きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

難聴は主に、加齢性難聴と突発性難聴がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年3月20日放送のきょうの健康、本日と明日は
難聴と思ったら、というテーマ
初日は加齢性難聴です
教えてくれるのは、国際医療福祉大学の岩崎聡先生。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

いわゆる老化である加齢性難聴

加齢に伴う聴力変化というのはこうなっている

50歳代になると高い音が聞こえにくくなっていく
70歳代はもっとですね・・・

 

 

 

60代は5人から10人に1人、60代後半は3人に1人
70代になると7割もの人が難聴だというデータも。

 

 

 

加齢性難聴による影響は
・外出先で危険にあいやすい
・災害時の警報が聞こえない
・認知症を引き起こしやすい(研究での話)
と言われております。

 

 

 

加齢性難聴はいわゆる老化現象です、内耳の機能低下が
落ちてくる、内耳の奥には蝸牛というものがある
振動のエネルギーを電気エネルギーに変換し
音を聞き取っている。

 

 

 

振動を感じる有毛細胞というものがあるのですが
難聴になるとこの有毛細胞の数が減っていくのです。

 

 

 

加齢性難聴は両方の耳の蝸牛の障害が同時に
起こることで、患ってしまいます

 

 

 

有毛細胞は再生しないため、予防することが大切
悪化させる原因もあります
・糖尿病
・動脈硬化
・高血圧
・脂質異常症
・喫煙、飲酒、騒音
等が挙げられる。

 

 

 

また、こういう症状ないでしょうか?
・会話中しばしば聞き返す
・テレビ、ラジオの音が大きいと言われる
・銀行、病院などで名前を聞き逃す
・目の前の電話の着信音が聞き取れない
下へ下がれば下がるほど、難聴が進行している証拠です。

 

 

 

加齢性難聴の治療は、まず補聴器の購入です
全国にお店があると思いますので、気になる方は
行ってみる事にしましょう。

 

 

 

遺伝性難聴というのもあり、これは40歳程度から
発症すると言われているので、これも検査が出来ます
治療法はありませんので、補聴器を付ける
しかし段々と聞こえにくくなってくるので、人工補聴器
というものがありますので、これを内耳に埋め込みます
かなり聴力がよくなるとのことです。

 

 

 

2017年3月21日放送 2日目 突発性難聴

ある日突然原因不明で片方の耳が聞こえなくなる
というのが突発性難聴です
片方の耳に起こる傾向がある。

 

 

 

年代はどの年代層でも起こる、ストレスが加わる
30代から60代が多いとされている。

 

 

 

睡眠不足や不規則な生活、多量の飲酒、疲労
糖尿病などです、考えられている原因は
血流障害とウイルス感染。

 

 

 

突然聞こえなくなったら、発症数日以内に病院へ
いくとすぐに治療を開始できるので
進行を遅らせることはできる。

 

 

 

治療にはステロイドを使用しています、しかし糖尿病や
胃潰瘍を悪化させる副作用があるので
上記2つの病を患っている場合は出来ないことも。

 

 

 

ステロイドが使用できない場合は、鼓室内注入法
という治療があり、耳の内耳に注射をし
ステロイドを直接入れるというもの
糖尿病などで全身投与が出来な人や
全身投与が出来ない人にもちいられる治療法。

 

 

 

ステロイドの他には、血管拡張薬、抗凝固薬
代謝改善薬、ビタミンB12を使用。

 

 

 

効果は2週間ほどで出てくるとのこと
薬以外の治療法もあります、高圧酸素療法や
星状神経節ブロックです、内耳の血流を改善してくれる。

 

 

 

高圧酸素療法は、酸素カプセルに入り高圧で
酸素を吸入するという治療法です。

 

 

 

星状神経節ブロックは、星状神経節という部分に
注射またはレーザーを打つ、収縮した血管が拡張し
リラックス効果を得られる。

 

 

 

補聴器にもクロス補聴器というものがあります
聞こえない側の耳と、聞こえる側の耳両方につけて
音声を電波で転送する、という補聴器です。

 

 

 

人工内耳の手術を受けるのも選択肢の一つです
雑音下の聞き取りや、耳鳴りテスト、方向感覚テスト
全てが改善の傾向がみられました
しかし片側のみの突発性難聴では保険適用となりません。

 

 

 

突発性難聴は同じ耳に発症はしません、もし発症
した場合は違う病気を考える必要がある
・メニエール病
・外リンパろう
・急性低温障害型感音難聴

 

 

 

メニエール病

外リンパろう

急性低温障害型感音難聴

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー