きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

子供のおねしょ(夜尿症)が気になるならすぐに受診を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年6月24日放送のきょうの健康、今回は子供のおねしょ。
教えてくれるのは昭和大学藤が丘病院 准教授、池田裕一先生です。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

子供のおねしょ、悩んだらすぐ受診

夜間睡眠中に小便をしてしまう事をおねしょというんですが
5歳未満の場合は、あまり問題がないようです。
だけど5歳から6歳を過ぎても
・月に数回以上の夜間睡眠中のおもらし
があると、夜尿症といいます、これは病気として扱うようです。

 

 

 

夜尿症の患者数推計は全国で約80万人もいらっしゃるようです。
普段は成長とともに夜尿症は減っていきますが
成人をしても200人に1人は夜尿症が治っていない人がいるとのこと。

 

 

 

夜尿症ってまだ解明されていない部分が多い病です。
考えられている原因はこちら。
DSC_0013
尿の量が減らないというのは抗利尿ホルモンというのが
正常に働いていないからだそうです。
膀胱も成長過程でなかなかおおきくならないとこうなってしまう。

 

 

 

遺伝という点では、親が夜尿症だった場合は子どもは
75%の確率で夜尿症になると言われてます。
お父さん、お母さんのどちらかという場合も50%もあります。

 

 

 

夜尿症は放っておいても治るものなんですけど
その治る率というのは、10%~15%だと言われてます。
毎日する人はなかなか治りにくいそうです。

 

 

 

受診のタイミングはこうです。
DSC_0014
改善の経過です。
DSC_0015
とはいっても病気が潜んでいる場合もあります。
DSC_0016
確率は低いらしいですが・・・・
昼間のおもらしがある場合も注意してください。

 

 

 

夜尿症の治療法とは

DSC_0017
生活改善をされるだけで、1割から2割の患者さんが
治ると言われてます、やはり大切なんですね。

 

 

 

生活改善というのは
DSC_0018

DSC_0019

DSC_0020
老若男女問わず共通しますねこれは・・・

 

 

 

生活改善をしてもうまくいかない場合はお薬と夜尿アラーム

お薬は抗利尿ホルモン剤が使われます。
DSC_0021
現在は舌下錠も使われるようになりました。
夜尿アラームというのはこういう器具。
DSC_0022
先の細い部分に挟むものがありまして、そこはパンツの
濡れるような所に取り付けます、本体は襟元の辺りに。
そしたら、濡れる部分に取り付けた先の細い部分が
濡れを感じるとアラームが鳴ります。

 

 

 

アラームが鳴ることによって一時的に排尿が止まり
そこからは我慢をしている状態、それで膀胱を大きくしていき
効果が出るとされています。

 

 

 

夜尿アラームは保険適用ではなくて市販されているもの。
なのでインターネットなどで購入しましょう。
お値段は7千円から8千円となっています。
購入については小児科の医師と相談をしてください。

 

 

 

宿泊行事が気が気でない・・・

お子さんの学校行事での宿泊ってあったりしますよね?
そういう時はどうしたらいいのか、対策はこう。
DSC_0023
差し迫っている場合は
DSC_0024
気を付けたいですね。
以上となります、読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー