きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

摂食えん下障害の対策のポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年11月24日放送のきょうの健康、今回は摂食えん下障害対策。
教えてくれるのは、日本大学歯学部の植田耕一郎先生。

 

 

 

食べるというのは口に食べ物を入れると、喉頭蓋
という部分が気道にふたをして食道に流れていきます。

 

 

 

摂食嚥下障害で考えられているのが、口の圧が
高まらないために喉頭蓋が
気道にふたをする上の部分に、食べ物が乗っかったりして
上手く食道へ流れていかないという事が考えられる。

 

 

 

映像をみましたが、摂食嚥下障害の方がとろみをつけた
水を飲みこむとき、なかなか食道を通らない
その時はすでに食道が閉じた状態となっており
その代わり気道に蓋をしていた部分が開き、そこへ
水が浸入してしまい、誤嚥となってしまっている。

 

 

 

誤嚥をしてしまうことで
・誤嚥性肺炎を起こす可能性
・低栄養、脱水
・食べる楽しみの喪失

等に繋がってしまいます。

 

 

 

重篤にならないためには、むせる頻度に注目。
むせるのが多くなってくると、嚥下障害を
少し疑ってみましょう。
他にも食べたものが、口から出てくるというのが
多くなってくる、という部分も気にしてみましょう。

 

 

 

では美味しく食事をするには
・食べる工夫をする
とろみをつけたり、口の中で食材をまとまりやすくする
かみごたえをよくして味わうという事も重要。

・食べる時の姿勢
あごを軽くひきながら食べる

・リハビリ
口の中、唇、舌、ほほを刺激する
手足をリハビリするのと同じように、これらの部分を
リハビリしていきましょう。

 

 

 

やり方としては
・唇を尖らせる(うーっていいながら)
・口を横へ広げる(いーっていいながら)
・ほほを膨らませたり、ほほをすぼめる
・舌を動かす

1日1セットくらいを目安に。

 

 

 

むせ防止の訓練というのもあります。
むせるのは喉ぼとけの位置が下がったという事もあります。
まずベッドなどに仰向けに寝ましょう。

 

 

 

喉ぼとけを意識しながら、頭を上げる
そして足のつま先をみる、これを10秒つづける。
喉の筋力を主に鍛える運動ですね。
1日に2回3回とやりましょう。

 

 

 

咀嚼嚥下訓練といのもあり
枕にあごを乗せてうつぶせに寝ましょう、そうすることで
胸筋腹筋に鍛えられるとのこと。
うつぶせに寝るというのは、高齢者には
しんどい場合があるので、その場合は横向きに
やっても構わないとのことです。
以上です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー