きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

子宮体がんと子宮頸がんの違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年9月23日放送のきょうの健康、今回は増える子宮体がん。
教えてくれる先生は、慶應義塾大学准教授、進伸幸先生です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

実際にあった症状を紹介

Aさん51歳女性、1年ほど前に閉経しまして少量の出血があって
気になっていました、先に閉経した友人に話を聞くと
不正出血はよくあること、そう言われました。
そんなものかと、特に病院へ行くこともありませんでした。

 

 

 

Bさん37歳、バリバリと仕事をこなすキャリアウーマン。
結婚3年目ですが出産経験はありません、元々月経不順で
ここ数か月は月経ではない時に不正出血がありました。
そろそろ子供が欲しいと考えていました、そこにきて
子宮や卵巣に何か問題があるのかと不安に思うように。

 

 

 

二人とも後日病院へ行き検査をしてもらった結果
子宮体がんと宣告されました。

 

 

 

子宮体がんは20年前と比べて発症される方が
4倍にもなっています。
年齢別でみてみると、閉経後辺りでぐっと上がっていますね。
DSC_0475

 

 

 

急増の背景には
・結婚、妊娠年齢の上昇
・妊娠回数の減少
・食生活の欧米化
・ホルモンバランスの乱れ

などが挙げられます、最近は比較的若い30代後半から40代前半でも
多いとのことです。

 

 

 

子宮体がん、子宮頸がんと2種類ありますが
実はこの2つでは全く種類が違うようです。
DSC_0476

 

 

 

場所はどのあたりかというと、ここです。
DSC_0477
早く見つけるためには、子宮体がんは
不正出血がほとんどの場合あるそうです。
DSC_0478
いつもとおかしいな・・・って思ったらすぐに病院へ。

 

 

 

不正出血=子宮体がん、ではなくて
他の病気があるという事も考えられます。
・子宮頸がん
・子宮筋腫
・内膜症
・卵巣腫瘍

なども不正出血が起こることがあると言われてます。

 

 

 

子宮体がんと診断されるとこのような治療をしていきます。
手術を基本とするそうです。
DSC_0479

 

 

 

どういう手術をするのか?
範囲によって違いますが、ほとんどの場合は子宮を
摘出するようです、子宮体の部分であっても
子宮頚の部分でも範囲を少し大きくして摘出
リンパ節にも広がっている場合は、更に広めに摘出するという感じに。

 

 

 

残念ながら子宮を摘出するというのが第一選択肢のようです。
ですが子供を授かりたいという希望する場合は
ホルモン療法を行っていくようです。
DSC_0480

 

 

 

この治療法で、癌の程度にもよりますが6割から9割位は
治るとされています、ですが2年以内に再発をする可能性が
約5割と言われているので、その間に妊娠、出産は
済ませておいた方がいいとのことです。

 

 

 

術後の体への影響
DSC_0481
摘出するとこれだけのリスクがあるんですね。
リンパ浮腫にはセルフケアが必要となります。
DSC_0482
ケアをきちんとしないと、だるさを感じるそうです。
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー