きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

ロボット支援手術で新たに追加された病気

 

2018年5月30日放送のきょうの健康
今回は1ヶ月に1回のメディカルジャーナル
特集はロボット支援手術です
藤田保健衛生大学の宇山一朗先生が
詳しく話をしていました。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ロボット支援手術で保険適用される病気

今までは前立腺がんと腎臓がん
この2つだけだったのですが、新たに
・胃がん
・食道がん
・肺がん
・縦隔悪性腫瘍
・心臓弁膜症
・直腸がん
・膀胱がん
・子宮体がん
・子宮筋腫
・縦隔良性腫瘍

これらが保険適用になりました。

 

 

 

縦隔というのは左右の肺に囲まれた
部分を言います、そこに特殊な
腫瘍ができることがある。

 

 

 

ロボット支援手術というのは
正式名称、ロボット支援下内視鏡手術
このように言われている。

 

 

 

手術適用する人というのはまず
内視鏡手術を受けられるかどうか?
という事が大前提となるという。

 

 

 

新たに保険適用となったのは
ロボット支援手術により
安全性が認められた病気だという
事だそうです。

 

 

 

従来の内視鏡手術との違い

内視鏡手術はお腹に複数の穴をあけ
そこへカメラや器具などを入れて
手術を行います。

 

 

 

短所と長所もある、長所は青文字
短所は赤文字です

この弱点を改善したのが
ロボット支援手術です。

 

 

 

大きな違いは、器具を持っているのが
人ではなくロボットであるという事
そして数m離れた所で
サージャンコンソールという所で
医師がロボットを操作する。

 

 

 

手ぶれ防止機能やスケーリング機能も
搭載されていて安全な手術が出来る
そして最大の利点として
・難しい手術も行いやすい
・合併症のリスクが減る
・早く習熟しやすい

 

 

 

ロボット支援手術は全国で300台ほどが
導入されているといいます。

 

 

 

ロボット支援手術を考える際には

これらを考える必要がある。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧