2018年4月23日放送のきょうの健康
今回は2日間にわたり便秘の特集
初日は症状と原因について
教えてくれるのは
横浜市立大学の中島淳先生。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

たかが便秘、されど便秘

排便の仕組みですが便は大腸で作られる
食べ物杯で消化され小腸で栄養が
吸収されます、そのカスが大腸へいく。

 

 

 

最初はドロドロとしていて腸の蠕動運動で
ゆっくりと肛門に向かって移動していき
液体から粥状、そして固形になっていく。

 

 

 

そして大腸内に一定量の便が出来ると
直腸へ到達し便意が出てきて
肛門から排出されるのです。

 

 

 

便秘の場合はどうなっているのか?
長く大腸にとどまっている事で
便から水分が出ていってしまい
便が硬くなってしまう。

 

 

 

その結果移動がスムーズにいかなくなる
これが便秘の状態です
では便秘の定義ですが
『便を十分量かつ快便に排出できない』
また排便回数が少ない、もしくは
排便困難の状態という定義がある。

 

 

 

回数で考えると排便の回数の目安は
週3回未満と言われている。

 

 

 

排便困難というのは蠕動運動は正常で
便は直腸まで来るがそこから
上手く便が出ないという状態。

 

 

 

強くいきんだり、残便感
肛門が便で詰まる、頻回便
等の症状です。

 

 

 

こういう事が起こる原因として
筋肉の衰えや、排便を感じにくい
排便を抑制する、過度のストレス
などがあります。

 

 

 

便秘が多いのは女性と高齢者

女性に便秘が多いのは
女性ホルモンの影響でぜん動運動が
緩やかになっているためと
考えられています。

 

 

 

またダイエットをしている人や
忙しくて食事がとりにくい人も
便秘になってしまう事も。

 

 

 

また便秘を起こしやすい病気がある

 

便秘を起こしやすい薬を使用する
・モルヒネなどの医療用麻薬
・精神疾患の治療薬

等が便秘を起こしやすいようです。

 

 

 

市販の下剤で便秘を起こしてしまう
という事もあるのです。

 

 

 

アントラキノン系下剤と便秘の関係
大腸の粘膜を刺激しぜん動運動を
強制的に起こし排便を促す

 

 

 

しかし日常的に長期間使用すると
ぜん動運動の働きが弱くなる

 

 

 

そのせいで薬の量を増やして服用し
刺激をより強く起こさせて
排便を促す、もしくはぜん動運動が
起こらないという事が起こる事もある。

 

 

 

また腸の粘膜を障害し粘膜を黒くする
大腸(偽)メラノーシス
起こす場合もある。

 

 

 

また便の状態をチェックする事も大切
特に形と硬さですね。

 

 

 

2018年4月24日放送 2日目 生活改善と薬

食物繊維で便秘をすることがある
という話があるのです、これは
どういうことかというと
便秘の人が適量に食物繊維を摂る事は
症状の改善につながるのですが
時に便秘の人が食物繊維を摂りすぎると
便秘が悪化する場合がある。

 

 

 

食物繊維には不溶性と水溶性がある
便秘に関係するが不溶性食物繊維。

 

 

 

便のかさを増す働きがありぜん動運動を
促す働きがあるのですが、便秘の場合
便がうまく肛門まで移動してくれないため
更にそこで不溶性食物繊維を多く
摂取したところで更に便のかさを増し
余計にぜん動運動が悪くなる。

 

 

 

不溶性食物繊維を多く含む食材はこちら

 

 

 

便秘の治療は4つの柱がある
・食生活
食物繊維を適量取り腸内環境を整える
発酵食品なども適量摂るようにしよう。

 

 

また水分をこまめに摂る事もポイント
便秘は便から水分が抜けてしまって
動きが悪くなっているので
水分をこまめに補給するとよい。

 

 

 

特に高齢者や前立腺肥大のある人は
水分を控える傾向があり
便秘を招きやすくなるので注意。

 

 

 

また腎臓病や心臓病などで
水分摂取量の制限がある人は
医師に相談しましょう。

 

 

 

・運動
排便時には腹筋や骨盤周辺の筋肉を
使用しています、この部分を
衰えさせない必要があります。

 

 

 

・排便環境

 

 

 

ロダンの考える人、あの考える姿勢を
とった銅像です、あれと便秘には
実は深く関係している、一体何が?
それは考える姿勢です。

 

 

 

実はこれ排便時の理想の姿勢なんです
こんな姿勢です

この姿勢で直腸が少しまっすぐになり
排便がしやすいのです
踏み台を足の下におくと
より排便時の姿勢がよくなるとのこと。

 

 

 

・薬
生活習慣を改善しても効果が
得られない場合に薬を使用

 

 


漢方薬の種類は
・大黄甘草湯
・麻子仁丸
・大建中湯

などがあります。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク