きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

手指のしびれや痛みの原因は何か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年6月13日放送のきょうの健康、3日間に
わたって手指の痛みとしびれについての
特集をします、1日目はどんな症状?がテーマ。
教えてくれるのは、横浜労災病院の三上容司先生。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

手はどのようにして動いているのか?

手だけでなんと27個も骨があるのです。
これを動かすことが出来るのは筋肉と腱
そして腱鞘と神経で動かすことが可能となる。

 

 

 

これらのどこかがの調子が悪くなることで
手指の痛みやしびれを伴ってしまう
どんな症状があるのでしょうか?

 

 

 

・手指のしびれ、痛み
手根管症候群の可能性があり、初期は痛みが出るが
酷くなっていくとしびれが強くなる。

 

 

 

また、それだけではなく手がしびれる事で他の病気
・脳卒中 半身のしびれ、マヒなど
・糖尿病 進行すると末梢神経に障害が出て足もしびれる
・首の病気 首を倒す方向、例えば左に倒すと
 左手がしびれるという場合は首の病気の可能性が。
 頚椎症や頸椎症性神経根症など。

 

 

 

上記のような症状がない場合は手根管症候群という事に。
手根管というのは、手首の関節の少し上にあり
骨に囲まれている、骨の中には正中神経や
9本の腱が通っている、それを覆っています。

 

 

 

手根管症候群は、この9本の腱を覆っている膜が
炎症を起こして正中神経に圧迫する事で起こる。

 

 

 

原因はよくわかっていないのですが
妊試飲、出産期、更年期の女性に多いと言われている。
手首の使い過ぎなども関係している。

 

 

 

・指を伸ばそうとするとかくんとはねる+痛み・腫れ
これは腱鞘炎の症状で、バネ指と呼ばれるもの。

 

 

 

バネ指というのは、腱鞘炎が進んでものだそうです。
原因は指の使い過ぎ、PC作業が多い方などが
患うことが多い。

 

 

 

バネ指が起こるのは、腱と腱鞘が関係していて
腱鞘が腱をスムーズに動かしているのですが
指の使い過ぎなどで、腱鞘が硬くなってしまい
腱がスムーズに動けなくなる、そうすることで
硬くなった腱鞘付近の腱は炎症を起こしてしまい
腫れてしまう、無理やり動かすことで
バネのような動きとなってしまうので、バネ指と呼ばれる。

 

 

 

もう一つ、手首の辺りの腱鞘が硬くなる
ドケルバン病というのがあり、これはバネ指に
なることはありませんが、手首の腫れや痛みが出る。
つまむ握るが痛みをより強くする。

 

 

 

・指がまっすぐ伸びない+痛み
これは変形性関節症が考えられるようです。

 

 

 

写真を見ると、指の第一関節などが盛り上がっていて
真っ直ぐになっていませんでした、これはどうして
起こるのかというと、指の関節の軟骨が
すり減ってしまい、じん帯も緩んでしまい
骨同士がぶつかってしまう、これが変形性関節症。

 

 

 

変形性関節症もまた、妊娠、出産期、更年期の女性が
多いと言われております。

 

 

 

関節リウマチと間違えそうになりますが
違いは、関節の変形する場所
変形性関節症は、第1関節と第3関節の親指以外に
症状が比較的でやすく、第2関節は変形性関節症
関節リウマチどちらも可能性がある。
第3関節の親指に変形が出ると関節リウマチの可能性も。

 

 

 

第2関節はどちらも可能性があるといいますが
見極める方法は、関節リウマチの場合は関節が柔らかく
変形性関節症は硬いという事で判断するそうです。
血液検査でも、関節リウマチは特別な反応が
出るそうです、変形性関節症は出ない。

 

 

 

2016年 6月14日放送 腱鞘炎について

症例の紹介、Aさん60歳、趣味は編み物です。
3か月前から右手の親指に痛みが出てきました
痛みや腫れの他に、親指に変形が出たりして
病院に行くと、腱鞘炎を伴うバネ指だと診断されました。

 

 

 

バネ指は腱鞘炎が進行した時の症状、放置すると
治らなくなる可能性があります。

 

 

 

腱鞘炎の起こりやすい人はこちら
DSC_1507

 

 

 

腱鞘とはどこにあるのか?
指を動かしたりするために腱は存在し、指の方に
いくにつれてその腱を骨から離れないように
ベルトのように固定しています、これが腱鞘。

 

 

 

この腱鞘が硬くなったりして、腱が炎症を起こし
それがひどくなる腱が腫れてきます、この時に
指を動かしますと、動きが悪くなっているので
はじかれるように指が動いてしまう、これがバネ指。

 

 

 

バネ指になりやすい指はあるのでしょうか?
全ての指に起こり、最も起こりやすいのは親指
次に中指、薬指という感じ。
手首の場合はドケルバン病というものです

 

 

 

腱鞘炎とドケルバン病のチェック

1 親指を上にした状態で包むように軽く握る
2 ゆっくりと手首を下に向けましょう、こんな感じに

DSC_1508
ここで強い痛みが出るとドケルバン病だそうです。

 

 

 

診断は、問診や触診をし、他にも超音波検査をします。
腱鞘炎の治療は、安静が大事で薬を使います
それでもましにならない場合は手術もする。

 

 

 

どうしても手を使いたい場合は
・優先順位をつける
・他の動作は反対の手で
・適度な休憩をとる

 

 

 

治療に使う薬ですが、痛み止め
塗り薬、貼り薬などですね。
他には、ステロイド注射と局所麻酔薬
これは炎症がひどい場合に用いられます。

 

 

 

3週間以内に症状が改善し、最大で半年までは
効果があると言われています。

 

 

 

最後に手術ですが、腫れて厚くなった腱鞘を切って
開く手術をする、腱鞘を切っても
他の腱鞘があるので、大きな影響はないとのこと。

 

 

 

2016年 6月15日放送 手根管症候群

症例の紹介から
Bさん56歳、手にジンジンするような症状があり
深夜から明け方にひどい症状が出ます。
変わっていたのが、親指、人差し指、中指、薬指の
半分だけしびれるというものだったのです。

 

 

 

手根管症候群は手にしびれを起こす代表的な病気です。
手根管はここにあります
DSC_1509
滑膜という部分が炎症を起こし、正中神経を
圧迫するため手根管症候群になる。

 

 

 

手根管症候群の症状
DSC_1510

 

 

 

小指がしびれないのは、正中神経の支配域では
無いためです、正中神経は親指から薬指までなので
小指にはしびれが出ないのです。

 

 

 

という事は手根管症候群になると全部の指に
症状が出るのかというとそうではありません
一部の指からしびれだしてから、酷くなると
全部の指に出るというものです。

 

 

 

しびれと痛みがありますが、痛みは初期のみで
ひどくなるとしびれだけになる

 

 

 

夜間や明朝にしびれがひどくなるのは、その時間帯に
手根管内のむくみがひどくなり
正中神経が圧迫されるためではないかと
考えられています。

 

 

 

また手を振ると症状が和らぐという特徴も
そして親指の付け根が痩せるのも症状にある。
これは筋肉に繋がる正中神経が障害されて
筋肉が痩せるために起こります。

 

 

 

症状が現れやすい動作は、長時間の運転
フライパンを使う動作などです。
変わっているのが、手のひら側のみにしか
手根管症候群の症状は出ません。

 

 

 

それ以外だと別の病気が考えられます。
DSC_1511

 

 

 

手根管症候群の自己チェック

ファーレンテストといいます、やり方は
1 体の正面で両手の甲を合わせます
2 そのまま1分間状態を保つ

しびれや痛みが現れると、手根管症候群の疑いが。
手根管症候群の場合は、数秒でしびれや痛みが出る事も。

 

 

 

手根管症候群は女性が圧倒的に多く
男性は少ないと言われております。

 

 

 

診察はまず、問診からはじまり検査は
X線検査や神経伝導検査を行います。
手根管症候群の治療がこちら
DSC_1512
手術はじん帯を切開し炎症部分を圧迫させない
様にする、切開したじん帯は再びくっついてきます
握力は一時的に下がるが、半年もすれば復活するとのこと。

 

 

 

特別なリハビリはありませんが
1か月ほど安静にする。
以上です。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー