きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

認知症についての最新の情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年7月31日放送のきょうの健康、今週は
認知症についての最新情報をお届け
初日は予備軍を知ろう
教えてくれるのは、日本認知症予防学会の浦上克哉先生。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

予想を超えるスピードで認知症は増え続けている

欧米で特に多いアルツハイマー型認知症が
日本でも増えてきているといいます。

 

 

 

症状は物忘れや買い物ができなくなる
日時や居場所がわからなくなる、服が着替えられない
道具が使えない、言語、判断力障害、失認などがあります
これらを認知症の中核症状という。

 

 

 

中核症状とは別に周辺症状がある
暴言や暴力、徘徊、妄想や幻覚、不安や焦燥
うつ状態、睡眠障害など、必ず出る症状ではない。

 

 

 

老化の物忘れと認知症の中核症状である物忘れの違いは
例えば老化が原因だとする物忘れは
・道で会った知人の名前が出てこない
・朝食に何を食べたか思い出せない

それに対して認知症の物忘れは
・名前だけではなく、相手との関係もわからない
・朝ご飯を食べた事自体を忘れてしまう

という違いがある。

 

 

 

どうして認知症になってしまうのか?
番組では記憶の貯金箱というたとえで説明していた
普通の人であれば貯金箱の大きさは変わらず
聞いたり見たりしたものをきちんと貯金、つまり覚える
という事が出来る

 

 

 

それに対して認知症を患っている場合
この記憶の貯金箱が小さくなってしまい見たり
聞いたりしたことが覚えられなくなってしまう
だから忘れる事が多くなるのです
たとえさっき聞いた事でも・・・・

 

 

 

この記憶の貯金箱を海馬といいますが
これが小さくなっていく、つまり萎縮することで
記憶出来なくなっていくのです。

 

 

 

この海馬が小さくなる理由の一つにアミロイドβがある
脳のシミというものです、これがどんどん
蓄積されていき、脳神経細胞を死滅させていく。

 

 

 

その他の認知症はこれだけあります

 

 

 

認知機能はゆっくりと悪くなっていく
軽度の認知症になると物忘れが多くなってくる
中等度は物忘れだけではなく、衣服なども
季節感に合わせて着られなくなる
高度は、掃除が出来ない、近所で迷子になる
という事が起こってくる。

 

 

 

認知症には予備軍があります、MCI(軽度認知障害)と
言われています、認知症の一歩手前だと
思ってくれていいです、日常生活にはギリギリ
支障がないと言われています。

 

 

 

アミロイドβはなんと20年も前から溜まり始めている
このように言われます、70歳で認知症を
発症したら、すでに50歳から溜まり始めていたという事。

 

 

 

MCIの患者数は400万人いると言われている
そのうちの5%~15%が認知症に移行している。

 

 

 

MCIの段階で何もしないと認知症の危険性は増します
しかし予防をすると認知症にならない可能性がある。

 

 

 

認知症にならない可能性の理由ですが、認知症の場合は
神経細胞がほとんどやられているが、MCIの場合だと
神経細胞を鍛えるとまだ防げる可能性があるからです。

 

 

 

2017年8月1日放送 サインを見逃すな

MCIの事について話されていました
前述しましたが、MCIは正常と認知症の境目だという事。

 

 

 

しかしながら日常生活などで、MCIのサインを
見逃さない事が重要となってくる。

 

 

 

日常のあらゆる場面でチェック、こういう症状が
出てきたら怪しいかもしれません。

 

 

 

外で人と会うとき
・外出するのが面倒になった
意欲低下が考えられる、物忘れも多くなり出すので
外に出て恥をかく可能性がある。

・服装に気を使わない
とてもオシャレな人が、急におしゃれじゃなくなった場合は危険

・約束を忘れ慌てて飛び出す
このような機会が増えてくる

 

 

 

料理をするとき
・手の込んだ料理を作らなくなった
手際よくできなくなり、手の込んだ料理を作らなくなっていく

・味付けが変わった
微妙な変化ではあるが、薄味が急に濃くなったりした

・鍋を焦がす
料理をしながら、他に気を取られて料理を
作っているのを忘れて焦がす

 

 

 

オフィスにて
・同じ質問や確認を何度もする
忘れてしまって、何度も言う、仲間から
またか・・・と言われる

・新しい機器やソフトを覚える気がしなくなった
大変なので覚える気力がなくなっていく

・ネクタイが上手く結べなくなった
ネクタイを結ぶ機会が無くなるため、忘れてしまう

 

 

 

その他
・洗濯物を干し忘れる
やっている事を忘れたり、途中までやって忘れる
という事が起こってくる。

・好きだったドラマをみなくなった
興味関心が薄れてくる、ドラマの筋が追えず面白くない

・財布に小銭が溜まる
小銭を以前はうまく処理できたのに、細かい
計算が出来なくなる

 

 

 

こうした症状が出てきた場合は、かかりつけ医や
病院へ行く必要があります
しかし当人が病院へ行き、検査をしても
取り繕う可能性もありますので、だれか
付き添いの人がいるのがベスト
あとは適切な情報をメモしたり、覚えておいたりなど

 

 

 

また、上手に誘い出す必要もあります
MCIなわけないだろうと、いう人が多いので。

 

 

 

MCIにも検査があります、良く行われているのが
最初に3つの言葉を伝えられて、暫くたってから
医師に3つの言葉を尋ねられます、それで
きちんと答えられるかの検査、うまく答えられないと
疑いが出てくるかもしれません。

 

 

 

認知症は珍しい病気ではない、日ごろから
サインを見逃さないようにして、怖がらずに
病院へ受診しましょう、様子見は禁物です
疑いを持って観察し、検査は何度か行うようにする。

 

 

 

2017年8月2日放送 発症を食い止める対策

鳥取県琴浦町では、MCIの患者さんが多かったが
認知症の発症は抑えられたといいます
その対策方法って気になりますよね?

 

 

 

琴浦町ではまず、高齢者などにMCIの検査を行う
その検査の結果が良くない方がいると
認知症予防教室へいってもらうことになっている。

 

 

 

予防教室は、週に1回で2時間のプログラム
運動や知的活動、コミュニケーションを取ります。

 

 

 

運動はゲーム性のあるもの、チームで対戦するものが中心
知的活動ですが、計算やかるた、絵の間違い探しなど
頭を使いながら手を動かすことがポイント
コミュニケーションは、同じ境遇の方とおしゃべりをしたり
職員の方と話したりする。

 

 

 

対策の成果ですが、開始から3ヶ月後には認知機能の低下が
防げていて、3年も経てばかなりいい状態になった
成果も出ているといいます。

 

 

 

自分でできる事は、身体をしっかり動かし頭を使う
・適度な運動を続ける 30分~1時間の運動をなるべく毎日
・考える習慣をつける
・創造的な趣味を持つ 新しくものを作り出すのは頭をとても使う
・適度に緊張しておしゃべりをする 初対面の人が望ましい
・新しいことにチャレンジする
 
という事をやってみましょう。

 

 

 

2017年8月3日放送 悪化を食い止める対策

認知症患者本人の視点が大切な時もあります
・認知症の人にも感情や心身の力が残っている
・本人の気持ちを聞く
・病期や症状だけではなく人に着目

というのも見逃せません。

 

 

 

初日に記した、認知症の方の周辺症状ですが
これらも認知症患者さんたちは、中核症状に対する
不安や混乱、家族や周囲にわかってもらえない
環境や人間関係、本人の性格が影響している
人によって症状の現れ方も違う。

 

 

 

対処するためには、ご本人の気持ちになり
理由がわかったら環境を調整し、それで安心できれば
症状も改善してくるという事が起こる事も。

 

 

 

認知症の人に接するときのポイントは
・頭ごなしに否定しない
・失敗を責めない
・指導をしない
・プライドを傷つけない
・正面から話しかける

どれも出来なくて当たり前と思い、大きな心を持って
包み込んで接する必要がありますね。

 

 

 

具体的な事例として、ご飯を食べてすぐ
ご飯まだ?と聞かれた場合は、今食べたと言わず
これから準備するからと間をあける、それでも
ご飯の話をする場合は、食事を分けて提供する
という事も視野に入れましょう。

 

 

 

次に認知症の方が物を失くしてしまった場合
周りの人に盗んだとしつこく迫られたら
困りましたね、探しましょうかと一緒に探し
仮に探した人が物を見つけても見つけたとは言わず
認知症の方に見つけてもらうようにする
もしあったと言ってしまったら、やっぱり犯人だと
疑われてしまうためです。

 

 

 

アルツハイマー型認知症の薬は
軽度では
・ドネペジル
・ガランタミン
・リバスチグミン

中等度は
・メマンチン
薬の治療をしても周囲のケアは必要です。

 

 

 

薬についての注意点はこちら

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー