きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

歯と口の健康を守るためにしておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年6月5日放送のきょうの健康、今週は
歯と口についての特集です
初日は歯周病がテーマ
教えてくれるのは、日本大学歯学部付属歯科病院
宮崎真至先生です。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

歯周病はどんな人がなりやすいか?

高齢者が特に多いと言われている、歯のケアが
行き届かないために起こりやすい。

 

 

 

歯周病というのは歯肉炎と歯周炎を総称して言います。
どういうものかの前に、歯の事を簡単に解説
歯というのは歯槽骨という骨に支えられている
そして歯があり、歯と歯槽骨は歯根膜という
繊維で繋がれています、そしてこうした組織を
歯茎が覆っている。

 

 

 

歯肉炎というのはプラークによって歯茎が炎症を
起こしてしまい、腫れている状態。

 

 

 

進行すると歯と歯茎の隙間が大きくなり
歯周ポケットが出来てしまい
そこへ歯周病菌が入り込んでいく。

 

 

 

この歯周病菌は空気を嫌う性質があり
歯周ポケットで増殖していき
進行すると歯槽骨や歯根膜までも溶かしていく
これが歯周炎で、更に進行すると歯が抜け落ちるのです。

 

 

 

歯周病のサインというのはないのか?

これらの症状が出てくると歯周病の可能性がある
・歯茎がむずがゆい
・歯磨きやフロスを使用すると出血する
・口の中がネバネバする
・歯が長くなった気がする
・歯がしみる
・歯と歯の間に食べ物が挟まりやすくなった
・グラグラする歯がある

いくつかあると歯周病の可能性があります。

 

 

 

歯周病の治療をするために行う流れですが
・歯周組織検査
・歯磨きの指導
・歯石の除去
・再評価
・歯周外科手術

という風になっています。

 

 

 

歯磨きの指導ですが、歯磨きというのはとても需要
効果的な歯磨きのやり方は2種類ある
・スクラッビング法
・バス法

という磨き方を習得しておきましょう。

 

 

 

スクラッビング法というのは、歯に対して
ブラシを90度にあて、細かく振動させる
歯と歯の間にブラシが入りやすい。

 

 

 

バス法は、歯に対してブラシを45度にあてて
細かく振動させる、歯と歯茎の付近の汚れを落とす。

 

 

 

バス法は間違った方法で行うと歯茎を傷つける恐れが
あるので、最初はスクラッビング法から行いましょう。

 

 

 

その他にも、フロスや歯間ブラシを使う事も大切
歯ブラシだけでは取りにくいものを
これらで取る事が出来ます。

 

 

 

次に歯石の除去、歯石というのはプラークに
ミネラルが沈着し石のようになったものです。

 

 

 

自分では取れないので、歯科医院で除去する
スケーラーと呼ばれる器具で除去します。

 

 

 

歯周外科手術というのは、フラップ手術
というものを行います、これは歯の根本の方に
歯石がある場合に行われる、局所麻酔をし
歯茎を切開し、歯石を除去する。

 

 

 

時間は1時間から2時間程度で手術は終わります
その他にも、歯周組織再生治療というのも
行われる場合がある、歯根膜や歯槽骨などを
再生させる特殊な膜やタンパク質を使った治療です。

 

 

 

更に2016年11月に、新しい歯周組織再生の治療薬
トラフェルミンが保険適用になりました。

 

 

 

2017年6月6日放送 2日目 虫歯

虫歯になりやすいのは、子供なのですが現在は
子供に関しては減少傾向にあり、大人の虫歯は
多くなってきている、特に55歳以上。

 

 

 

虫歯の仕組みですが、先述したプラークの話と
よく似ていて、プラークは糖分を
摂取したときに増えていく傾向にあり
そこに虫歯菌がいて、それが酸を出し
歯を溶かして虫歯になりやすい状態となる。

 

 

 

大人が虫歯になりやすい場所が3つあって
1 歯と歯の間の虫歯
プラークが溜まりやすく、手入れも難しい

 

2 葉の根本の虫歯
凸凹してプラークがつきやすい

 

3 詰め物と歯の隙間の虫歯
プラークが溜まって虫歯の再発の可能性が高まる

 

 

 

虫歯の治療について

初期の虫歯の場合、削らずに治療をしていくとのこと
まずは歯磨きの指導から始まっていきます。

 

 

 

次に歯を少し削った場合
コンポジットレジンという詰め物をします
特殊なプラスティックのものです
詰める前はペースト状となっていて、特殊な
光を当てて形を整えていく。

 

 

 

最近の虫歯治療はパソコンを用いて行われていて
CAD/CAMと呼ばれている、パソコンに患者の
歯のデータを送り、詰め物などの設計をしていく。

 

 

 

次に神経の治療ですが、最近は正確に治療を
できる装置があり、マイクロスコープという
もので、歯科用の顕微鏡というもので
歯の根っこを診ていって確実に神経をとっていく。

 

 

 

保険適用はその歯医者さんによって変わってくる
治療の前に話を伺った方が
いいかもしれませんね。

 

 

 

自分でできる虫歯の予防法ですが
・正しい歯磨きをする
プラークをしっかりと洗い落としましょう
・食べ物の改善
甘いもの(糖質)酸性のものをだらだら食べない
特に、酸性のものを多く食べると酸蝕歯
という状態になってしまう。

 

 

 

酸蝕歯になりやすい人は、酸性の食べ物を
だらだら食べたり、過食症や拒食症の人もなりやすい。

 

 

 

・歯が欠ける、歯が黄色っぽい
・歯が透ける、しみる

という症状があれば、歯科を受診しましょう。

 

 

 

酸性のものを食べてはいけないという事ではなく
さっと食べてしまう、多く食べたなという
事があれば、口をゆすぐなどをしましょう。

 

 

 

2017年6月7日放送 3日目 口内炎

鶴見大学の中川洋一先生に変わります
口内炎の原因は様々、頬の内側、下あご、上あご
等に出来るのを口内炎という。

 

 

 

口内炎にはいくつかの種類があって
・物理的刺激による口内炎
入れ歯や強制装置等にあたって炎症を起こす物
やけどや頬をかんだりした時もこれにあたる。

 

・カンジダ菌による口内炎
元々体に住み着いているカンジダ菌
免疫力の働きが低下していって口内炎になったり
口の渇きなどが原因の場合もある。

 

・アレルギーによる口内炎
入れ歯や歯のかぶせ物に使われる金属などにより起こる

 

・一般的な口内炎
原因不明、外からの物理的刺激がなくても起こる
という風に分けられております。

 

 

 

特にカンジダ菌による口内炎は要注意
粘膜の深い方まで炎症が起こると
痛みが残ったり、味覚障害を起こす可能性もある。

 

 

 

ステロイド治療は禁忌といわれていて
使用した場合は悪化してしまいます。

 

 

 

広い範囲に炎症が起こっていて
その症状が2週間以上続く、という場合は
医療機関へ行きましょう
カンジダ菌による口内炎の可能性が高い。

 

 

 

真菌検査を受けるとカンジダ菌が繁殖
しているかどうかを調べます。

 

 

 

それぞれの治療法はこのようになっている

 

 

 

原因がわからない場合にもちいる薬ですが
・貼付剤 小さい口内炎向け
・軟膏 少し大きい場合に使う

どちらも傷口をカバーして、刺激を避けるのが目的
・噴霧剤 口の中で噴霧する
・トローチ 広い範囲に及んでいると服用

 

 

 

口内炎の予防ですが
・矯正装置、詰め物、入れ歯が原因で刺激が
 ある場合は調整をする
・入れ歯を清潔に保つ

という事を行いましょう。

 

 

 

口内炎と見間違う疾患の一つに口腔がんがあります
これは発症率自体は低いのですが、口内炎と
見分けがつきにくい。

 

 

 

ポイントとしては
・自然に治癒しない
・赤と白が混在する
・硬くでこぼこしている

という事があれば疑ってみましょう。

 

 

 

また、白板症という口内炎の疾患の一種があり
これは粘膜が厚く白くなって、ガンが
発生しやすい組織でもあります。

 

 

 

口腔がんは、あごなどにも浸潤しやすく
広がっていくと転移の可能性も起こります
手術で舌やあごの骨を切除してしまう場合もあり
債権は可能だが、食べる、発音などに
機能障害が残る事がある。

 

 

 

2017年6月8日放送 4日目 ドライマウス

ドライマウスに悩んでいる人は多いとのこと
加齢によって唾液腺の機能の低下
薬の副作用などでドライマウスになってしまう事も
今後も増加傾向にあると言われている。

 

 

 

唾液の働きというのは
・抗菌作用
・口の汚れを洗い流す
・口の中を中性にする
・歯の修復
・味を感じやすくする

等があります。

 

 

 

普段唾液について考えてない場合が多いかと
おもいますが、これだけの効果があるんですね
この唾液が減ってくることによって
・虫歯や歯周病になりやすい
虫歯菌、歯周病菌が増加、歯の修復力が低下
・カンジダ菌が増える
痛みが出たり、酷くなると味覚障害になったりする

 

 

 

ドライマウスになってしまう原因ですが
これにはいくつかって
・加齢
・薬の副作用
・噛む回数の減少
・ストレス
・口呼吸
・糖尿病
・シェーグレン症候群

が挙げられる。

 

 

 

シェーグレン症候群というのは、自己免疫疾患で
唾液腺や涙腺が壊れ、口や目が乾く疾患です。

 

 

 

では、どんな時にドライマウスを疑い
医療機関に受診すればいいのか?
・口やのどの渇きがずっと続く
・口の中がねばねばする
・口の中が痛い
・乾いたものが食べづらい
・味覚がおかしい
・夜、口が乾いて目が覚める

一時的に起こる場合はあるが、これは疾患ではない
慢性的に長く続く、というのがポイントです。

 

 

 

ドライマウスが疑われる場合に行う検査は
・問診、視診、唾液分泌検査
仮にシェーグレン症候群が疑われたら
・唾液腺の造影検査、病理検査や血液検査
これらを行います。

 

 

 

治療は症状別にしていく形となる
対症療法というのもあり、洗口液等を用いて
治療していきます、マウスピースや
口を塞ぐテープなどを使う事もある。

 

 

 

ドライマウスの対策は
・口を閉じる
・噛みごたえのあるものを食べる
・リラックスする時間を作る

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー