きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

肝臓の検査や治療法、元気にするには運動とたんぱく質が必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年8月17日放送のきょうの健康、今回は佐賀県で公開収録SP
肝臓を守る、という特集です。
教えてくれる先生は佐賀大学教授の江口有一郎先生です。
1日目のテーマは、検査でここまでわかる、です。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

肝臓の働きとは?

大きく分けて3つあり
・アルコール、薬などの分解=解毒
・エネルギー工場
・胆汁の生成

とあります。

 

 

 

この働きが弱くなると、体に何らかの異常があったり
肝臓自体に病を抱えてしまうと、肝臓がんになる可能性もあります。

 

 

 

残念なお知らせですが、この佐賀県という所は
肝臓がんで亡くなられている方が15年連続で全国1位なんです・・・・

 

 

 

肝臓に対して気を付けることとは?

佐賀県で肝臓病を減らすために、あるキャラクターが活躍してます。
肝ちゃんというキャラクター。
肝臓に対するイベントなどに出演し、肝臓の検査を
するよう促しております。

 

 

 

やはり気を付けたいのが検査。
2種類ありまして
・肝機能検査(肝機能を調べる)
・肝炎ウイルス検査(肝炎ウイルスの感染の有無を調べる)

というものがあります。

 

 

 

肝機能は健康診断や人間ドックでも受けられます。
注目してほしいのは
・ALT(肝臓の損傷の度合いを示す数値)
・γGTP(アルコールの分解や中性脂肪に関係)

という部分の値。
ALTの基準値は45となっています。
γGTPの基準値は60となっています。

 

 

 

では基準値を超えている場合は、より精密な
検査を受ける必要があります。
肝臓病の早わかり表です。
DSC_0363
NASHってなんだ?って思うでしょうが
これは、非アルコール性脂肪肝炎です。
非常に増えてきてる病だそうです。

 

 

 

肝炎ウイルス検査は、B型肝炎かC型肝炎かを調べる検査です。
佐賀県では職域出前健診というのをやっているようです。
なぜここまでしているのかというと、肝臓がんのおよそ
8割がB型肝炎、C型肝炎によるものだと言われているからです。

 

 

 

2015年8月18日放送 2日目 がんを防ぐ最新の肝臓の治療法

・なぜ肝臓は沈黙の臓器と言われているのか?
肝臓は損傷を起こしたり、ダメージを受けたりすると
少々の事では痛むことがないようです。
肝臓が痛い、という事はないと。

 

 

 

なので、血液検査を受ける事でしか肝臓の状態というのは
わからないと言われています。

 

 

 

肝臓病は2つに分けられます。
DSC_0364

 

 

 

生活習慣が原因の場合の治療法

治療法としてはこういう感じです。
DSC_0365
肝臓はまた不死身の臓器と言われていて、再生能力は
早いと言われています。

 

 

 

ウイルスが原因の場合の治療法

B型肝炎、C型肝炎ですが
ウイルスを鎮静化する・排除する治療法というものをします。

 

 

 

このウイルス性肝炎の治療というのは大変だと
耳にすることは多いですよね、インターフェロン治療なんて
かなりつらいものだと聞いたことがあります。

 

 

 

ですが最近は治療法も変わってきて、副作用も減ってきて
現在C型肝炎では飲み薬だけでの治療が可能になったようです。
また治療には助成制度というものがあります。
DSC_0366

 

 

 

ですがどこで治療を受ければいいのか?
という事がわからない人もいます、佐賀県では
肝炎コーディネーターという方がいらっしゃいます。

 

 

 

役割というのは
・検査や治療の正確な情報を届ける
・医師と患者の橋渡し

という事になっています。

 

 

 

生活習慣が関係する肝炎の予防は、食生活に気を付け
運動をしたり、という事をすればいいですが
ウイルス性の肝炎は、感染経路があり
・カミソリの共有
・ピアスの穴開け器具の共有
・注射器の共有

B型肝炎の場合は体液で感染することも、あります。

 

 

 

2015年8月19日放送 3日目 筋肉は第二の肝臓、運動のすすめ

・筋肉は第二の肝臓?
どういう事かというと、肝臓は初日にもお伝えしたように
3つの役割があると言われています。
その中にエネルギー工場というのがあります。

 

 

 

これは食べ物をグリコーゲンにして肝臓に貯え
更にブドウ糖に分解するというもの。

 

 

 

もう一つ、胆汁の生成という3つの役割のうちの1つがありますが
この胆汁というのが、脂肪の吸収を助ける消火液と言われてます。

 

 

 

筋肉がなぜ第二の肝臓と言われているのかというと
この肝臓の働きを助ける事が出来るからなんです。

 

 

 

酒や薬などの分解は得意ではありませんけど
アンモニアを分解し無毒化するという事が出来たり
他にもグリコーゲンを蓄え、ブドウ糖に分解する事も出来ます。
筋肉を鍛えていると肝臓の働きを助けてくれます。

 

 

 

CTで撮影した筋肉の比較画像があります。
DSC_0367
右側の脂肪肝の方の背骨の部分に注目してください。
そこの部分、筋肉の所に黒い筋が入っていますよね?
実はこれ・・・脂肪なんです。
霜降り肉みたいな筋肉になっているという事なんですよ。
こうなると筋肉の働きが悪くなり、筋力も弱くなります。

 

 

 

まずは適度な運動から始めていきましょう

各々の生活スタイルを考えて、運動のプログラムを
組んでいくそうです。
有酸素運動と筋力アップを組み合わせたような方法です。

 

 

 

そこでおススメなのが速歩。
肘を90度に曲げ腕を後ろに引くような感じで早歩きをする。
かかとから先に着地する、1日15分くらい歩いてみましょう。

 

 

 

ですが忙しい方は、外に歩きに行く暇がない!
という方もいらっしゃいます。
そういう方にお勧めなのが、その場歩き。
歩かず腕を振り、足を上げるだけでいいんですって。
これも1日15分でいいとのこと。

 

 

 

有酸素運動の次は、筋力アップの運動。
これはスクワットがおススメ。
やり方は、わかりますよね?
1日10回から15回を3セットが目安です。

 

 

 

私のこのサイトにも、スロートレーニングという
特集のページがありますので、そこに強烈に効くやり方が
掲載されています、よろしければご覧ください。

 

 

 

2015年8月20日放送 4日目 タンパク質で肝臓イキイキ!

・肝臓にとって大切な栄養とは?
何が大切な栄養かというと、タンパク質なんです。
細胞の材料となり筋肉も作ります。
他にも食物繊維も必要、便秘になってしまうと
大腸菌がアンモニアを発生させ、肝臓の負担になります。
ビタミン、ミネラルも肝臓の栄養代謝を円滑にしてくれます。

 

 

 

では、どのような食べ物が肝臓にはいいのか?
そこで紹介された料理が
「大豆とにんじんのマリネ」
「牛肉の味噌焼き」です。

 

 

 

大豆とにんじんのマリネの作り方

1 刺身こんにゃく 50gを細く切っていく
こんにゃくは、食物繊維 カルシウムなどのミネラルが豊富です
2 みかん(搾り汁)1/2個分 をしぼる
3 ミカンをしぼった汁に、オリーブオイルとお酢を各小さじ1杯入れる
ミカンはビタミンC カリウムなどのミネラルが豊富
4 細く切った人参を汁の中にいれる、軽く塩もみをして
5 続いて大豆を入れる
大豆もビタミンB1 タンパク質、食物繊維などが豊富
6 こんにゃくを入れ、カッテージチーズを入れる
カッテージチーズは低脂肪でタンパク質が豊富です。
7 ミカンの果肉もいれる、それから15分ほど冷蔵庫で寝かせる
8 焼き海苔1/2枚に出汁1/4カップ用意し、ダシにのりをちぎって入れる
9 練り梅を入れ、砂糖小さじ1/2、すりごま小さじ1入れる
10 冷蔵庫からマリネを取り出して、のりソースをかけて完成!

DSC_0368

 

 

 

牛肉の味噌焼きの作り方

1 お肉を食べやすい大きさに切り、こしょうをふる
牛肉はタンパク質とビタミンB1が豊富。
2 串に牛肉を刺していく
3 玉ねぎをすりおろし大さじ3杯、味噌を入れる大さじ一杯を入れて混ぜる
玉ねぎはカリウムなどのミネラルが豊富
4 お肉を焼いていい焼き加減になったら、先ほどの
  玉ねぎと味噌のソースを乗せ、彩に細ねぎを適量つけ完成。

DSC_0369
食べすぎには気を付けてくださいね。
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー