きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

C型肝炎の最新治療法とは、メディカルジャーナル

 

2015年9月21日放送のきょうの健康、今回は1か月に1回の
メディカルジャーナル、テーマは新薬で変わるC型肝炎治療。
教えてくれる先生は、国立国際医療研究センター国府大病院
肝炎・免疫研究センター長の溝上雅史先生です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

C型肝炎治療は進化する

現行の治療でよく耳にするのがインターフェロン治療というもの。
それから新規抗ウイルス薬という新しい治療法の
時代に向かっているんだとか。

 

 

 

C型肝炎を簡単にいうと、C型肝炎ウイルスが体内に入ることで
発症する病、慢性の肝炎を引き起こし、それが肝硬変
肝臓がんへと進化するとっても恐ろしい病です。

 

 

 

主な感染経路としては
・不衛生な状況でのピアスや入れ墨、美容整形
・覚せい剤や麻薬などの回し打ち
・カミソリなどの共有

などが感染経路となっています。

 

 

 

現在メインに行われている治療法は先ほどもお伝えしたように
インターフェロン治療です、ですが問題もあります。
・1b型のC型肝炎ウイルスに効きにくい
・副作用(発熱、全身倦怠感、うつなど)
・治療期間が長い(48週)

となっております。

 

 

 

C型肝炎ウイルスには遺伝子タイプというものがあります。
DSC_0464
1b型がほとんどですよね、それで効きにくいというのは
困ったものですよね。

 

 

 

なので、1b型のC型肝炎だとインターフェロン治療が
期待できないので、肝ひ護療法という治療法を行っています。
これは肝臓の細胞を守るという治療法です。
肝臓が破壊されるのを遅らせる治療法で、ウイルスを排除する
という事ではないのです、進行を抑えるだけです。

 

 

 

そこで、新規抗ウイルス薬というのが登場し治療法は
大きく変わってきたそうです。

 

 

 

新規抗ウイルス薬がこれ。
DSC_0465
一番下のお薬は今月から使えるようになったそうです。
機関がどれもインターフェロン治療の半分、もしくは
半分以下になりましたね。
今後も新しい薬が出てくる予定だそうです。

 

 

 

新規抗ウイルス薬の特徴
DSC_0466
以前よりも体の負担がだいぶ違うのではないでしょうか。

 

 

 

更に治験ではありますが、ウイルスの排除率というのがあります。
DSC_0467
85%以上ということはかなり高いですね。

 

 

 

ウイルスを駆除するという事に関しては、素晴らしい成果を
あげれていますが、肝臓の状態がもし、肝硬変や肝臓がんに
なっていると、その状態がよくなる、という事に関しては
まだ研究段階だそうです。
肝臓がんになっていない状態ですと、発症率はかなり
下げられると考えられているそうです。

 

 

 

上記のデータというのは
・以前インターフェロン治療を受けていて思うように
 状態がよくならなかった
・インターフェロン治療を中止していた

という患者さんたちの治験のデータだそうです。

 

 

 

気を付けてほしいことは、お薬を最後まできちんと
服用するという事だそうです。
お薬を飲むのをやめたり、また飲んだり飲まなかったりを
繰り返すことで、ウイルスが耐性を持つ可能性があるから。

 

 

 

正しく服用した場合だとこうなります。
DSC_0468
飲んだり飲まなかったりすると、紫のグラフのようになってしまいます。
必ず薬は飲むようにしましょう。

 

 

 

治療の費用ですが、1回の治療で8万円するそうです。
高いですが自己負担は1万円から2万円位だとのこと。
肝炎治療の補助を受けられるからです。
詳しくは全国の自治体で調べるといいかと。

 

 

 

新規抗ウイルス薬の治療を受けたい場合は
日本肝臓学会のホームページを参照。
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧