きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

抗がん剤治療、食事が出来ない・・・どう食べればいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年2月15日放送のきょうの健康、今回は
抗がん剤治療中の食事について。
2日間の特集で、1日目のテーマは
食事で悩んでいませんか?
教えてくれるのは、静岡県立静岡
がんセンターの山口建先生。

 

 

 

そもそもどうして抗がん剤治療で食べられなくなるのか?

ガン自身も、食欲低下物質や通過障害などを
引き起こすのですが、がんが治らないと改善は
されることもありません。

 

 

 

治療の影響で食事が進まないし、心の影響
というのも考えられます。

 

 

 

抗がん剤はがん細胞を攻撃し、増殖を抑えないように
していますが、がん細胞だけではなく
消化管の粘膜まで攻撃してしまい、食べられなくなる。

 

 

 

次にがんを攻撃することで、炎症を起こして
炎症性サイトカインや老廃物が脳へ行き影響を与える。
食事の中枢神経にも当然悪い影響があり食べられなくなると。

 

 

 

食に関連した主な症状がこちら。
DSC_1168

 

 

 

抗がん剤による食の副作用は、薬をやめると
食事はとれるようになってきます。
食に関する副作用の現れ方はこうなっている。
DSC_1169
人によって変わりますが
トータルでは1週間は副作用が続く感じですね。
飲み薬は症状は軽い感じがしますが、持続的に
続くようですね。

 

 

 

では食べられない時の対処はどうすればいいのか?
DSC_1170
抗がん剤治療をしている人は、水すら口に
入らないようですからね、口にしたい時って
あるのかな・・・・

 

 

 

口内炎も副作用であるのですが、予防をするために
このような事をしたらいいようです。
DSC_1171

 

 

 

2016年2月16日放送 2日目 食事をどうたべるか?

 
教えてくれるのは、静岡県立静岡がんセンターの
稲野利美先生です。

 

 

 

基本的には
『食べたいときに食べたいものを食べる』
という事を心がければいいようです。

 

 

 

その際に、食材の種類や時間、回数などの
ルールはないという事も頭に入れておきましょう。

 

 

 

また料理の盛り付けは控えめにしましょう。
盛り上がっている料理を見ると、それだけで
食欲がでない気分になることがあるようなので。

 

 

 

体調がいい時も、抗がん剤治療中にはある日が
出てくるかもしれません、そういうときの為に
すぐに食事が口に出来るようにしておく工夫も
必要になってきます。
いなり寿司やおにぎりなどを、冷蔵庫に常備しておくなど。

 

 

 

また栄養価を高いものを食べるようにしましょう。
無理をしないレベルで、例えばおうどんに
山菜やキノコ類などを足したりとか、お粥に梅干しなど。

 

 

 

次に、臭いがつらいという人も中にはいるかと思います。
その場合は、暖かいうどんを冷汁にしたりして
臭いを抑えるよう工夫してみましょう。
冷ますと臭いって強くないですからね。

 

 

 

口内炎がある場合は、食材の形や柔らかさ
味付けや温度を考慮してみましょう。
茶わん蒸しは食べやすい料理だそうです。

 

 

 

水分の多い食事を食べるようにしてみましょう。
熱いものなどは避けるように。
あまりにひどい時は、流動食や栄養補助食品の利用も
考えていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー