きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

胃の病気の原因や最新の治療法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年8月1日放送のきょうの健康、今週は
胃の病気の最新治療について。
1日目はピロリ菌の検査と除菌について。
教えてくれるのは、兵庫医科大学の三輪洋人先生。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ピロリ菌が胃に棲みつく原因は?

50歳男性のAさん、健康診断でも大きな異常はなく
健康に過ごしてきましたが、奥さんに
自治体が行っているバリウムと内視鏡検査を
勧められ受けてみることに。

 

 

 

すると胃がんが判明しました、ピロリ菌にも
感染していたこともわかったのです。
胃がんの人の95%以上は感染していると言われています。

 

 

 

ピロリ菌は10歳頃までに感染をします、理由は
食べ物の口移しや不衛生な水が原因と考えられる
現代では感染リスクは少なくなってきています。

 

 

 

ピロリ菌が胃に入ると、胃の粘液の部分に棲みつきます。
そして年月が流れると、次第に胃の粘膜を傷つける
そこに炎症が起きて、これがピロリ感染胃炎。

 

 

 

こうなると粘膜の遺伝子も傷つけてしまい、これが
がん細胞を生み出して、胃がんになる可能性を
上げてしまう、という事になるのです。

 

 

 

ピロリ菌の感染率ですけど、年齢が40歳を超えている人は
感染者も多いです、先ほど言った
不衛生な水を飲んだりしてのが原因のためです。

 

 

 

現在胃がんの発症は13万人とも言われている
年間5万人は亡くなっているとのこと。

 

 

 

ピロリ菌検査必要度チェック

1 家族などに胃がんの人がいる
2 塩辛いものをよく食べる
3 喫煙している
4 胃痛を感じる事がある

 

 

 

塩辛い食べ物、喫煙は炎症をさらに強くします。
気を付けないといけませんね。

 

 

 

この4つのチェック項目は、出来れば中学生
以上の人たち全員に受けてもらいたいのが本音だそうです。

 

 

 

理由はピロリ菌に感染している期間が長いほど
胃がんになりやすいためです。

 

 

 

ピロリ菌感染を調べる検査

いくつかありまして
・尿素呼気試験
・抗体検査
・便中抗原検査

これでもし、感染が判明したら
内視鏡検査を行います。

 

 

 

健康な人の胃は、瑞々しくひだも多いです
ピロリ感染胃炎の人の胃は赤くただれ
ひだもほとんどありません、若い人が感染
している場合は、赤くただれた中にもひだがあるそうです。

 

 

 

検査は、消化器科や内科や人間ドック。
自治体でも行われていることがあるとのこと。
費用は地域によって変わりますが、3千円から5千円で
受けられるそうです。

 

 

 

ピロリ菌の感染が分かった場合

除菌治療を受ける必要があり、3種類の飲み薬を
1日2回、1週間飲むことになります。
・アモキシシリン
・クラリスロマイシン
・カリウム拮抗型 胃酸分泌抑制薬もしくは
 プロトンポンプ阻害薬

を服用します。

 

 

 

これが1次除菌で、1ケ月から2か月後に再び検査
そこで残っていれば2次除菌で、残っていなければ
治療は終了という事になります。

 

 

 

2次除菌には、クラリスロマイシンを
メトロニダゾールに変更します。

 

 

 

除菌の成功率は9割位の除菌成功率があります
1次2次を合わせると、なんと99%の除菌率がある。
副作用は、下痢、味覚異常、口内炎などがあります。

 

 

 

除菌したからといって、胃がんのリスクが完全に
なくなったわけではありません、なので除菌後も
定期的な検査をする必要があります。

 

 

 

気を付けておきたいことがもう一つあり、以前
ピロリ菌に感染していた人が、胃がんになるケース。

 

 

 

ピロリ菌により胃粘膜の萎縮が進み過ぎると
やがてピロリ菌はすめなくなる、こういうパターンが
最も胃がんのリスクが高いと、言われているのです。

 

 

 

2016年8月2日放送 2日目 胃がんの手術

胃がんの段階は3つに分けられるそうで
・第1段階
胃の中にがんがとどまっている
内視鏡治療で済む。

 

・第2段階
胃のリンパ節に転移する
胃と周囲のリンパ節を手術する

 

・第3段階
肝臓や腹膜に転移する
手術不能なので抗がん剤でがん細胞を小さくしていく

 

 

 

内視鏡治療と手術の境目というのは
胃の中でガンがどれだけ浸潤しているかで決まる。

 

 

 

胃の粘膜でとどまっている場合は、内視鏡治療で
問題ありませんが、条件があり
1 がんが転移していない
2 内視鏡でガンがとりやすい
3 幅2㎝以内でガンに潰瘍がない

という条件があります。

 

 

 

では手術を必要とするのは
粘膜下層、筋層、しょう膜
まで浸潤している場合です。
DSC_1604

 

 

 

内視鏡治療で現在主流になっているのがESD
(内視鏡的粘膜下層剥離術)
治療時間は1時間から2時間ほどで終了します。

 

 

 

胃がんの手術ですが、2種類あって
胃全適術、この場合は胃の上部にがんがある場合に
選択されることが多く、胃と周りのリンパ節も
切除してしまいます。

 

 

 

次に幽門側切除術、これは胃の下部にがんがある
場合に適用される、胃の下部3分の2以上
切り取ります。

 

 

 

しかし最近では手術の方法に変化が・・・
ある体験者のケースを紹介。

 

 

 

50歳男性の方、幅5㎝の胃がんが見つかり
従来は手術でとるものでしたが、内視鏡治療も
出来るようになっているそうです。

 

 

 

しかし絶対的条件があって、がんが粘膜内に
留まっている、他にがん細胞がおとなしいかどうか。
次にがん細胞がおとなしくない場合でも、幅が
2㎝以内で潰瘍が無い場合、最後にがん細胞がおとなしく
幅3㎝以内、潰瘍がある場合でも内視鏡治療の適用と
なる場合もあります。

 

 

 

これは高い内視鏡技術と経験が多い医師がいる
所で受けられます。

 

 

 

2016年8月3日放送 3日目 胃がんの抗がん剤

60歳男性の方、酷い胃もたれと体重減少があり
病院へ行くと、胃がんが見つかり肝臓にも
転移していました。

 

 

 

抗がん剤の一次治療をすることになりました
しかし抗がん剤の効果はみられず、2次治療を
することとなりました。

 

 

 

抗がん剤を使う基準

手術が出来ない場合
・離れた場所に転移している
・手術後に再発

これでがんの増殖を抑えるため。

 

 

 

次に補助的に使う場合もある
・手術前にガンを小さくし切除しやすく
・手術後再発防止のため

という使い方ですね。

 

 

 

従来は使ってみないとわからないと言われた抗がん剤治療
しかし最近では、効果が予測できる薬を
選んだうえで出来るだけ長く使えるように
抗がん剤を使用しているそうです。

 

 

 

最近の抗がん剤治療は、生存率が昔では抗がん剤を
使用しても3か月程度だったのが
現在は1年半や2年を超えるという人もいるようです。

 

 

 

副作用もつらいのですが抑える薬も併せて使う
という事もしているとのこと。
また減量基準も確立されてきている。

 

 

 

抗がん剤治療を始める前にやることがあり
HER2検査を行います。
HER2=がんの増殖を刺激する物質です。

 

 

 

陽性と陰性では、使用する抗がん剤も変わってきます
DSC_1605

DSC_1606
下2つの抗がん剤は、腎障害がある場合に
もちいられることが多いそうです。

 

 

 

S-1の副作用は
・白血球減少
・下痢
・口内炎
・皮膚の色素沈着
・食欲不振

 

シスプラチンの副作用は
・白血球減少
・腎毒性
・食欲不振
・強い吐き気

 

 

 

次にHER2が陽性の場合の抗がん剤治療
DSC_1607

DSC_1608

 

 

 

HER2が陰性、陽性での抗がん剤治療でも効果がない場合
2次治療をしていくことになります。

 

 

 

従来では
・パクリタキセル
・イリノテカン
・ドセタキセル

という抗がん剤を使っていましたが
最新の抗がん剤治療では
・パクリタキセルとラムシルマブ
この2つを併用します。

 

 

 

ラムシルマブは分子標的薬の一つ、分子標的薬は
がん細胞から出るがんの血管新生を
阻害する役割があり、血管新生を阻害され
がんが大きくなることがないため増殖を
抑えられるというものです。

 

 

 

治療期間はこのようになっています。
DSC_1609

 

 

 

2016年8月4日放送 4日目 機能性ディスペプシア

30歳女性の方は、食後の胃もたれや胃の痛み
早期満腹感に悩まされていました。
医療機関を受診しても、異常はみられず
ストレス解消しなさいと言われたそうです。

 

 

 

しかしこのような症状を抱えている人は
近年多いと言われているのです
これを機能性ディスペプシアといいます。
以前は慢性胃炎や神経性胃炎と言われていました

 

 

 

機能性ディスペプシアの定義ですが
胃もたれ、早期満腹感、胃の痛み
などの胃の症状が慢性的にあり、胃の
画像検査で異常がみられない。
これが機能性ディスペプシアの定義です。

 

 

 

日本人に10人に1人は患っているのではないかと
言われております。

 

 

 

どうして早期満腹感となるのでしょうか?
食べ物が胃に入ると、反射的に胃の上の部分が
広がります、しかし機能性ディスペプシアを
患っている場合は、胃の上の部分の広がりが
起こらないため、少し食べただけでもお腹いっぱいに
感じてしまうと考えられている。

 

 

 

次に胃もたれがどうして起こるか?
通常は食べ物が胃に入ると、消化され胃が
蠕動運動をして、十二指腸に食べ物を運びます。

 

 

 

この蠕動運動がうまくいかないため
胃もたれを起こしてしまうと考えられる。

 

 

 

最後に胃の痛みがどうして起こるか?
通常胃液があっても粘膜などがあるために
痛みを感じる事はありませんが、胃が知覚過敏を
起こしてしまうと胃が痛くなってしまうと
考えられています。

 

 

 

機能性ディスペプシアの原因ですが
DSC_1610

 

 

 

機能性ディスペプシア、自分でできる対策

食生活の面では
・食事はゆっくりよくかむ
・腹八分目
・食後30分は休憩

他にも
・十分な睡眠
・適度な運動
・禁煙

をやってみましょう。
これでよくならない場合は医療機関へ行きましょう。

 

 

 

自分でできる対策をやってもよくならない場合は
次に飲み薬を使って治療をします。
早期満腹感や胃もたれがある場合は
胃の運動をよくする、アコチアミドを服用。
胃の痛みがある場合は、胃酸の分泌を抑える薬を服用。
強いストレスの場合は、抗不安薬を服用。

 

 

 

1か月以上症状が改善されない場合は
別のびょきも疑う必要があるので
内視鏡検査で、胃がんや胃潰瘍の有無をチェックします。
ピロリ菌のチェックも。

 

 

 

それでも異常がない場合は本当に
機能性ディスペプシアという事がわかります。
ただ、この事実を知ったことで胃がんや胃潰瘍
ではなかったという事がわかるので、いいといえば
いいですよね、そのおかげで異常なしがわかると
改善される人は約3割いると考えれている。

 

 

 

機能性ディスペプシアはストレスが原因と考えても
間違いではないと思うので、ストレス対策を
する必要が出てきます。
・ストレスが原因と認識する
・規則正しい生活をする
・信頼できる医師に相談する

という事を行ってみましょう
以上です。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー