きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

あの人の健康法

 

2018年1月8日放送のきょうの健康
今週は著名人たちの健康法の特集
初日は三浦雄一郎さんの健康法です。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

健康法には2種類ある!

三浦さんは以前、糖尿病に狭心症
等を患っており、人工透析寸前の
状態にまでなっていた
まさしく生活習慣病のデパート状態。

 

 

 

診察した医師からは余命3年という
ガン宣告みたいなことを言われていました。

 

 

 

身長は164㎝
当時の体重は90㎏でした
当時は冒険家を定年退職
といった事を考えていました。

 

 

 

エベレストへの再挑戦はお父さんの影響
三浦さんのお父さんは90歳で骨折を
3回もしてしまったが、念願だった
99歳でのモンブランでのスキーを達成
ここで三浦さんは火がついて
俺も頑張ろうとなったようです。

 

 

 

メタボをまず解消させていき
その時の体調が良ければエベレスト登頂
という事を考えていたとのこと。

 

 

 

三浦さんの持論では健康法は2種類あるという
1つは守る健康法
そして2つ目は攻めの健康法

 

 

 

守りの健康法は
軽い有酸素運動、そして規則正しい生活
現状の健康を守るためのもの
攻めの健康法は
より大きな負荷をかける運動

 

 

 

そこで思いついた方法が
ヘビーウォーキング、足首に重りを付け
背中にはリュックサックを背負う
リュックの中にも重りを入れている
朝起きてからも足首に重りをつけて
うろうろしたりすることもあったそうです。

 

 

 

三浦さんがこの時つけていたのは
・足首の重り 片足2㎏
・特注の靴  片方1.8㎏
片足につき約4㎏です
さらにリュック
・リュックサック 15㎏
これは相当きついでしょうね
でもかなり鍛えられるのは
間違いないでしょうね。

 

 

 

三浦さんは長い時は9㎞も歩くそうです
これは今の三浦さんだからこそ
出来るようになった事です、なので
始めてみようと思う場合は
まず重量を軽く調節しましょう
そうじゃないとケガをする
可能性だってあります。

 

 

 

しっかり膝を曲げて歩くことがポイント
この運動を長期的に続けるとで
体重が90㎏から80㎏と徐々に
下がっていった。

 

 

 

血液検査をしたお医者さんが
こんなに良くなるものなんですか?
というくらい正常値に近づいたそうです。

 

 

 

そして腰やひざの痛みも段々と
なくなっていき、骨密度は20代
太腿の筋肉量もラグビー選手並みに
ついているそうです。

 

 

 

三浦さんの2018年の目標は
出来るかどうかは未定の部分はあるが
9月にチョ・オユーという
ヒマラヤ山脈にある世界で6番目に
高い山の頭頂だそうです
それからスキーで降りてくる
凄い目標ですね!

 

 

 

健康の秘訣は
『夢、いつまでも』

 

 

 

2018年1月9日放送 2日目 鈴木登紀子さん

これまでに大きな病気を経験して
いらっしゃいます
87歳の時は大腸がん
89歳の時は肝臓がん
91歳の時は心筋梗塞
ご存命なのが不思議なくらいです。

 

 

 

鈴木登紀子さんは、がんを宣告された時
あらま~という感じだったようです
そして治療ですが、肝臓がんの時は
肝臓内にいくつかがんがあったので
ラジオ波焼灼療法を行いました。

 

 

 

比較的負担が少ないため
高齢者でも行える治療法です
しかし肝臓がんは再発しやすいため
数か月に一度は入院をして
検査と治療を続けています。

 

 

 

心筋梗塞が起こったのは
肝臓がんの継続治療の入院中に発症
不幸中の幸いという感じですね。

 

 

 

現在は健康のために踏み台昇降を
行っています、1日に30回から50回程

 

 

 

ばぁばの健康の源 食

登紀子さんは
食べる事は生きる事といいます

 

 

 

そのポイントが、減塩とお肉
登紀子さんはお肉が大好き、週に2回は
お肉を食べて後はお魚
100g程度を食べているそうです。

 

 

 

お肉は鉄分やビタミンが豊富
高齢者に不足しがちな
タンパク質も豊富です。

 

 

 

特にラム肉をよく食べている
柔らかく醤油味が合う
焼き加減も簡単だそうです。

 

 

 

登紀子さんが減塩をしているのは
むくみの為だと言います
そこで活用しているのが出汁

 

 

 

出汁のうま味を利用すると薄味でも
美味しいと思うとのこと

 

 

 

ばぁばおすすめの食事はこういう感じ

 

 

 

雷汁の作り方 4人分

水(カップ5)を入れて沸騰したお鍋に
かつお節(30~40g)を入れる
出汁を十分取る事で味噌少なめ
塩分控えめでも美味しい。

 

 

 

ひと煮立ちしたら火を止めて
10分間ほどおく、あく抜きも丁寧に
そして10分後紙タオルで濾します。

 

 

 

このだしを再び鍋に入れ味噌を加える
木綿豆腐は付近で包みまな板などで
重しにして20分ほど置く、その後
手でちぎり粗くほぐす。

 

 

 

ごま油(大さじ2と1/2)を熱し
豆腐全体に油をなじませてコクを出す

 

 

 

豆腐を器に入れて、そこへ
味噌汁をかけ、細ねぎ(適量)を
かけたら完成です。

 

 

 

ほうれん草の朝地あえの作り方 4~5人分

茹でて水気を切ったほうれん草(1ワ)に
醤油(小さじ1弱)を振る
これだけで下味がしっかりつきます。

 

 

 

そして風味付けのポイントが
ゴマ(大さじ4)を細かく切る事
布で包丁を覆うとゴマが飛び散らなくて
細かく切りやすいです。

 

 

 

切ったごまをほうれん草とあえる
これで更に風味が引き出せる

 

 

 

骨付きラムの有馬焼きの作り方 2人分
ラム肉(4本)に塩(小さじ1)醤油(大さじ1)
酒(大さじ2)を加えて5分ほど置き
小麦粉(適量)をつけてサラダ油を引いた
フライパンで焼いていきます。

 

 

 

焦げ目がつくまで焼いたら火を止めて
実さんしょうの佃煮(大さじ1で細かく刻む)を
食べる寸前にラム肉の上に振りかける

 

 

 

健康の秘訣は
『美味しく食べて、口福に』

 

 

 

2018年1月10日放送 3日目 安藤忠雄

2009年には十二指腸ガン
稀にしか起こらない乳頭部に
ガンが出来たそうです。

 

 

 

十二指腸の乳頭部というのは、すい臓と
胆管、十二指腸が合流する部分の事です。

 

 

 

そして2014年にはすい臓がんも発症
1度目のガンの際、十二指腸、胆のう
胆管、これらを切除し
2014年のすい臓がんの際には
すい臓、脾臓を全部取りました
5つもの臓器を切除したのです。

 

 

 

当時これらの病気が見つかった時は
前向きな気持ちで乗り越えていきました
安藤さんのモットーです。

 

 

 

現在、安藤さんの健康管理術は
病気の時は、医師や看護師のいう事は
きちんと聞き、病院食は薬だと思い
食べていたそうです。

 

 

 

そして運動、朝起きてから必ず
まずは4000歩あるいているそうです
1日では1万歩はあるくように
しているんだとか。

 

 

 

食事も病気前は早食いだったが
今はゆっくりと食べているそうです。

 

 

 

安藤さんは血糖値を毎日厳密に管理
しています、それもそうで
すい臓がないためインスリンが
出ないからです。

 

 

 

インスリンは血糖値を調節するホルモン
これが分泌されないので
血糖値のコントロールができない
なので自分でインスリン注射をして
毎日厳密に管理をしている。

 

 

 

健康の秘訣は
『あきらめない』

 

 

 

2018年1月11日放送 4日目 日野原重明

日野原さんは先日急逝されたという
ニュースがあり、インタビューはなく
過去のきょうの健康に出演された時の
選りすぐりの話をしていました。

 

 

 

24時間中18時間は働いていました
平均5時間ほどの睡眠で
時に徹夜する事もあったそうです。

 

 

 

病院でのスケジュールもびっしりで
息つく暇もありませんでした。

 

 

 

これだけがんばれた理由というのは
目標を達成した時の達成感からだそうです。

 

 

 

そしてどれだけ忙しくても
運動は欠かしませんでした。

 

 

 

エレベーターに乗らず階段を使う
早歩きで移動をする
という事を行っていた。

 

 

 

そして大きな筋肉を動かす事も
欠かさなかった、筋肉が発達しないと
立ち上がることが上手く
出来なくなると話していました。

 

 

 

身体を鍛えるというのは
精神面にも影響すると話していた。

 

 

 

食事も日野原流の工夫があった
朝に飲むものにはオリーブオイルを入れる
良性の油はとった方が良いという。

 

 

 

お米はあまり食べず、お肉を週に3回
魚は毎日食べるようにしていた
タンパク質摂取は非常に重要
筋肉や細胞の元ですからね。

 

 

 

健康とは、たとえ病気を持っていても
上手に生きている姿

最後はこのように話していました。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧