きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

熱中症対策と紫外線対策はどうすれば?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年7月12日放送のきょうの健康、2日間に渡り
夏の熱中症と紫外線対策の特集
初日は要注意、熱中症
教えてくれるのは、帝京大学の三宅康史先生。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

熱中症は夏には気をつけないといけない

・地球温暖化
・車等から出る排気の熱
・アスファルトなどの熱のこもり

等、様々な場面で熱中症を気にしないといけない
夜も気温が下がりにくい状況となっている。

 

 

 

熱中症の症状ですが、初期はめまい、立ちくらみ
気分が悪い、筋肉がつるなどの症状ですが
重症化すると、頭痛吐き気、体がだるい
更に意識障害やけいれん、ひきつけ
肝臓や腎臓の機能障害、血液の凝固異常
等が起こり熱中症発症となる。

 

 

 

初期の症状って夏風邪や疲れであると勘違いしやすい
なので周りの人が気づいてあげる必要がある
こういう事が起こるのは、脳や筋肉
臓器への血流低下が原因といわれています。

 

 

 

体内の熱は末梢の血管まで運ばれていき外気によって
熱を放出します、熱くなると自律神経の働きで
血管が拡張し、その結果血流が増加し
熱を多く放出することができる。

 

 

 

その結果、脳や筋肉、臓器などへの血流が
低下してしまい、熱中症の初期症状が起こる。

 

 

 

重症化の場合は、体の内部の温度上昇があるため
このような症状が出る、ベストな体温は
37度前後といわれている。

 

 

 

・熱中症を予防する
予防のためには、脱水対策から始める
水分と塩分を定期的に摂取をする

 

 

 

次に体内の温度を上げない工夫をする
日中の暑い時間の外出を避け、万が一
暑い時に外出した場合は休憩時間を作り
天気情報をチェックするなどです。

 

 

 

室内でも注意が必要です、熱中症の4割は
屋内で起こっている
と言われている
日差しを遮り、扇風機やエアコンをつけて
目に見える所に温度計や湿度計を置くようにする。

 

 

 

室温28度、湿度70%を超えるようなら
扇風機やエアコンを使用しましょう。

 

 

 

・熱中症の応急処置を覚える
まず声をかけて意識を確認し、返事がないと
救急車を呼びましょう、意識がある場合は
涼しい場所へ移動させる。

 

 

 

意識がある人の場合、その後服を緩めたりして体を冷やす
そして太い静脈が通っている部位
首やわきの下、太ももの付け根部分に
冷たいペットボトルをつけるようにする。

 

 

 

その後自分で水が飲めるかどうかをチェックする
飲めると意識がしっかりあると確認できるため。

 

 

 

意識がはっきりして状態が良くなっていけば
体調が回復したと思ってよい。

 

 

 

医療機関での治療法は、脱水症状の改善
生理食塩水や電解質溶液を補給する
冷却治療もあり、氷のうや冷却マットで体を冷やし
更に持続的血液ろ過透析という事も行う。
この2つが重要となります。

 

 

 

2017年7月13日放送 紫外線から体を守る

近畿大学の川田暁先生に変わります
紫外線を浴び続けると皮膚がんに繋がる事がある
皮膚への影響ですが、紫外線には2種類あり
UVAは皮膚の深い所まではいっていき
UVBは皮膚の表皮あるいは真皮の
手前まではいってくる。

 

 

 

どちらが肌に悪いかといえば、UVBのほうです
日焼け反応や皮膚がんを起こすリスクがある
UVAは長期間浴びると皮膚への影響が出てくる。

 

 

 

紫外線の悪影響ですが
・光老化
これはシミや深いしわ、厚く硬い皮膚となり
良性の腫れもの、脂漏性角化症が出来やすくなる。

 

 

 

・免疫の働きが低下
免疫細胞の一部が弱くなり、更に体全体の
免疫力も低下すると言われています
口唇ヘルペスが出来たりすることもあるようです。

 

 

 

紫外線を多く浴びるkとで体内に潜んでいた
ヘルペスウイルスが再活性化する場合があります。

 

 

 

・目の異常
紫外線の大半は角膜で吸収されるが、それを通り越しても
水晶体で吸収するのですが、たまに角膜炎や翼状片
白内障となるリスクが高まります。

 

 

 

・皮膚がんが起こりやすくなる
有棘細胞がん、基底細胞がん、悪性黒色腫
この3つのガンになるリスクが高まる。

 

 

 

有棘細胞がんは、皮膚の有棘層の細胞から発生
手足や顔にできやすく、いぼと間違われやすい

 

 

 

基底細胞がんは皮膚の基底層の細胞などから発生
日本人が多くかかる皮膚がんで
首から上にできやすい。

 

 

 

悪性黒色腫、メラノーマとも呼ばれていて
メラニン色素を作る細胞などががん化する
進行が早く転移しやすい。

 

 

 

治療の基本は手術で切除する、抗がん剤や放射線で
治療をする場合もあります。

 

 

 

皮膚がんにならないように気を付けた方が
良い症状があり、それは皮膚がんの前段階
日光角化症という状態の時に治療をする事。

 

 

 

首から上や手の甲にできやすく、赤みのあるしみ
放置すると有棘細胞がんへ移行する可能性がある
シミやいぼが急に赤くなりカサカサする
という場合はすぐに医療機関を受診しましょう
治療法は手術で切除する、そして薬で治療をする事もある。

 

 

 

紫外線対策をするには
・紫外線の強い時間帯を避ける
・日陰を利用する
・防止または日傘、サングラスをかける
・肌を出さない
・日焼け止めを使う

という事をまずやっていきましょう。

 

 

 

日焼け止めはどういうものを選べばいいか?
大事なのはSPFやPA分類の数値に注目する事

 

 

 

必ずしも最大値の日焼け止めを使うわけではなく
シーンに沿って使い分けるようにする
日焼け止めを塗る量ですが、クリームタイプは
パール粒2つ分で、液状のローションタイプは
1円玉2枚分の大きさにとり
塗り込まず、皮膚にのせて伸ばすように
塗っていきましょう、30分から1時間で皮膚に
馴染んできます。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー