処

まず早めに気が付くことが大切です
症状は段階でこのようになっている

 

 

 

熱中症の応急処置ですが
最初に声をかけて意識の確認をする
意識があったら涼しい所へ移動
水を渡して自分で飲めるか確認をする
飲めたなら一安心、回復するまで
見守りましょう。

 

 

 

自宅で熱中症になっている場合だと
大きな声で意識の確認をする
意識がなければすぐに救急車を呼ぶ
衣服を緩め安全で涼しい場所へ移動
保冷材などを
首やわきの下太ももの付け根に置く。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧