きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

膵臓の特集、今年から膵臓治療のガイドラインが改訂、慢性・急性すい炎やガンを防ぐには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年9月7日放送のきょうの健康、今週は膵臓についての特集。
すい臓ってどこにあるのかわかりにくいですよね。
教えてくれる先生は、三重大学大学院教授、伊佐地秀司先生。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

今年ガイドラインを改訂したようです

DSC_0424
急性すい炎はウイルスが増えると死に至る場合があり
その際治療が急務となるので、抗菌薬投与を診断後にすぐ
検討するとのこと。

 

 

 

すい臓って?

すい臓ってどこにあるのかというと、胃の裏にあるんですね。
長さが20㎝くらいで厚さが2㎝位。
すい臓の働きというのは、インスリンの分泌をしてくれます。
インスリンというのは血糖を調節してくれるもの。
インスリンの分泌が悪いと糖尿病になります。

 

 

 

もう一つ、消化酵素を分泌いわゆるすい液を分泌します。
これは人体の中で最も強力な消化液です。

 

 

 

ご飯を食べて消化をする際に、胃で消化をすると食物は
粥上になります、それを更に十二指腸で
すい臓から膵液を出しなさい、とホルモンが指令を出す。

 

 

 

そして胆汁も一緒に出して、粥上の食物は消化されて
十二指腸から小腸へ移動していくという働きをします。
すい臓は食物を消化をする最後の工場
という位置づけをしてもいいです。

 

 

 

なぜ膵液は最も強力な消化液と言われているのか?
それはこの表をご覧ください。
DSC_0423
3大栄養素全てを強力に消化してくれます。

 

 

 

1日の膵液の分泌量というのは、1リットルから1.5リットルも
分泌されています。

 

 

 

膵液というのは膵臓内では活動はしないもの、なんですけど
アルコールや胆石などの影響で、膵臓内で活性化
してしまいます、そうなるとすい臓自体を
膵液で溶かしてしまうという自己消化が起こります。
これが恐ろしい・・・

 

 

 

主なすい臓の病気です
DSC_0425
すい臓がんは消化器の中でも最も治療が難しいがんです。
検査方法もエコー検査が一般的です。

 

 

 

2015年9月8日放送 2日目 急性すい炎

・急性すい炎とは?
すい臓自体が膵液によって溶かす病気、いわゆる
自己消化という事をするのが急性すい炎。

 

 

 

主な原因として
・胆石
・アルコール

アルコールをたくさん飲むとリスクも高まりますが
アルコール摂取量が少ない人でも急性すい炎になることもあります。
男性と女性では原因はこのように分れます。
DSC_0426

 

 

 

まだ仮説段階ではありますが、どうして急性すい炎が
起こるのかというと

・多量のアルコールが活性酸素を増やします
・それからすい臓内が酸性になる
・膵臓内で消化酵素が活性化しすい臓を溶かす

このような事が起こっていると、仮説ではありますが
考えられています。

 

 

 

もう一つの原因胆石なんですけど
これは胆石が膵液が流れ出るところを塞いでしまい
膵液の圧力がすい臓内で高まり、すい臓内で
消化酵素が活性化し、自己消化をしてしまうと。

 

 

 

急性すい炎の主な症状とは?

主にあげられているのがこの3つです。
DSC_0427
痛みという点に関しては激痛と言われています。

 

 

 

急性すい炎の治療法ですが
DSC_0428
治療も苦しい治療と言われてます。
飲めない食べられない、治るのに時間がかかる。
なりたくないですよね、このような病気には。

 

 

 

再発率に関しては3割あるそうで、アルコールが原因で
急性すい炎になると禁酒となってしまいます。
他にも脂肪の制限などもしないといけません。

 

 

 

2015年9月9日放送 3日目 慢性すい炎

慢性膵炎が起こるのは、急性すい炎と同様に膵液が
すい臓に溜まり自己消化をして、その速度が比較的遅いもの
ゆっくりとすい臓をむしばんでいく、これが慢性膵炎。

 

 

 

慢性膵炎が進行すると、すい臓自体が硬くなってしまい
膵管から膵液が出てきません。
そうなると、正常なすい臓には戻れません。

 

 

 

慢性膵炎の原因はこちら。
DSC_0430
やはりアルコールがすい臓にはよくないという事なんですね。

 

 

 

ではアルコールをどれだけ摂取し続けると慢性膵炎の
リスクがアップしてしまうのか?
それは大体このくらいの量を10年以上続けると
慢性膵炎のリスクが上昇するとのことです。
DSC_0431

 

 

 

慢性膵炎の主な症状ですが
DSC_0432
やはり急性すい炎と似ている部分はありますね。
腹痛や背中の痛みなんてそうですからね。
激痛ではないですが、持続的な痛みがあるそうです。

 

 

 

この慢性膵炎が進行していくとどうなるかというと
不思議なことに痛みが軽減されるんです。
どうして痛みが軽減されるのかというと、すい臓が
壊れきってしまって痛みが軽減されるとのこと。
恐らく壊れる場所がもうない、という事なのではないでしょうか。

 

 

 

他にも
・下痢
・脂肪便
・体重減少(きちんと食事をしても減るとのこと)
・糖尿病
・すい石

などにもなってしまいます。
すい石なんですが、これは衝撃波発生装置で割れるそうです。
DSC_0433
十二指腸に流れて、石は出ていきます。

 

 

 

慢性膵炎の治療法は生活改善、つまりは禁酒ですね。
他にも脂肪の制限や、ストレスを避ける、禁煙などもあります。
ニコチンもすい臓を悪くするようです。

 

 

 

慢性膵炎の薬物治療がこちら。
DSC_0434
ですがこれは完全に治るものではなくて、すい臓を
助けるための治療、という位置づけで考えればいいかと。
完治というのは難しいようなので。
ずっとお薬を飲み続けることになってしまいます。

 

 

 

2015年9月10日放送 4日目 膵臓がん

現代の医学では、消化器の内臓の中では最も治療が難しいと
言われている膵臓がん
、やはり早期発見早期治療が基本となります。
なぜ膵臓がんには特に早期発見がポイントになるのかというと・・・

 

 

 

すい臓は大きさが約15㎝から20㎝ほど、ですが膵臓の厚さが
2㎝位しかありません、すい臓以外の癌でしたら
2㎝位の大きさですと初期の癌という診断が
できるのですが、すい臓がんの場合は2㎝だともう
他の臓器に浸潤し、転移を起こす可能性が高いとのこと。
なのでより一層早期発見が重要となるガンなのです。

 

 

 

また診断が難しいのもポイントで、食事をした後に検査をすると
はっきりとわからないこともあるそうです。

 

 

 

今の所わかっているすい臓がんの主な症状
DSC_0435
背中の痛みはそこに神経があるから痛むのですが、特徴があって
背中を反らすと痛みがあって、前かがみになると
痛みがましになるというのです。

 

 

 

厄介なことに、この症状というのは膵臓がんになっている人
全員に出るわけではないのです。
つまり2㎝から3㎝のがんがすい臓にあっても
自覚症状がない場合がある。

 

 

 

すい臓がんに早く気づくには検査が必須です。
DSC_0436
血液検査の中に、アミラーゼとリパーゼの項目が
あればすい臓の血液検査もやっていると。

 

 

 

すい臓がんになる確率が高くなる要因というのは
あるようです。
DSC_0437
これらになると必ずすい臓がんになるという事ではありません。
一応の目安という事ですね。

 

 

 

すい臓がんのステージはこのようになっています。
DSC_0438
ステージ3までだと手術が出来るんですね、他の臓器だと
転移の可能性がある数値ですよね。

 

 

 

末期の状態だとどのような治療をするのかというと
抗がん剤を用いた治療を行います。
DSC_0439
ただ・・・抗がん剤ですからね。
体に大きな負担がかかってしまいます。

 

 

 

すい臓は高度技能専門なので、自分の住んでいる所に
すい臓の病気を理解してくれる先生がいるのかというのは
ちょっとわからないことがあります。

 

 

 

そういう場合は
「にほん肝胆膵学科学会のホームページ」
を見ていただくと、自分がすんでいる所のどの病院に
すい臓を専門としている病院があるのかがわかります。
また、すい臓がんの最新治療法がこうなっています。
DSC_0440
手術はもとより、抗がん剤治療がメインという感じですね。
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー