きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

熱中症対策と食中毒対策をして夏を乗り切ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年7月18日放送のきょうの健康、夏の
急病特集を2日間に渡って放送、1日目は
熱中症対策がテーマ。
教えてくれるのは、日本医科大学附属病院の
横田裕行先生です。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

2015年の熱中症患者で一番多かったのは・・・

高齢者が一番多かったのです、朝に
熱中症になったり、残念ながら亡くなられた
方もいらっしゃいます。

 

 

 

熱中症の症状ですが
DSC_1574
重症化するとかなり危ないと思った方が
いいかもしれませんね。

 

 

 

特に夏は、室外よりも室内の方が温度が
高くなってしまうこともあります。
どうして熱中症は起こるのでしょうか?

 

 

 

熱中症が起こるメカニズム

我々の体というのは、体内から熱を発している
何もしてなくてもです、そして外で晴れた日
などでは日差しを浴びると体温が更に上昇する

 

 

 

そしたら体は熱を体外へ放出するために汗をかき
その汗が気化することで体温を下げていく。
次に天気の悪い時なんかは、日差しがありませんので
季節によっては寒い時もあります。

 

 

 

そういう時は、熱をため込んだりして
適切な体温をいつもコントロールしています。

 

 

 

熱中症の場合は、体の中の熱をうまく出せず
ため込まれてしまうために起こる、そして脱水も
熱中症の原因の一つとなっている。

 

 

 

高齢者が熱中症になる理由

高齢者の場合、若い人よりも暑いと感じる
肌のセンサーが弱まり、あまり暑さを感じなく
なってくるそうなんです。

 

 

 

となると、気温や体温が上昇してもなかなか
気づきにくい状態となるので、熱中症になり
搬送されたり、または最悪命を落としたり
という事があるのです。

 

 

 

また汗もかきにくいし、体内の水分量も若い人と
少なく、喉の渇きというのも感じにくくなる。

 

 

 

熱中症で特に注意してほしい人たちは
・高齢者
・子供、乳幼児
・屋外で仕事やスポーツをする人
・脳卒中の後遺症がある人
・糖尿病の人

となっています。

 

 

 

熱中症の適切な対策とは?

2つありまして
・脱水を抑える
・体温の上昇を抑える

この2つは絶対に抑えておきたいポイント。

 

 

 

まず脱水についてですが
成人男性の60%は水分と言われていて、どのくらいで
脱水となってしまうのか?

 

 

 

体重の2%の水分が減ると、喉が渇く
3%だと食欲不振、いらいらする、酷い疲れを感じる
5%以上となると熱中症となります。
個人差はありますがね。

 

 

 

1日2.5リットルの水分が何もしなくても
失われています。
その分たくさん飲めばいいとなりますが
飲み物にしても、何を飲むかで変わってくるのです。

 

 

 

例えば、ビールなんかはアルコールが働き
利尿作用があるので、もちろん向いていませんが
他にも、コーヒーや紅茶、緑茶なんかも
良くないそうなんです、カフェインが含まれているから。

 

 

 

どんな飲み物がいいかというと、やっぱりお水です。
朝起きたらコップ1杯、入浴前後にコップ1杯を
意識してのみ、塩昆布、梅なども摂取しましょう。
塩分がふくまれていますからね。
おすすめは経口補水液がいいです。
水分、塩分がバランスよく含まれているから。

 

 

 

次に体温の上昇を抑えるですが
寝ている間も室温と湿度を保つようにする
必要があります。
室温は28度以下、湿度は70%以上という感じに。
特にエアコンをうまく使いましょう。

 

 

 

もし熱中症になってしまった場合は、症状によって
対応していかないといけません。
DSC_1575
太い血管は、首筋、足の付け根、脇の下などです。
DSC_1576

DSC_1577
今の季節は特に気を付けましょう!

 

 

 

2016年7月19日放送 2日目 食中毒対策

教えてくれるのは、日本医科大学附属病院の
宮内雅人先生です。

 

 

 

夏は特に食中毒にも気を付けないといけない。
細菌の他にも、ウイルスやフグの毒、キノコなど
自然毒というものにも気を付ける必要がある。

 

 

 

この季節は細菌にとって特別過ごしやすい環境
繁殖にはもってこいという事なのです。
ある事例を紹介。

 

 

 

主婦であるAさん、料理を作るためにまな板で
食材を切っていました、焼肉をする用意を
していたのです、そして食べた翌日
体に異変が・・・寒気や熱が出て、はげしい
腹痛と下痢に襲われました、病院へ行くと
食中毒と診断されました。

 

 

 

どうして食中毒になってしまったのか?
焼くときに使っていた箸を、食べる時にも
使っていたのです、箸を通し細菌を
口の中に入れてしまった可能性が。

 

 

 

そして次にまないたの所に野菜を置いていたのです
切っているのは肉でした、その肉を切った包丁と
まな板を変えることなく野菜もそのまま
切っていったのです。

 

 

 

ちょっとしたことが原因で食中毒となってしまうのです。
しかし食中毒というのは、膨大な数の
細菌がいないと発症しないのですが、中には
僅かな数でも食中毒を起こす細菌がいるのです。
その代表的なのが、カンピロバクター菌。
DSC_1578
特に鶏肉には多くいてるとのこと。

 

 

 

他にもこのような細菌も食中毒を引き起こす
DSC_1579

 

 

 

食中毒にならないための三原則があります
DSC_1580
これを守れているかが重要。

 

 

 

先ほどのAさんのケースで検証していきます。
焼肉をするという事で、冷凍庫から肉を
出したのですが、常温で解凍するのが良くない。
これだと細菌も増殖してしまうため。

 

 

 

なので電子レンジで急速に解凍するか
冷蔵庫でじっくり解凍するかにしましょう。

 

 

 

買い物へ行き、足りない野菜を買い
帰ろうと思ったらばったり友達と会い
話し込んでしまいました。

 

 

 

この時にも野菜にいる細菌は徐々に増殖します
なので、食材を購入したら早めに帰って
冷蔵庫に入れてしまいましょう。

 

 

 

後手洗いにも気を付けたいところ
指先、指の間、指の付け根、親指の周り
この部分に洗い残しが多いのです。

 

 

 

正しい手の洗い方は
1 ハンドソープを付け、手のひら、指の腹を洗う
2 次に手の甲、指の背を洗い
3 指の間は1本1本丁寧に洗い
4 指の付け根を念入りに洗い
5 親指は付け根の膨らんだ部分を意識して洗い
6 指先、爪を忘れずに洗い
7 手首を内側と外側を洗い、最後に水で洗い流す

 

 

 

他にも
・洗える食材は洗う
・肉や魚を切ったまな板、包丁はしっかり洗う
・端を使い分ける(肉魚用、食べる時用など)

 

 

 

細菌を増やさないためには、出来立てを早めに
食べるのが原則、しかし余った場合は
翌日には食べてしまう様にする、冷蔵庫の中でも
細菌は少しずつではありますが、増え続けて
いるので気を付けましょう。

 

 

 

細菌をやっつけるには
・肉や魚はしっかり中まで火を通す
・冷蔵庫で保存していたものもしっかり加熱

心がけておきましょう。

 

 

 

もし食中毒になってしまったら、すぐに
医療機関へ行くようにしましょう。
以上です。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー