きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

尿漏れは男性でも女性でも深刻な悩み、解決法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年9月21日放送のきょうの健康、2日間に渡り
尿漏れの悩みの特集となっています
初日は女性の尿漏れがテーマ。
教えてくれるのは、東京大学大学院の井川靖彦先生。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

診断に行くのを躊躇し重症化することも

しもの悩みというのはどうしても恥ずかしい気持ちになる
しかしそれを放置したままにすると、重症化
してしまうこともあります。

 

 

 

尿漏れといっても多種あり、例えば
・せきやくしゃみで尿漏れ
・立ち上がる、重い物を持つという動作で尿漏れ

というのがあります。

 

 

 

お腹に力が入ることで尿漏れを起こしているので
『腹圧性尿失禁』
とされています。

 

 

 

一方
・急な尿意
・頻尿

これらを繰り返すことで尿漏れが起こる
『切迫性尿失禁』

 

 

 

どちらもどうして起こるのか?という原因は違い
腹圧性の方は筋肉が原因、切迫性は脳と膀胱が
原因とされています。

 

 

 

腹圧性尿失禁は、骨盤底筋と呼ばれる
膀胱、子宮、直腸を支える筋肉でこれが弱くなると
臓器を支えられなくなり下がってくる
そのせいで失禁をしてしまう。

 

 

 

骨盤底筋のゆるみは出産が大きく関わり、他にも
肥満や加齢も関係する。

 

 

 

切迫性尿失禁の場合は、脳と膀胱の連係がうまくいかず
膀胱が勝手に収縮をし尿を漏らしてしまう
これを過活動膀胱とも言います。

 

 

 

尿漏れに悩む方たちの割合
腹圧性尿失禁は8割、切迫性尿失禁は5割
そしてどちらも併せた混合性尿失禁は3割もいてます。

 

 

 

尿漏れの治療法

腹圧性尿失禁の場合、骨盤底筋を鍛える必要があるので
骨盤底筋を鍛えていきます。
1 足を肩幅に開きお腹や脚の力を抜きリラックス
2 ちつや肛門の周辺に力を入れてぎゅっと締める
(骨盤底筋を恥骨の方に引き寄せるイメージで)

お腹に力を入れないように注意。

 

 

 

コツは、排尿時に途中で尿を止めてみるというやり方
それができていれば、骨盤底筋に力が入っている証拠。
もう一つは、入浴の際ちつに指を入れ骨盤底筋が背中側から
お腹側に動く感覚を確認する。

 

 

 

他にも鍛え方があり
1 骨盤底筋をぎゅっとお腹側に引き寄せキープ(5秒位)
2 急な尿漏れを防ぐために素早く締める
3 1と2を組み合わせて行う

1日3セットから5セット、10回を目安に行いましょう。
3割の方が、尿漏れを改善できるそうです。

 

 

 

それでも尿漏れが改善されなかった場合は、手術となる
骨盤底筋にテープを入れ尿道を支える。

 

 

 

過活動膀胱の治療法です
dsc_1656
ぼうこう訓練は、トイレを我慢する事で少しずつ
トイレに行くのを我慢していく
日本人女性の膀胱の許容量は400mlと言われていて
排尿時には200mlから400ml出ます
それ以下ですと何らかの原因が隠れている可能性がある。

 

 

 

2016年9月22日放送 2日目 男性の尿漏れ

先生が変わります、福島県立医科大学の小島祥敬先生。
女性以上に男性の方が病院には行きたがらないそうです
ですが悪化すると深刻な事になる可能性があります。

 

 

 

男性の尿漏れの原因は主に二つで
・過活動膀胱
・前立腺肥大症

となっている。

 

 

 

男性の場合は、前立腺肥大症から過活動膀胱に
なってしまうというパターンが多いとのこと
尿漏れ患者の5割から7割がこれにあたる。

 

 

 

前立腺肥大症になることで、前立腺が腫れて
尿の排出をうまくコントロールできなくなるばかりか
尿の排出を妨げてしまうこともあり、それによって
過活動膀胱や切迫性尿失禁になってしまう。
更に尿が膀胱で溜まりすぎると、パンパンになり
いつ流性尿失禁になることも。

 

 

 

1リットル以上尿が溜まってしまい、あまりに
苦しくなって患者さんが運ばれてくることもあるそうです
重症になると腎不全になる可能性があるので注意が必要。

 

 

 

尿漏れ危険度チェックですが
dsc_1657
通常1日平均の尿の回数ですが4回から7回と言われ
量も200mlから400ml、この回数が多く量が少ないと
頻尿の可能性が。

 

 

 

排尿時間は通常20秒から30秒かかり、これより長いと
排尿に問題があるかも。

 

 

 

自分が気になった時に病院へは行っても構わない
男性の尿漏れは基本的に良性の疾患なので
急を要することがないためです
稀に脳血管障害、パーキンソン病という場合も。

 

 

 

男性の尿漏れ治療法

薬物療法と行動療法があります
dsc_1658
まずは前立腺肥大症の治療から始めます
dsc_1659

dsc_1660
男性の場合、過活動膀胱の治療薬を服用し効きすぎると
尿が出づらくなるという事もある。

 

 

 

男性の尿漏れ、生活上の注意です
dsc_1661
これで改善されない場合は手術となります。
dsc_1662

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー