きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

うつ病は老若男女問わず増加している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年4月17日放送のきょうの健康、今週は
うつ病の特集です、1日目は軽症のうつ病について
教えてくれるのは、杏林大学医学部の渡邊衡一郎先生。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

うつ病にも軽症や重症がある

軽症のうつ病というのは、社会生活をかろうじて
送れている状態、つまり仕事もできて
生活もしていける状態を指します。

 

 

 

症状の診断基準はこのようになっている

赤で囲った症状はどちらか1つを含み
紫の方と合わせて5個以上当てはまり、そして
この状態がほぼ1日中、2週間以上続き
仕事や学校、家庭などで何らかの問題が
生じているとうつ病と診断する。

 

 

 

抑うつ状態が出る他の病気があり
・アルコール依存症
・認知症
・甲状腺の病気
・がん

などです。

 

 

 

総合的に勘案して重症度を決定している
うつ病になる人はどういう要因があるのか?
・性格的な要因
几帳面、まじめ、自己犠牲を払う、完ぺき主義
これらの方はうつ病になりやすい。

・環境的な要因
悲しい変化、離婚や死別など、反対に嬉しい
変化でもうつ病を患う事も、昇進や結婚などです。

 

 

 

うつ病治療ガイドラインが2016年に改訂

改訂のポイントはこのようになっている
・休養に関する内容を追加
・患者の状態にあわせて休み、場合によっては
 社会的役割を回復することも重要

 

 

 

このあたりの見極めを医師がきちんと
出来ればいいのですが、今後どうなって
いくのでしょうね。

 

 

 

レジリエンスという、心の自己回復力という事が
うつを治す際のポイントとなっている
その方策やアドバイスをより考えないといけない。

 

 

 

軽症のうつ病の治療はこうなっている

心理教育というのは、うつ病についての説明
そして治療には山あり谷ありであるという事も
話していき、寛解を目指していく
はやくて3ヶ月程度、薬や治療を変えると
半年から1年程度かかると言われている。

 

 

 

ここで治療をやめてしまうと、また元の悪い状態に
戻ってしまう事があるのでやめないように。

 

 

 

支持的精神療法というのは
うつ病の人は我慢強く、言いたいことがあっても
言わないでいる事がある、それを出さないと
治療の差しさわりも出てくるので、医師が責任を持ち
話を聞いて、話せなかったことを聞いていく。

 

 

 

薬物療法と認知行動療法はこのようになっている

認知行動療法については、こちらに詳しく記されている。

NHKスペシャル、腰痛治療に脳がカギを握っているDLPFCとは?認知行動療法も有効とされている

 

 

 

自分で出来る事はないか?
オランダでの話ですが、こういう事を
していたそうです
1 前向きな態度をとる
先の事ではなく明日の事を考える
ポジティブな記憶を思い出す

2 生活リズムを整える
決まった時間に家を出る、など

3 より積極的な行動
運動をしたりですね

 

 

 

2017年4月18日放送 2日目 中等症、重症のうつ病

信州大学医学部の杉山暢宏先生に変わります
軽症のうつを放っておくと、中等症、重症の
うつ病を発症してしまう可能性がある。

 

 

 

前日のうつ病の診断基準を参考にすると
中等症は合わせて6つから7つ、重症になると
8つ以上も項目に当てはまります
社会生活も著しく損なわれている、という状態。

 

 

 

治療ですが、これは最初軽症の治療と同じです
しかしそれでも改善がみられない場合は
・薬物療法
・入院
・修正型電気けいれん療法

等を行います。

 

 

 

入院治療を検討するにはこういう条件があり
・自殺もしくは他人の危険性
・水分や食事をほとんどとれない
・薬を飲むことを拒む
・十分な休養がとれない
・周囲との関係などが破たんする

誰かがいないといけない場合の項目が多いですね。

 

 

 

習性型電気けいれん療法ですが、これは
・薬による効果が待てない
・自殺のリスクが高い
・身体が衰弱していく
・強い妄想を持っている

という事が当てはまれば行われる
2日、もしくは3日に1回治療を行い、これを
10回行うとのことです。

 

 

 

薬物療法ですが、これらの薬を服用する

副作用がこうなっている

 

 

 

薬物治療は大きく分けて3つの区分けをする
・急性期のポイント
1 治療開始前の薬に関する十分な知識
2 1種類選び少量からスタート
3 有害作用に注意しながら最終的に十分な量を飲む

抗うつ薬の効果や有害作用というのは、使い始めて
3日ほどしてから有害作用でやすく、3週間程度で治まる
そして効果は4週間から8週間で現れてくる。

 

 

 

・回復期のポイント
薬の種類や量も変えずに治療を継続していく
そして、元の生活に戻る準備をしていく
1日3食きちんととる
起床の時間を一定にする
散歩、ウォーキングなどで体力をつける
図書館に行く
などです。

 

 

 

・再発防止期のポイント
この時期も薬は継続していく、1年間は飲み続ける
しかしもうつらい思いはしたくないという考えから
薬を1年よりも長く飲み続ける場合もある
その逆もしかり、あまり薬は飲みたくない
という場合は薬の量を減らしたり、無くしたり
という事もあるようです。

 

 

 

更に気を付けるポイントとして
例を出すと、再発防止期まで来たにも関わらず
仕事に復帰し、遅れを取り戻そうと
必死になって頑張る、そうすることでそれが
ストレスとなってしまい、せっかくここまで
回復したのにまた逆戻りとなってしまう可能性が。

 

 

 

薬を勝手にやめてしまうのも、症状がぶり返す
事があるので再発の可能性がある。

 

 

 

2017年4月19日放送 3日目 子供のうつ病

北海道大学医学研究院の齋藤卓弥先生に変わります
子供のうつ病というのも近年増加傾向にある
子供という対象は6歳から18歳をいいます。

 

 

 

大人と子供ではうつの症状というのは違いがあり
大人 憂鬱な気分、不眠、食欲低下
そして子供ですが
子供 いらいら、怒りっぽい、過眠、過食
という症状がある。

 

 

 

大人以上に診断基準というものは難しい
6歳の子供と18歳の子供とでは、うつの症状に
違いが出たりして、診断がとても難しいとされている。

 

 

 

子供のうつ病が疑われたら
・児童思春期精神科
・かかりつけの小児科
・養護教論
・スクールカウンセラー

等に相談をしてみましょう。

 

 

 

子供のうつ病の治療法はこうなっている

 

 

 

大人に効いて子供には効かない薬がある
抗うつ薬のSSRI(一部)は海外で有効性が報告されているが
三環系、四環系の抗うつ薬は子供には効果がない。

 

 

 

薬物療法で最も気を付けないといけないのが
24歳以下が抗うつ薬を服用した場合、自殺関連行動が
増加することが報告されています。

 

 

 

本人が心がけることは、生活リズムを整える
一定の運動を行う、これは大人と同じ部分がありますね。

 

 

 

大人が傾聴していく必要もある、親が聞きたい事ではなく
子供が効いてほしい事を聞く、こうなるためには
密なコミュニケーションが重要です。

 

 

 

復学という点では、いきなりみんなと授業を
という感じにトントン拍子にはいかないので
最初は保健室や別室を利用し
段階を踏んでいき、学校に戻れるようにしていく。

 

 

 

2017年4月20日放送 4日目 高齢者のうつ病

杏林大学医学部の渡邊衡一郎先生に戻ります。
高齢者のうつ病の原因

うつを持っていると、ガンなどの疾患が
治りにくいと言われている。

 

 

 

あるケースの紹介、72歳の男性、愛犬を亡くし
暫くしてから、不眠、だるい、頭痛、胃痛
食欲低下、体重の減少、などが起こり
内科や神経内科を受診したが異常はなし。

 

 

 

それからというもの、好きだったゴルフも
遠ざかっていき、外へ出かける事も少なくなった
現代医療では治らない病気、こんなことなら
死んだほうがましだ、という考えが出てきた
妻に精神科へ行くとうつ病という事がわかった。

 

 

 

高齢者のうつ病は体の不調が多く出る
息苦しさやしびれ、めまいなどです
妄想も比較的多い。

 

 

 

高齢者の診断基準として、どういう症状が
比較的多いのかというと
・興味や喜びの喪失
・食欲の異常
・睡眠の異常
・思考力、集中力低下

 

 

 

高齢者のうつ病を検査する際
・CT、MRI検査
・認知症検査
・脳血流シンチグラフィ
・認知機能のチェック

等を行います。

 

 

 

脳血流シンチグラフィというのは、脳の血流を測定する
血液内に放射線を少量投与し、それによって
どんなタイプの認知症かの判断に役立てる。

 

 

 

高齢者のうつ病の治療

薬物療法がより推奨されている、ただし
・副作用が出やすく、効果が出にくい
・1種類の薬を通常よりも少量から
・他の薬の飲み合わせに注意

これらを守らないといけません。

 

 

 

周りが気を付けたいサインもあります
・習慣だったことができなくなる
・無口 ぼーっとしている
・趣味、好きな事への興味の低下
・体に不調が出るが異常がない
・死にたい気持ちをほのめかす

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー