きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

認知症を予防するには早期発見が重要!悪化させないためにすることとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年6月29日放送のきょうの健康、今週は認知症の特集です。
1日目は予防するには?というテーマ。
教えてくれるのは新潟大学脳研究所の教授、池内健先生です。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

池内先生から瀬川瑛子さんにこんな質問

どこかへ出かけられましたか?
瀬川さんは湯河原へ行ってきたそうです、そこで先生は
夕ご飯何を食べたか覚えているか?と聞きました。

 

 

 

瀬川さんはある程度覚えていました、池内先生はこれで
瀬川さんは大丈夫であると1つ目の質問で感じたそうです。
どこへ出かけたかというときに、すぐに湯河原と出てきたから。

 

 

 

認知症の場合は、出かけたこと自体を忘れてしまう。
体験したことを忘れてしまうという事ですね。

 

 

 

認知症は、誰がいつ発症するかどうかわからない病。
65歳以上の高齢者の7人に1人が認知症になると。
10年後の2025年には5人に1人という事になると予想されます。

 

 

 

認知症が進むと様々な支障が出る

簡単に認知症とは、脳がダメージを受け記憶力や
判断力が低下して、日常生活に支障をきたすことを言います。

 

 

 

進行度合いがこういう感じ。
DSC_0092
治療の現状は上記の進行を遅らせるというのがメインの治療法です。
なので、早期発見や予防というのに取り組まないといけません。

 

 

 

認知症の7割の方はアルツハイマー型と言われてます。
これは脳のMRIの画像。
DSC_0093
脳の部分に違いが出ていますよね、密度が全然違います。
脳が痩せて隙間ができているという事です。

 

 

 

アルツハイマー病の方は、アミロイドβタンパクが
たくさんあります、本来は作られた後に分解されるんですが
うまく分解されず、多く溜まりだすと
それに反応して、神経細胞が障害して脳が委縮していく。
高齢になるとアミロイドβたんぱくが分解しにくくなるため
溜まりやすくなるというんです。

 

 

 

またアミロイドβたんぱくは、どのくらいの年齢で溜まりやすくなるのか?
これはアルツハイマー病を発症したら、そこから10年前から20年前には
既にアミロイドβタンパクは脳に存在する
と言われてます。

 

 

 

つまりゆっくりと時間をかけて、アルツハイマー病を発症するという事。
50歳を過ぎると、認知症予防を心がけましょう。
認知症の原因ははこちら。
DSC_0094

 

 

 

リスクを高める生活習慣病

・高血圧
・糖尿病
・脂質異常症

などは、認知症のリスクを高めます。

 

 

 

生活習慣病で体のコントロールが不十分だと、アミロイドβ
たんぱくが増加しやすく、アルツハイマー病を発症しやすいと
言われています、糖尿病があると2倍にもなります。

 

 

 

生活習慣病の対策は心がけておきたいですね。
DSC_0095

 

 

 

脳を使った運動で予防

脳を使いながら有酸素運動をすると、記憶力や判断力などの
認知機能の低下を防ぐと言われてます。
脳の血流が改善され、活発化されます。

 

 

 

最近の研究では、運動をつづけた人の脳の大きさを観察すると
脳の委縮を防ぐ効果があると言われてます。
DSC_0096
体を動かすのは重要ですね・・・

 

 

 

どんな運動かというと、歩きながらしりとりをしたり
1日30分、週3日以上で効果が期待されます。
少し息が上がる程度にやりましょう。

 

 

 

また、日常的に人と関わることが大切です。
1人でやっていても楽しくはないですよね・・・

 

 

 

2015年6月30日放送 2日目 早期発見をするには?

周りの人が注意してみていると早期発見が出来る
本人だけではなくて、周りの家族の方や友人などの方々が
何か些細なことでも気が付いて本人に教えてあげるだけでも
病院へ行くきっかけになることだってありますからね。

 

 

 

初期症状チェック


これらはよく言われていますね、特にお金の管理。
計算が出来なくなって、買い物に行っても
お札でばかり購入し、小銭がたくさんたまる。
他にもこれだけあります。
DSC_0010
上記の7つの事が1つでも当てはまれば家族にチェックを
してもらいましょう、多ければ早めに病院へ。

 

 

 

1番2番の場合は、記憶障害とされていて
3番4番は実行機能障害、物事を順序立てて考えられない、実践できない。
電化製品が使えないなども含まれます。
5番6番は意欲低下です。
結果的に7番のように、怒りっぽくなったりするという事です。

 

 

 

テレビでは冒頭に3つの言葉を覚えてほしいと池内先生が
おっしゃって、うみ、いぬ、でんしゃと言われました。
そしてそれを5分後に改めて池内先生が何と言ったか?と
司会の桜井さんとゲストの瀬川瑛子さんにききました。
何とか瀬川瑛子さんは出来ましたけど、要注意の場合がこちら。
DSC_0011

 

 

 

とりつくろいに注意

池内先生は瀬川さんに、休日はどう過ごしているのか質問。
瀬川さんはすらすらとやっていることが言葉として出てきました。
だけど認知症の方は、特別なことはしていなくて
いつもと同じです、というような言い方をするそうです。

 

 

 

受け答えはしているが具体性はないですよね。
こういったとりつくろいをしている人が周りにいてると
一度声をかけてみるといいかもしれません。

 

 

 

認知症の原因はこちら。
DSC_0012
レビー小体型は幻視になってしまうことがあるようです。
この場合は早めの受診を。

 

 

 

受診に迷ったらどうする?

どこを受診すればいいのかというと、物忘れ外来。
ない場合は神経内科や精神科など。
地域包括支援センターを使うのも一つの方法。

 

 

 

一番難しいなと思うのが、どう認知症の病院を勧めるか
という所です、人によってはそんなはずはない!っていう
人だっていてますからね。

 

 

 

強制や焦らせる、危機感などをあおるのは厳禁
安心できる勧め方をしてみましょう。
後はかかりつけ医の先生に相談など。

 

 

 

2015年7月1日放送 3日目 悪化を防ぐには?

悪化を防ぐためのポイントは3つあります
・進行を遅らせる薬
意欲を向上させる薬。
DSC_0097
これらの薬を使うと、怒りっぽくなることがあるようです。
対処が大変な場合は、すぐに医師に相談しましょう。
認知症になってしまうと、ニュースなどに関心がなくなり
意欲がなく、趣味・活動をやめたりと意欲低下が顕著にみられます。

早い段階で治療をしないと、症状が悪化するだけですからね。

 

 

 

気持ちを穏やかにする薬
DSC_0098
併用することで、怒りっぽくなるのを抑える効果も。
注意点は、ふらつき、食欲がなくなり、ずっと寝るなど
という症状が出てきます。
気づいた点をお医者さんに伝えましょう。

 

 

 

独り暮らしの場合は、大変でしょうね・・・・
独り暮らしの高齢者の認知症は増えてきているようです。
なので、ヘルパーさんなどを利用して見ていくしかありませんね。

 

 

 

進行を遅らせるリハビリ

認知症のリハビリの目的
DSC_0099
出来る事から、やっていく。
DSC_0100
子供の時や若い時の会話は、すらすらと話が出来るようです。
また音楽や楽器を使ったりするのも効果的だそうで
実例を挙げると、音楽の先生が認知症になったんですが
リハビリ施設でピアノを演奏すると、うまく演奏が出来た。
それで人に聞いてもらう事がうれしくなり、ピアノをそれからも
弾くことが出来るようになったと、体で覚えている記憶というものですね。

 

 

 

家事で行うリハビリ

家事は高度な記憶力と複雑な判断力が必要とされています。
いつもいつも同じことのように思いますが、料理一つとると
毎日同じメニューじゃないので、たくさんのレシピが頭の中を
駆け巡っているわけです、家事は大変ですよね。

 

 

 

認知症になってしまうと、一人でやることは難しいでしょうが
家族の方がいたりすると、出来るのではないでしょうか。
やることによって、達成感や自分の居場所があるという事で
大きな効果を得ることができます。

 

 

 

一緒に作業をする場合は、1つ1つお願いすること。
例えばカレーを作っている場合は、ジャガイモ切ってね~
人参切ってね~というように1つ1つお願いしてみる。

 

 

 

切り終わったら、うまくいってることを伝えましょう。
そうすることで、認知症の方が安心して作業に取り組めるので。

 

 

 

認知症の方は次の作業が確実にできるわけではありません。
その場合は、先回りして何をやるのかを教えてあげましょう。
そうすることで、不安を取り除くことができます。
失敗を防ぐという意味でも、必要かと思います。
一つの作業をやり終えたら、必ず感謝の気持ちを伝えましょう。

 

 

 

2015年7月2日放送 4日目 認知症の方とどう接するか?

身近な人が認知症になるとどう接すればいいのか?
認知症の方は大きな不安を持っています、なので
安心感を与えるようにしないといけません。

 

 

 

日常での接し方で必ずやってほしいことは4つ。
・ゆっくりと優しい言葉で
早く話してしまうと認知症の方は脳で言われたことを
消化することが出来ません。
なのでゆっくりと話してあげましょう。

 

 

 

・先回りして伝える
例えば認知症の方と自宅へ帰る時、左へ曲がれば自宅
だけど右へ行くと自宅ではない方向です。
その時に認知症の方は左に自宅があるという事が
わからない場合があります。

 

 

 

そういう場合は左か右、どっちかな~と
先にどちらかを伝えるのがいいかと。

 

 

 

・短く簡潔に
外へ出かける時、認知症の方はまだ部屋着のままです。
そういう場合、着替えて出かけるよ!っていっても
1つの事しかわからない場合が多いです。

 

 

 

なので、まずは着替えようか、という感じで
1つ1つ伝えることが大切です。

 

 

 

・できないことや失敗を非難しない
できなくなってしまっていて認知症の方は戸惑うのです。
なので失敗したからといって、何をやっている!
っていうようにしかりつけることはしてはいけません。
できるようになるまでとことん付き合ってあげましょう。

 

 

 

この4つは基本的に守らないといけません。
不安が多くなると表情やしぐさに出てきます、そこで
どれだけ優しく接してあげられるか。

 

 

 

厳しくあたってしまうと、外へ出かけたりするのも
嫌になったりして、認知症が余計悪化します。
寛大な心で認知症の方と接していきましょう。

 

 

 

対処に困ってしまう事もあります

進行するにつれて
・引きこもり
・物盗られ妄想
・興奮、暴力

などが認知症の方は起こしてしまいます。

 

 

 

この3つが起こる理由となる心情があるんです、これを理解すれば
対処へ近づけるかと。

 

 

 

認知症の方はまず意欲が低下してしまう事からはじまり
昔はできていたことが今になってできなくなり自信を喪失。
そして不安が増大し、人の目も気になってしまい引きこもりに
なってしまうんです。

 

 

 

人と話すことも極端に減ってしまうので、ますます認知症の
進行が早くなってしまいます、だけど引きこもりを
改善できたケースもあります。

 

 

 

70代男性で家庭菜園が趣味。
野菜の種を買ってきて、適切な時期、場所に種をまく。
だけど認知症を患ってからは、それらが出来なくなりました。
それで家庭菜園をやめてしまう事に。

 

 

 

そこでお医者さんに相談して、どうしたかというと
奥さんと一緒に家庭菜園をやったんですね。
奥さんが苗を買ってきて、それを奥さんと一緒に苗を植えると。
そしたら再び家庭菜園を楽しめるようになりました。

 

 

 

物盗られ妄想は認知症が初期から中度にあがる位で症状が出ます。
財布は大切なものなので特別な場所へしまったら
その閉まったことを忘れてしまうんですね

 

 

 

そして自分が納得をするために誰かが財布を盗んだ!
お前じゃないのか!っていう風に妄想をしてしまう。
こういう場合は一緒に探してあげましょう。
そして解決したことを喜びましょう。

 

 

 

他には一緒にお茶でも飲み、話題をすり替えるのも一つの方法。
そしたら話しているうちに、財布の事を忘れてしまいますので。

 

 

 

興奮と暴力、夜中に時々大声を出して暴力をふるう事があります。
まず家族の安全を確保しましょう、身を挺して止めようとは
考えないで、危険を感じたらそばから離れましょう。
人を読んで複数で対応したり、一時的に家から非難をする。
そういう事も考えておきましょう。

 

 

 

そして状況が落ち着いたら、いつどこでどんな状況
誰に対してなどの記録を取っておきましょう。
そうやって整理をしていくと、患者さんなりにどうして
起こったのかというのがわかってきます。

 

 

 

それでも収まらないのであれば専門医に相談をしましょう
あるケースで、家族が服を着替えさせているといきなり暴れたという
事があり、それは事前に着替えるという事を伝えず
いきなり体を触られたので、一体何をされるんだという
恐れの気持ちと、怒りの気持ちが出てきて暴力につながったと。

 

 

 

こういう着替えの場合は、いつも介助をしている人が
やらないといけません、そして視線を合わせて
着替えをしますよ、と伝えます。

 

 

 

認知症の方は視野が狭くなっているので、なるべく
真正面に立って話をしましょう。
以上となります、読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー