きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

起立性調節障害は思春期の学生には意外と多い疾患

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年12月21日放送のきょうの健康
今回はその朝寝坊、原因は
規律成長性障害、という特集です
教えてくれるのは
国立成育医療研究センター、永井章先生。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

起立性調節障害とは?

中学2年生のAさん、朝なかなか
起きる事が出来なくて、起きてからも
頭がふらふらして強い倦怠感を感じていた
はじめは風邪かと思い学校を休むと
夕方になると決まって元気になる
そのため家族からは夜更かしのせいだと
言われてしまった。

 

 

 

学校の欠席回数が次第に増えて
スクールカウンセラーの紹介で
病院へ行くと起立性調節障害と診断された。

 

 

 

この疾患は珍しいというわけではなく
中学生の男子の17%、女子だと26%も
起立性調節障害を患っているとのこと。

 

 

 

起立性調節障害は思春期に多い障害で
重症では学校にいけない場合もある
しかし適切な治療で改善が期待できる。

 

 

 

起立性調節障害の人の血圧の特徴
正常な人のケースを先に紹介
横になった状態で血圧を測定し
次に立ち上がって再び血圧を測定
すると姿勢の変化に伴い血圧は
一時的に下がります、その後すぐに
元に戻ります。

 

 

 

ところが起立性調節障害の人は
立ち上がった後の血圧は下がったまま
なかなか戻ってこない
のです
これが起立性調節障害の典型的な特徴。

 

 

 

これは自律神経が関係していて
自律神経が不調なため、血管がうまく
収縮できないのです。

 

 

 

こういったことで起こってくる症状が
・朝なかなか起きられない 
自律神経のリズムが悪いため起こる

 

・午前中体調が悪い
・立ちくらみ めまい
・疲れやすい
・顔色が青白い
・乗り物酔いしやすい
・入浴時に気分が悪くなる

このような症状が複数現れた場合は
小児科や内科を受診しましょう。

 

 

 

起立性調節障害の診断には新起立試験
という事が行われるようになった
新起立試験というのは、横になった状態で
血圧と脈拍を測定、それから立ち上がり
血圧と脈拍を測定し血圧が
戻るまでの時間を確認する。

 

 

 

起立性調節障害と診断する場合は
・血圧回復までの時間が長い
・脈拍がとても速い
・血圧が低いまま戻らない

という事があると
起立性調節障害と診断されます。

 

 

 

起立性調節障害の治療は?

この疾患は身体的な疾患と本人や
周囲への説明から始めていく
まずは日常生活の工夫をしていく

 

 

 

立ちくらみを防ぐ方法として
立ち上がる時には、30秒位かけて
ゆっくりと立ち上がるようにする
頭を下げて立ち上がり
腰を折って歩き始める
起きる時にも行いましょう。

 

 

 

立ち上がった後は足踏みをしたり
足をクロスしたりすることで
症状の軽減が期待できることがある。

 

 

 

他にも水分の摂取と生活リズムのずれを
改善していく必要がある
水分を多めに摂取することが望まれる
1日に1.5L~2Lの水分摂取を推奨

 

 

 

生活のリズムのずれですが、これは
自律神経のリズムを戻していく必要がある
そのためには軽い運動や
速めに寝る習慣を身につけましょう。

 

 

 

薬ですが、このようなものを服用
・塩酸ミドドリン
・メチル硫酸アメジニウム

どちらも内服薬です。

 

 

 

重症の起立性調節障害では
薬だけでは不十分な事もあります

 

 

 

不登校を伴う起立性調節障害(重症)では
治療から1年後の復学率は30%という
報告もあるとのこと。

 

 

 

重症の場合は
・症状が強いため薬が効きにくい
・ストレスによって症状が悪化する

という事があるのです。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー