きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

インフルエンザ予防に早めのワクチン接種

 

2016年10月20日のきょうの健康、今回は
インフルエンザに備える、これから冬になっていくと
増えてきますからね、予防は必須となりますね。
教えてくれるのは、国立病院機構三重病院の谷口清州先生。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

インフルエンザと診断された人は2015年から2016年では
1316万人が患ったと言われています。

 

 

 

インフルエンザウイルスの種類は3つに分かれて
A型は大きく入れ替わることもあり、パンデミック
感染大爆発を起こす事もあり
B型は地域的な流行を起こす 2系統
C型は季節的な流行は起こさない 
という風にされていますが、ウイルスの表面には
突起があって、そこにはHの突起とNの突起が
あるんです、これがよく言われるH〇型っていうやつ。

 

 

 

A型だけでも、Hの型は16種類、Nは9種類あると
言われているそれを全て組み合わせると
144種類の亜型があるのです。

 

 

 

A型で大流行したインフルエンザがこちら
dsc_1802

 

 

 

インフルエンザの典型的な症状ですが
38度以上の発熱
   +
上気道の症状 鼻水、喉の痛み、咳
この2項目のいずれか1つ以上が出ると
インフルエンザと診断される。

 

 

 

重症化してしまうと、肺炎やインフルエンザ脳症に
なってしまう可能性もあるのですが、最近では
典型例や重症化以外にも、軽症
つまり鼻水やのどが痛いだけ、というタイプの
インフルエンザがわかってきている
無症候感染例、というのもわかってきた。
dsc_1803

 

 

 

インフルエンザを予防するのに有効なのが
やはりワクチンとなります、発症を5割、6割減少
成人の入院は約7割減少させることができる。

 

 

 

またワクチンは以前、A型2種とB型1種の
ワクチンだったのが
昨年からA型2種とB型2種の4種ウイルス混合に
なったのです、毎年作り替えられるとのこと
冬の間は効果が続いてくれるようです。

 

 

 

ワクチン以外での予防は、マスクをつけるのがベスト
不織布製のマスクはウイルスを防御する効果がある
もちろん手洗いも有効。

 

 

 

インフルエンザになった場合はこのような薬を
使用することになります
dsc_1804
しかし異常行動が出てしまうリスクはあります。

 

 

スポンサードリンク

妊娠中にお薬を飲むとどういう危険があるのか?

 

2016年10月19日放送のきょうの健康、今回は
妊娠中に気をつけたい薬、風邪薬すら飲めないと
言われていますよね、おなかの赤ちゃんにも影響
しそうですからね、どういう事に気を付ければいいのか?
教えてくれるのは、国立成育医療研究センターの
村島温子先生です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

こんな症例がありました、妊娠6か月の女性
のどの痛みや鼻水、微熱があったので
症状がひどくなる前に、市販の風邪薬を飲もうと
思ったのですが、その時に妊娠中なのに
飲んでも大丈夫なのか?不安になりました。
こういうケースはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

 

妊娠中は全ての薬が使えないというわけではなく
子供への害がない薬もあります、しかし
自己判断で服用するのがよくないです。

 

 

 

先ほどのケースの市販薬ですが、退治に影響を
及ぼすお薬もあるとのこと。

 

 

 

妊娠中に比較的安全に使える薬と注意する薬がこちら
dsc_1800

 

 

 

次に持病がある場合に妊娠した方の話ですが
ぜんそくもちで、ステロイド薬と気管支拡張薬を
吸入で治療をしていました。

 

 

 

妊娠をきっかけに自己判断で喘息の薬を
中止したのですが、すると明け方に咳の発作が
頻繁に起こるようになってしまった
なので吸入はやめる必要はなかったとのこと
局所に効く薬なので。

 

 

 

このケースでは自己判断でやめてしまったのがよくない
喘息がひどくなってしまい、酸素を取り込む力が
弱くなるので退治にも影響し、また妊娠高血圧症候群
という事になる可能性も出てくる。

 

 

 

妊娠の時期によっても、薬の影響は変わってくる
初期の場合だと、飲んでる薬にもよるのでしょうが
影響が出るので妊娠を考える場合は
そのあたりも考慮していかなければならない。

 

 

 

妊娠2か月から4か月、この時期が一番薬の影響を
受けやすい時期だと言われていて、この時に薬を
服用していると
・先天異常のリスクがある
・男女の外性器、口蓋に影響が出る

という可能性がある。

 

 

 

なぜ影響を受けやすいのかというと、この時期には
・中枢神経
・心臓などの重要な臓器
・手足

などが作られる時期だからです。

 

 

 

先天異常のリスクがある薬がこちら
dsc_1801

 

 

 

サプリメントに関してですが、注意してほしいのは
ビタミンA、摂取しすぎると害が出るとのこと。

 

 

 

妊娠4ヶ月以降は胎児毒性という事を
気にしないといけない、お母さんが飲んだ薬の
悪い部分が胎盤を通して赤ちゃんに影響
しないかどうかという事です。

 

 

 

・発育異常
・羊水量減少
・臓器障害

などのリスクがあるとのこと。

 

 

 

胎児毒性に影響のある薬ですが
・降圧剤 ACE阻害薬 ARB 胎児の腎臓に影響
・非ステロイド性消炎鎮痛薬 
・精神神経系薬 SSRI ベンゾジアゼピン系抗不安薬

 新生児薬物離脱症候群になる可能性がある
一過性のようなので、いずれ治るとのこと
症状としては、母乳をあまり飲まない、ふるえ、不機嫌。

 

 

 

精神神経系の薬は、自己判断でやめないで
メンタルの主治医に相談するようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク

動脈の病気がキケンな理由

 

2016年10月17日放送きょうの健康、今回は
2日間に渡り知っておきたい動脈の病気の特集
初日は大動脈瘤について
教えてくれるのは、浜松医科大学の椎谷紀彦先生。

サイレントキラーと言われる高血圧、血圧の測り方、生活習慣、薬で気をつけることは?

 

2016年10月10日放送のきょうの健康、今週は
サイレントキラー、高血圧についての特集。
1日目のテーマは、早朝の高血圧。
教えてくれるのは、自治医科大学の苅尾七臣先生。

腰痛の今までの常識は変わってきている、対策や治療法の紹介

 

2016年10月3日放送のきょうの健康、今週から
腰痛の徹底解説特集、初日のテーマは
腰痛が起きたら、について。
教えてくれるのは、福島県立医科大学の紺野愼一先生。