きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

胆のうがんと胆管がんの情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年7月21日放送のきょうの健康、今回は
胆のう、胆管のがんの手術についての特集。
教えてくれるのは、東京大学大学院、阪本良弘先生。

 

 

 

胆のうや胆管の役割

胆のうは、肝臓で作られた胆汁をためて
消化を助ける働きをする。
位置は肝臓の下側辺りにあり、胆管と
繋がれております。

 

 

 

胆のうがんや胆管がんというのは発症率自体は
それほど高いわけではありませんが、亡くなられる
方はがん全体では6位に位置しています。

 

 

 

なぜこれだけ多いのかというと
まず胆のうがん、これは症状が出にくく発見された
時には既に進行していることが多い。
胆管がんの場合だと、黄疸などが出てきて
何かしらの症状は出ますが
症状が出にくく、見つかった時にはすでに進行している
診断や治療にも専門的知識が必要となってくる。

 

 

 

他にも胆管がんの症状はこのようなものがあります
DSC_1585

 

 

 

胆のうがんが進行するとどうなるのか?
進行するとがんも大きくなるので、胆管をせき止めたり
して胆汁をだせなくさせたり、右上腹部に
しこりを感じる事もあります。

 

 

 

胆のうがんや胆管がんの検査はこうなっている
DSC_1586
EUSというのはあまり聞きなれませんが
十二指腸の部分まで胃カメラを入れて超音波をあてる
するとがんの形や深さがわかるようです。

 

 

 

胆のうがんと間違えやすい病気も実はあります。
DSC_1587

 

 

 

胆のうがんだとわかった場合は、他にもこのような
所を調べる事になる
・リンパ節への転移
・大腸、十二指腸、肝臓への浸潤
・肺や肝臓などへの転移

などを調べます。

 

 

 

胆のうの壁はこのようになっています。
DSC_1588
固有筋層へ到達するとリンパ節転移の可能性が出てきます。

 

 

 

胆のうがん、胆管がんの治療法

まず胆のうがんからですが、開腹胆のう摘出術を
していきます、ポリープの場合だと
1㎝未満は経過観察として、1㎝以上になると
腹腔鏡手術と上記の摘出術をします。

 

 

 

ここで思うのが、胆のうは全摘出しても大丈夫なのか?
という所ですが、実は胆汁を作っているのは
肝臓なので胆のうを摘出しても消化機能は保てます。
正し消化不良には気を付ける。

 

 

 

次に胆管がんの場合、深さと位置と広がりを
見ていかないといけません。
仮に胆管の上の方にできると肝臓を半分ほど
胆のうを全摘出をしますし、胆管の下の方に出来ると
胆のうやすい臓、十二指腸を摘出します
これを膵頭十二指腸切除と言われております。

 

 

 

胆のうがん、胆管がんで手術が出来ない場合は
放射線治療(胆管癌のみ)抗がん剤治療を
行う事になります。
以上です。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー