きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

脂質異常症の症状や治療法、気を付けたいポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年2月6日放送のきょうの健康
今週は脂質異常症の特集
1日目は、油断すれば動脈硬化
教えてくれるのは、りんくう総合医療センターの
山下静也先生です。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

脂質異常症には大きく分けて2種類ある

・家族性高コレステロール血症
遺伝子が原因で、コレステロール値が特に高い

・食後高脂血症
中性脂肪が食後に思いがけず増える

 

 

 

自覚症状がないため油断していることが多い
そのため、動脈硬化が進行していることもある。

 

 

 

動脈硬化は簡単にいうと、血管が硬くなり
血管が狭くなっていく、そして狭くさせている
血管のこぶ、プラークというのですが
この中にはコレステロールが詰まっている。

 

 

 

このプラークが破れると血栓ができて血液の流れを
止めてしまうことがある、そうなると心筋梗塞や
脳梗塞を引き起こす原因に。

 

 

 

しかし、コレステロールは体にはなくてはならいもので
細胞膜やホルモン、胆汁酸の材料となっているのです
なのでコレステロールは欠かせないもの。

 

 

 

コレステロールは食べて得るものもあれば
肝臓内でも作られています。

 

 

 

コレステロールにも善玉と悪玉があります
悪玉コレステロールはLDLコレステロールとも
言われていて、油なので水には溶けにくいので
水に溶けやすい物質に包まれて血液内をめぐり
全身へと運ばれます。

 

 

 

LDLが様々な原因で増えすぎると血管壁にくっついて
動脈硬化になってしまう。

 

 

 

次に善玉コレステロールですが、肝臓から細胞へと
運ばれるだけではなく、余ったコレステロールを
肝臓へと回収する、HDLという物質が回収
血管壁にくっついたコレステロールも回収
してくれる役割がある優れものです。

 

 

 

次に中性脂肪ですが、これは体のエネルギー源
コレステロールとは別物だとお考え下さい
これはお腹などに蓄えられて、溜まりすぎるのが肥満。

 

 

 

以前は肥満との関連性ははっきりと
わかっていなかったのですが
近年、中性脂肪が血液内に多いと
悪玉コレステロールと力を合わせて動脈硬化を
更に進行、悪化させてしまうという事がわかってきた。

 

 

 

もうちょっと詳しくいうと、中性脂肪はLDLを
小型化させてしまい、更に血管壁に入りやすく
させてしまうのです、これは超悪玉とも言われている

 

 

 

また善玉菌にも悪さをしてしまい、HDLに
本来の働きをさせないようにします。

 

 

 

脂質異常症の診断基準です

1つでも基準値を超えれば脂質異常症の疑い
そして心筋梗塞発症の危険度もこうなっている

 

 

 

次に治療はどのようにしていくのか?
脂質異常症の原因として
・偏った食事
・食べ過ぎ、運動不足、肥満

という場合には、生活習慣を改善するところから
始めていきます、これでだめなら
お薬を使った治療を始めていきます。

 

 

 

また、家族性高コレステロール血症や糖尿病
甲状腺機能低下症のような生活習慣以外の場合は
これらの原因があればその治療もやっていく。

 

 

 

病気を起こしている、起こしていないでは
悪玉コレステロールの目標値は変わってきます
・狭心症や心筋梗塞をすでに起こした 100未満
今年から更に厳しくなる見込み
・糖尿病、慢性腎臓病、脳梗塞
 末梢動脈疾患 120未満
・高血圧、喫煙、男性、年齢 120~160未満

程度によって変わってきます。

 

 

 

2017年2月7日放送 2日目 家族性高コレステロール血症

原因は遺伝子といわれていて、普通の脂質異常症との
違いがあり、コレステロールの使われ方が
おかしくなっているといいます。

 

 

 

通常LDLが細胞に吸収される過程というのは
細胞付近にLDLが近づいてきて、細胞にある
LDL受容体というものに取り込まれて細胞の内部へ
入ることができる。

 

 

 

家族性高コレステロール血症の場合は、この
LDL受容体が異常を起こしていて
LDLが細胞内に入ることが出来ず
血液内に増殖してしまう
これが全て悪玉コレステロールとなる。

 

 

 

またこの病は胎児の時からLDLの数値が高く
比較的若い時にでも動脈硬化を発症してしまう。

 

 

 

遺伝子は両親からそれぞれ譲り受けるもので
正常であればそこに変異がないのですが
片方の遺伝子に変異がみられる場合はヘテロ型
両方とも変異がみられた場合はホモ型といいます。

 

 

 

発症割合です

家族性高コレステロール血症に気づいている人は
100人に1人いるかどうかというレベルです。

 

 

 

遺伝子の変異が少しわかりにくかったかと思うので
こういう図を見てみましょう


これはあくまでも確率なので、この通りに
なることはありません。

 

 

 

家族性高コレステロール血症の診断基準です

2つ以上に当てはまっている場合に
家族性高コレステロール血症の疑いがある。

 

 

 

家族性高コレステロール血症の治療法

 

 

 

お薬で一番に使われるのがスタチン、その他には
エゼチミブ・プロブコール・レジンを併用
昨年、新しい薬でPCSK9阻害薬というものが
登場しスタチンとの併用でLDLコレステロールを
7割も低下させることができる。

 

 

 

子供の場合の治療法はこうなっている

 

 

 

2017年2月8日放送 3日目 食後高脂血症

食事をした後に
コレステロールが異常に増えるのが食後高脂血症
食事で取り入れた脂は小腸で一旦吸収され
中性脂肪などの巨大な塊が作られ血液に入る
そして肝臓に入る前に、どんどん姿を変えていく

 

 

 

中性脂肪がドンドン分解されていき小さくなり
脂肪酸というものになって、塊から離れていく
脂肪酸は細胞に入りエネルギー源となる

 

 

 

そして血液中に残った
この中性脂肪の残りかすようなものを
レムナントといいます。

 

 

 

どんな人でもこのようなプロセスが起こる、しかし
この肝臓へ送っていく作業がぐずぐずして
なかなか進んでいかない人がなかにはいて
レムナントが血液中に非常に増えて長時間留まる
この時に血液検査をすると中性脂肪は異常な数値となる
これが食後高脂血症の正体です。

 

 

 

食後高脂血症とそうでない人の中性脂肪値の
差がこのようになっている

食後高脂血症の目安は、4時間後に中性脂肪値が
200㎎/dl以上となっている。

 

 

 

動脈硬化との関係ですが、先ほどのレムナントの話に
戻りますが、レムナントは中性脂肪の他にも
コレステロールも含んでいる、血液中に長時間居座り
それが血管壁に入り込み、コレステロールが溜まり
プラークができて、動脈硬化となる
しかも悪玉LDLコレステロールよりも
血管壁に入り込みやすいといいます。

 

 

 

食後高脂血症の検査ですが、確実なものはなくて
山下先生の場合はこのようにやっている
12時間絶食し採血し、その後高脂肪食を摂取
1時間、2時間、3時間、4時間、6時間、8時間後に
採血をして、中性脂肪値を調べていく。

 

 

 

最新研究では、空腹時の1回の血液検査で
食後の中性脂肪の上昇を予測するというものもある。

 

 

 

食後高脂血症の対策

特に肥満の方やメタボの方は気を付けましょう。

 

 

 

2017年2月9日放送 4日目 食事、運動、薬で治療

まず食事での治療法ですが、伝統的な日本食がおススメ
ポイントはこうなっている。

 

 

 

肉を減らし魚を増やす、これはもう何度もテレビでも
言われている事ですが、肉と魚では油の質が違う
肉は飽和脂肪酸という脂肪で、これは悪玉が多い
魚は不飽和脂肪酸が多く含まれている
これは悪玉を増やさず、中性脂肪を減らし
動脈硬化を防ぐ、青魚に多く含まれている。

 

 

 

次に調理の油に注意、画像をご覧ください

 

 

 

食物繊維を増やす
悪玉の値を少し減らす
小腸で吸収を抑えるためだと言われている。

 

 

 

大豆製品を増やす
大豆にも食物繊維が多く、不飽和脂肪酸も多い

 

 

 

卵は控えめに
コレステロールが多いので悪玉を増やす恐れがある
摂りすぎないように気を付けましょう。

 

 

 

食べすぎは絶対ダメ
食べ過ぎによる肥満、脂質異常症、狭心症や
心筋梗塞の原因にもつながるためです。

 

 

 

脂質異常症の運動療法

 

 

 

自宅で運動をする場合は、ベンチステップ運動
というものがありますので是非やってみましょう
体力に応じて、20回、15回、10回という感じでやる。

 

 

 

脂質異常症の薬はこうなっている

まずはこのような脂質異常症にならないような
生活を送ることが大切ですね。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー