きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

人工知能と医療の組み合わせ、現在研究が進められている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年4月27日放送のきょうの健康、今回は
1ヶ月に1回放送されるメディカルジャーナル
今回は人工知能が医療を変える、という特集
教えてくれるのは、慶応義塾大学の岸本泰士郎先生。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

人工知能は現在、世界でどれだけ使われているのか?

わかっているだけで、ガン、皮膚科と放射線科に
人工知能を使った医療が行われているんだそうです。

 

 

 

人間の知的な知能を機械に代替させようとする
これが人工知能の大まかな仕組み。

 

 

 

機械学習で膨大なデータを読み込み、現状判断をし
未来予測をする、そして特徴を見つけたり
シミュレーションをしたり、情報を検索したりする。

 

 

 

医療においてはどう使われているのかというと
機械学習で多くの患者データや医学論文を蓄積し
患者さんにとって、最適な診断、治療を素早く
推定するのです。

 

 

 

既にうつ病の診断にも使われている
これはまだ実用化されていません。

 

 

 

精神科の病気の診断、基本は患者と医師の会話ですが
この時に医師は、気分、考え方、日常生活の様子
症状などを聞き取っていきます。

 

 

 

次に、表情、声、口調、身体の動作などを観察
その結果、典型的な患者とどう類似しているか?
正常からどの程度逸脱しているか?
という事を考え、病気を診断しています。

 

 

 

うつ病の場合は、気持ちが沈みやすくなる
興味や関心を失う、気力が低下する
というのが典型的な特徴としてあります。

 

 

 

これなら人工知能でも・・・と思うかもしれませんが
医師の微妙な判断というのは、それぞれ違うので
難しい場合があるのです。

 

 

 

人工知能の研究は活発に行われている

そういう事も踏まえ、2015年11月から研究を始めた
・表情、声、口調、からだの動作、会話内容の数値化
・精神症状の重症度診断を明確化
・リアルタイムで診断を支援

これらを研究し、医師の診断を支援する。

 

 

 

現在は450名程度のデータが集まっているとのこと
どのように行っているのかというと、診察時に
マイクに向かって話してもらい
・声の質
・会話内容
・話す速度
・応答速度

というものを録音します。

 

 

 

それを解析し記録していく、他にもカメラで
表情の動き、赤外線カメラで動作速度や
落ち着きのなさも録画していく。

 

 

 

別の方法でも集めていて、日常の活動量や
睡眠のデータも記録していく。

 

 

 

これらのデータが、機械学習をする
メインコンピューターに送られていきます。

 

 

 

うつ病以外では認知症も研究が行われているとのこと
実用化の見通しは、数年ごと言われています
でもまだ伸びそうな気もしますが・・・

 

 

 

実用化で期待されることは
・治療の開始基準の明確化
・新薬の開発促進
・病期の予防、早期発見
・治療効果がわかりやすくなる

などです。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー