きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

慢性腰痛にはまず、運動療法から改善を目指そう、認知行動療法って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年7月29日放送のきょうの健康、2日間に渡り慢性腰痛についての特集
教えてくれる先生は、福島県立医科大学、整形外科助教授、渡邊和之先生です。
今回は初日で、痛みの原因と運動の効果という事について。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

慢性腰痛は脳に原因あり

腰痛の痛みというのは、このように分類されます。
DSC_0320
身体的なもの、例えば筋肉の炎症などが起こしていたり
という場合は、痛みも患部自体を改善できれば
良くなりますが、ここにストレスなどが絡んでくると
長引く腰痛に変化するそうです、慢性腰痛というものです。

 

 

 

慢性腰痛というのは、3か月以上続く腰痛が慢性腰痛です。
だけど慢性腰痛だと自分で決めつけるのはよくなくて
そこには、ただの慢性腰痛ではなくて重大な病が
隠されているかもしれないので、長引いている場合は
病院できちんと診てもらう必要があります。

 

 

 

ストレスの原因ですが・・・・

・家庭の人間関係 
・職場の人間関係 
・仕事の内容

というのがあります。

 

 

 

正常な人は腰に痛みが走ると脳でこのようなことが起こります。
DSC_0321
一方ストレスがある場合は、こうなります。
DSC_0322
痛みを遮断することなく、長く続くという事なんですね。

 

 

 

ストレスをかかえないようにするためには、上記の関係改善・・・
ですが今の時代簡単に仕事を変えても見つけられませんよね。
なかなか難しいことです。

 

 

 

慢性腰痛の治療とは?

3種類あります。
DSC_0323
運動療法がメインとなっているようです、薬物療法は補助的な役割
これは2日目に詳しく、認知行動療法も2日目に。

 

 

 

慢性腰痛と言っても
動かせないわけではないので、運動をして痛みを軽減していくと。
自分が好きな運動でも構いません。

 

 

 

散歩でもいいです、慢性腰痛で悩んでいた65歳女性が
散歩は最初5分しかできなかったのですが、毎日コツコツと
継続をして、ある程度の期間を経てなんと1時間も
歩けるようになったという事例があります。
腰痛自体も痛みがましになったという報告も。

 

 

 

このように運動をすることで、腰痛改善をするのは
脳の血液循環が改善され、正常な人の痛みを抑えるサイクルに
改善された
という事です、上記の
正常な人は腰に痛みが走ると・・・の画像を参照。

 

 

 

2015年7月30日放送 2日目 認知行動療法について

・自分でストレスを確認するチェックリスト
腰痛にはストレスも大きく関係していると言われています。
なので、自分がどれだけストレスを抱えているのか
というのもチェックできればいいですよね。
そのチェックリストがこちら。
DSC_0324

DSC_0325

 

 

 

このチェックリストで15点以上だと慢性腰痛にストレスが関与
していると考えられています。

 

 

 

薬物療法について

これらの薬が使われています。
DSC_0326
慢性腰痛の場合は、上記画像の上二つのお薬でも効果があまり
期待できない面があります、その際には

・抗不安薬
・抗うつ薬

などのお薬を使います。

 

 

 

どうして抗不安薬や抗うつ薬を使うのか?
抗不安薬の場合は
このお薬を使う事によって、不安や緊張を取り除く
そうすると、ストレスが減り、下行性疼痛抑制系の
働きがよくなるからと考えられています。

 

 

 

抗うつ薬の場合は
セロトニン、ノルアドレナリンが増える事で
下行性疼痛抑制系が働く
という事が考えられます。

 

 

 

慢性腰痛の治療の中では、この薬物療法はあくまで補助的な役割です。
メインとして行うものではないとのことです。

 

 

 

認知行動療法とは?

ある患者さんの例を紹介。
50代男性、仕事は管理職の方。
慢性腰痛に悩んでいて、検査を受けるも原因はわからず。

 

 

 

この方はノルマ達成、そして完全主義の方です。
それで先ほどのチェックリスト、ありましたよね?
あれを元に、この50代男性の事を色々と調べていきました。

 

 

 

そうすると、50代男性もこのような事を話しました。
・ノルマが多くなると痛みが強くなる
これがストレスになっている、という事を伝え
ノルマについての考え方を変えると、腰痛は劇的によくなったそうです。

 

 

 

他にも例を挙げると
・腰痛だと痛くて何もできない
このように思いがちですが、慢性腰痛は痛みがあるが
動いてはいけない、という事ではありません。

 

 

 

そこで、思い切って動かしてみて何かが出来ると
・痛くても何かが出来た
と、できたことによって考え方に変化ができ、それがきっかけで
腰痛がよくなるという事もあるそうです。

 

 

 

好きなことをやるというのも、効果はあるようです。
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー