きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

睡眠にも不眠やナルコレプシーなど病気がある

 

2018年3月12日放送のきょうの健康
今週は睡眠総点検という特集です
初日は睡眠についての誤解
教えてくれるのは日本大学の
内山真先生です。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

眠りの仕組みってどうなってるの?

1 眠くないけど体を休める為
  しばらく横になろう
2 朝早く起きるから早く寝よう
3 睡眠時間は1日必ず8時間必要

これらは全て誤解なんだそうです。

 

 

 

睡眠というのは自分の意思で
コントロールは出来ません
無理に何かしようとすると
かえって逆効果になる事もある。

 

 

 

仮に気にしすぎて不眠になると
良い睡眠を得られなくなり
日中の眠気だけではなく
継続する事で心身の不調にもつながる。

 

 

 

不眠と睡眠不足の違いですが
睡眠不足は寝床が確保できずに
睡眠の量が確保できない
反対に不眠は寝床に入っている
時間は十分確保できているが
良い睡眠を得られない
という状態です。

 

 

 

人が眠くなる仕組みですが2つあって
・脳が疲れたから眠くなる
脳は起きている間ずっと活動を
続けています、段々疲労がたまる

 

 

 

これは睡眠物質というものが
起きている時間と比例して脳せき髄液の
中かに溜まってくるから

 

 

 

この睡眠物質が眠気を起こす
視床下部の睡眠注数を活性化する
その結果眠気が起こります。

 

 

 

・夜になったら眠くなる
体内時計による仕組みで、体内時計は
1日ほぼ24時間周期でリズムを刻む

 

 

 

そのために欠かせないのが朝の太陽の光
起床して太陽の光を受けますと
それが体内時計をリセットする時報と
なって体が活動的になります。

 

 

 

14~16時間経つと体内時計の指令で
体内から熱を放出して熱が下がりだす
体温が下がることで休息体勢に入り
眠りに導かれていく。

 

 

 

また、不眠にもタイプがあります
・寝つきが悪い
眠くないのに寝床に入ると
深部体温が下がっていないので
身体がまだ活動中で、脳が休む
体勢に入っていないという事があり
なかなか寝付けないという事が起こる。

 

 

 

また長時間寝すぎた事で
必要な睡眠時間以上は眠れない
その結果
・途中で目が覚めてしまう
という事が起こる。

 

 

 

・早く目が覚めてしまう
特に中高年の男性は体内時計が
早まりやすく、その結果
早く目が覚めてしまうのです
男性の方が起こりやすい。

 

 

 

・眠りが浅い
これによって日中に調子が悪くなる
国内の成人の20%が不眠に悩んでいる

 

 

 

不眠・睡眠不足による影響とは?

・活動の質が低下
日中の強い眠気、疲れやすさ
集中力・注意力低下、イライラ
・体の健康に影響
肥満や糖尿病、高血圧や脂質異常症
さらには心臓病や脳卒中等
・心の健康に影響
うつ病になりやす事がわかっている。

 

 

 

睡眠不足が続くと食欲を増やす
グレリンというホルモンが増えてくる
満腹を知らせるレプチンという
ホルモンが減ってくる。

 

 

 

睡眠不足があると血糖値を下げる
インスリンの働きが悪くなり
糖尿病のリスクが高まる。

 

 

 

アメリカでの調査ではあるが成人110万人
6年後までの死亡率を調査したら
睡眠時間が7時間だと死亡率が
最も低かったのです。

 

 

 

短くても長くても死亡リスクは上がるのは
何らかの病気により睡眠が
浅く長くなっていると
考えられるためです。

 

 

 

睡眠不足への対策として、夜の睡眠時間を
確保できるように生活を見直す
不眠も同様です。

 

 

 

改善を試みて、うまくいかなければ
医療機関へ相談
そして睡眠日誌をつける事も良い
これで日々の睡眠データを集める
事が出来るし、医師に見せても
参考文献にもなるからです
最低2週間はつけるようにしましょう。

 

 

 

2018年3月13日放送 2日目 2つの睡眠時無呼吸

大阪回生病院の谷口充孝先生に変わります
睡眠時無呼吸症候群を患っている人は
日本では200~300万人いると
言われております

 

 

 

交通事故のリスクも普通の人より
2~3倍高くなり、他にも
・脳卒中 重症の場合3.3倍
・高血圧 重症の場合2.89倍
・糖尿病 重症の場合1.62倍

となっています。

 

 

 

どうしてこうなってしまうのかというと
無呼吸によって低酸素状態になった後
正常に戻ると、大量の酸素が血管内にあふれ
酸化ストレスで、脳などの血管への
障害が発生する。

 

 

 

次に睡眠の質が低下し睡眠が浅くなると
交感神経が優位になり
血管が収縮するため血圧が高くなり
インスリンの働きも悪化する。

 

 

 

どうして呼吸が止まってしまうのか?

健康な人の場合は気道は保たれている
しかし睡眠時無呼吸症候群の人は
軟口蓋という部分が落ちて気道がふさがり
空気が通らなくなり呼吸が止まってしまう
これを閉塞性睡眠時無呼吸症候群といいます。

 

 

 

最大の原因は肥満
肥満があると舌の根元や
気道の周りに脂肪がついて
無呼吸が起こりやすくなる。

 

 

 

そのため振動をしていびきを起こす
いびき=気道が狭い
というサインでもある。

 

 

 

自分で無呼吸かどうかをチェックするには
簡易呼吸検査器というものを使用します。

 

 

 

もしこれで無呼吸が見つかった場合は
病院でより詳しく検査をする
終夜睡眠ポリグラフ検査というものです。

 

 

 

全身20か所にセンサーをつけて
病院で泊まって詳しく調べます。

 

 

 

中枢性睡眠時無呼吸症候群とは?

もう一種類の睡眠時無呼吸症候群
これは脳の中にある呼吸をするために
指令を出す呼吸中枢が上手く
働かなくなることで無呼吸が起こる。

 

 

 

呼吸中枢の働きを妨げる病気として
・心不全
・脳卒中
・腎不全

があります。

 

 

 

正常な場合、脳にある呼吸中枢は
血液中の二酸化炭素濃度が高まると
呼吸しなさいと指令を出すが
中枢性睡眠時無呼吸症候群では
この指令が上手くいかないのです。

 

 

 

例えば心不全があると心臓のポンプ機能が
弱まってしまいます
すると末梢まで血液を送れず
肺に血液が溜まっていくことがある。

 

 

 

肺に血液が溜まることを
肺うっ血といいます、この状態になると
肺は過呼吸と呼ばれる
大きくて速い呼吸を行う。

 

 

 

過呼吸になる事で血液中の
二酸化炭素量が減ることで
二酸化炭素量に反応して
呼吸の指示を出す呼吸中枢が
反応しなくなると考えられている。

 

 

 

中枢性と閉塞性、どう見分けるのか?

閉塞性の場合は無呼吸の状態でも
胸やお腹は動いています
これを呼吸努力といいます。

 

 

 

ところが中枢性の場合は無呼吸の時
お腹や胸も動いていないのです。

 

 

 

2つの睡眠時無呼吸症候群の治療

閉塞性の場合はこうなっている

中枢性の場合はこうなっている

原因となる病気の種類などを加味し
治療方法は選択されていく。

 

 

 

2018年3月14日放送 3日目 ナルコレプシー

秋田大学大学院の神林崇先生に変わります
ナルコレプシーは寝不足で起こる
日中の眠気とは違い
夜にきちんと眠れているはずなのに
日中強烈に眠くなる。

 

 

 

居眠りの為、入学試験の失敗
仕事中のミス、生活の質の低下や
社会的不利益を生じる
可能性も出てきます。

 

 

 

一方できちんと診断治療をすれば
普通の生活をする事が出来ます
ナルコレプシーは、日本国内では
600人に1人が罹ると言われています。

 

 

 

10代での発症が多く男女差はない
ナルコレプシーには特有の症状がある

 

 

 

・睡眠発作
ナルコレプシーの最も基本的な症状
食事中や散歩中でも耐え難い眠気を
感じます、5~15分ほど眠り続け
1~2時間ほど経過すると
再び眠気に襲われる。

 

・自動症
ぼーっとした状態で普段慣れた
行動を起こす、たとえると
電車を降りて歩いて5分の所に
自宅がある、しかしどうやって
帰ったのかは記憶がないという状態。

 

・情動脱力発作
笑う、喜びなど強い感情的な刺激が
加わることで、首やひざの力が抜け
ろれつが回らない状態
数秒から数十秒続くことがある。

 

・睡眠麻痺
眠っている時に体が動かなくなる
いわゆる金縛り

 

・入眠時幻覚
入眠してすぐ幻覚を見ている状態

 

 

 

睡眠麻痺と入眠時幻覚は
入眠直後にレム睡眠が起こるために
症状が出てくるという。

 

 

 

ナルコレプシーが起きる原因は不明
脳内のオレキシンが関係しているという。

 

 

 

オレキシンには覚醒と睡眠を
コントロールする働き
があります

 

 

 

視床下部という場所から分泌され
視床下部付近にある受容体が受け取り
脳が覚醒した状態となります。

 

 

 

反対にオレキシンの分泌が減少すると
受容体にオレキシンが届く量も減り
脳が睡眠へと促される

 

 

 

通常の人は日中にオレキシンが分泌し
郭清をしている状態なのですが
ナルコレプシーの人の場合
何らかの原因でオレキシンがなくなったり
不足したりして強烈な眠気の症状が起こる。

 

 

 

このオレキシンが減少してしまう
という理由は不明です。

 

 

 

ナルコレプシーの疑いがある場合
検査をする施設というのは少ないので
日本睡眠学会で調べましょう。

 

 

 

ナルコレプシーの検査ですが
終夜睡眠ポリグラフ検査を行います
その次に反復睡眠潜時検査を行う

 

 

 

ナルコレプシーの治療は
根治的な治療方法はありません
あくまで対処療法となっている。

 

 

 

このような薬を服用する

 

 

 

生活習慣の見直しも大切

 

 

 

2018年3月15日放送 4日目 不眠を解消する生活

日本大学の内山真先生に戻ります
不眠(寝つきの悪さ)を解消する生活4か条として
1 朝は太陽の光で体内時計を整える
毎朝一定の時刻に起きる
そして起きたら
カーテンを開けて太陽の光を浴びる

 

 

 

体内時計というのは、1日ほぼ24時間の
周期でリズムを刻み、朝の太陽の光を
時報として整えているからです。

 

 

 

しかし寝つきが良く、目覚めが早い人は
麻の太陽の光を浴びると
体内時計が更に早まるので注意。

 

 

 

2 日中は活動的に
昼間にしっかり起きている間に
眠りを起こす睡眠物質が
脳に溜める様にする
すると夜は脳が疲労していくので
良い睡眠を得られる可能性がある。

 

 

 

3 夜はリラックスする移行期が必要
人間は昼に覚醒して夜に睡眠モードに
入っていきます、身体が昼の活動状態から
夜のリラックス状態に移行するのに
一定時間がかかる、これは自律神経が
影響しています。

 

 

 

眠気が襲ってくると、交感神経から
副交感神経が優位になってくるので
身体がリラックスしている証拠。

 

 

 

血圧、脈拍、呼吸が低下し
眠りにつきます
寝る前に興奮など、交感神経が
優位になる事をしてしまえば
身体が眠りの状態にならず
寝付けなくなってしまう。

 

 

 

そうならないために眠る前に
リラックスする工夫をする必要がある
適温で入浴(38度~41度)
・簡単なリラックス法(呼吸法や筋弛緩法)
・寝付けなかったら寝床を離れ
 リラックス出来る事
・睡眠薬代わりの寝酒は×

 

 

 

4 休日も朝は一旦起きて昼寝を活用
長く遅くまで寝すぎると体内時計が
狂ってしまい、日曜の夜からが大変
なので休日の対策はこうしてみましょう

寝つきに関しては、これらをうまく
活用する事で解消できる可能性がある
しかし大切なことは
こだわり過ぎない事、時々眠れない日が
あるというのはあって当然

 

 

 

今日は目がさえてるから本でも読もう
という気持ちになったりするが
一旦眠れない恐怖心にとらわれると
心配になりこだわりが増し
ますます寝付けないという事が
起こってしまう事があります
気持ちにゆとりを持ちましょう。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧