2018年4月25日放送のきょうの健康
2日間にわたり生理の悩みの特集
初日は月経前症候群について
教えてくれるのは
聖路加国際病院の百枝幹雄先生。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

月経前症候群とは?
月経前症候群といっても月経前の
不調というのは当たり前と
考えている人は多いかと思います。

 

 

 

しかし病院を受診する事で体の不調は
改善する事が可能だといいます。

 

 

 

月経前症候群の症状はこうなっている

これらの症状が過去3回続けて
起こっていると月経前症候群だという。

 

 

 

学校生活や仕事、家庭など
あらゆるシーンに影響を及ぼす。

 

 

 

具体的なケースとして26歳の女性は
就職した頃から生理が始まる3・4日前に
なると手足のむくみや胸の張りがでる。

 

 

 

生理前だから仕方がないと
やり過ごしていた、ところが新しい
部署に異動したら頭痛もそこへ加わった。

 

 

 

思い切って婦人科を受診したら
月経前症候群(PMS)と診断された。

 

 

 

更に30歳の女性は1年前に夫の転勤で
引っ越しをした、その頃から
生理前になると気分の落ち込みが
激しくなった、時にイライラしたり
怒りっぽくなり、物を投げつける
という事があった。

 

 

 

しかし生理が始まると落ち着く
毎回生理前になると出てくるというので
何関係があるかもしれないと婦人科へ
月経前不快気分障害(PMDD)と
診断されました。

 

 

 

月経前症候群との違いは
自制が効かなくなったり
日常生活が全く取れない
という事になる部分。

 

 

 

うつ病や双極性障害と間違われやすい
生理がある女性の1.2%が
この疾患を持っているそうです。

 

 

 

・著しく感情が不安定
・著しい怒り・人間関係の摩擦
・抑うつ気分・絶望感・自己批判的思考
・著しい不安

等が症状としてあります。

 

 

 

月経前に起こるメカニズムは
直接の原因はわかってないが
黄体ホルモン(プロゲステロン)が
関係していると言われている。

 

 

 

黄体ホルモンは食欲増進
体温上昇、水分保持などの
作用がある。

 

 

 

症状の軽い重いは体質や
感受性の違いがあるためという。

 

 

 

月経前症候群の治療は
・カウンセリング
病気の理解、自分の状態を把握する
日々の症状を記録して
症状のパターンやタイミングが
わかるようになり仕事
家庭の負担を軽減する。

 

 

 

・生活指導
規則正しい生活や十分な睡眠
適度な運動、アルコールやカフェイン
タバコ、甘いものを控える。

 

 

 

・薬

特に症状が重い場合は
低用量経口避妊薬
いわゆるピルを服用します。

 

 

 

副作用は飲み始めに
吐き気や乳房の張り、頭痛
等が起こる場合がある。

 

 

 

しかし高血圧や肥満、喫煙者には
使用出来ないことがある。

 

 

 

抑うつ気分が出ている人には
抗うつ薬を処方される場合も。

 

 

 

抗うつ薬の副作用は
眠気が起こる場合があるが
重大な副作用は報告されていない。

 

 

 

月経前症候群で使う場合は
生理前の短期間のみ使用する。

 

 

 

2018年4月26日放送 2日目 月経困難症

月経困難症の人は生理のある女性の
約30%もいるそうです。

 

 

 

しかし治療をしている人は10%しか
いないようです。

 

 

 

生理痛が毎月あるという事は
背景に病気が潜んでいる可能性が
あるという。

 

 

 

月経困難症の症状

 

 

 

月経前症候群との違いがこちら

 

 

 

月経困難症には2つのタイプがある
・機能性月経困難症

 

・器質性月経困難症

病気が原因の場合があるといいますが
どういう病気なのかというと
・子宮内膜症 24%
・子宮筋腫 16%
・子宮腺筋症 3%

となっています。

 

 

 

2つの月経困難症の治療法
・機能性月経困難症

酷い場合に低用量経口避妊薬を使用する。
・器質性月経困難症

 

 

 

また女性は出産という事もあり
ライフプランに合わせた治療の選択
というのも行っていく必要がある。

 

 

 

将来に妊娠や出産を希望する場合は
鎮痛薬やホルモン療法をする
現在、妊娠出産を希望する場合は
不妊治療や子宮や卵巣の機能を
残す手術をする

妊娠や出産を希望しない場合は
子宮を摘出する事もある

 

 

 

また思春期の機能性月経困難症は注意
海外のデータではあるが
子宮内膜症が隠れている事も。

 

 

 

治療も変わってきます
年々症状が重くなる場合は
ホルモン療法を行うそうです。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク