きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

長寿の秘密が少しずつ解明され始めた!メディカルジャーナル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年10月19日放送のきょうの健康、今回は1か月に1回の
メディカルジャーナル、テーマは解明進む長寿の秘密
教えてくれる先生は慶応義塾大学の新井康通先生。

 

 

 

100歳を迎えられた方の事を百寿者というのですが
現在、どうして1世紀もの時間を過ごせたのか?
という研究を世界中で行われているようです。
長寿の秘密が隠されているかもしれませんからね。
日本では健康寿命と平均寿命にはこれだけの開きがあります。
DSC_0686

 

 

 

健康長寿のカギが2つ見えてきた

・慢性炎症を抑えれば健康寿命
・長寿の家系は染色体の端にあるテロメアが短くなりにくい

という研究結果が出ました。

 

 

 

研究の対象になったのはこの方たち
DSC_0687
最大10年間の調査をしたそうです、これだけ長い期間は
世界でも例をみないそうです。

 

 

 

健康長寿にあたって調べたい指標が4つ
DSC_0688
他にもこのような項目も
DSC_0689
これらを分析した結果、慢性炎症が少ないというのが
健康長寿であるという結果が出たそうです。

 

 

 

慢性炎症というのは

DSC_0690
様々な病気を引き起こす可能性があるようです。

 

 

 

慢性炎症の原因の一つは肥満
DSC_0691
また、がんやアルツハイマー病も慢性炎症が
関わってくるのではないかと言われてます。
他にも加齢そのものも慢性炎症と関係しています。

 

 

 

理由は2つあり
・免疫の低下
・細胞の老化

というのが挙げられます、ですが個人差はあります。

 

 

 

慢性炎症の程度が低いほど
・日常動作の自立度
・認知機能

この2つが高く保たれているそうです。

 

 

 

テロメアが短くなりにくい

テロメアは、人体の細胞の中にある核、その中に染色体
というものがあります、その染色体の末端にはDNAの
同じ配列が多数繰り返されているものがあり、これを
テロメアといいます。

 

 

 

DNAとしての役割はありませんが、遺伝子の末端を保護して
安定に保つような働きをします。
テロメアは細胞が分裂するごとに、配列は短くなります
ある限界までいくと、細胞の分裂は停止して
それ以上は短くならないとされています。
それが細胞の老化した状態と言われています。

 

 

 

一般の人はテロメアが短くなっていくのですが
百寿者の方たちは、テロメアの長さが短く
なりにくいという研究結果が出ました。
恐らくテロメアが短くなるのが、一般の人よりも
緩やかだったのでは?と考えられています。

 

 

 

百寿者の子供も、テロメアは短くなっていないという
研究結果も出ています。

 

 

 

私たちが長寿でいるためには
・慢性炎症を抑えるには食べ過ぎ、運動不足を改める
百寿者の多くは中年の頃から腹八分目の食生活だったとのこと。
以上です。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー