きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

子どものてんかん、7割は薬で抑える事ができる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年9月28日放送のきょうの健康
本日は子どものてんかんについて。
教えてくれるのは、静岡てんかん・神経医療センター
高橋幸利先生です。

 

 

 

てんかんは子どもの時に発症することが多い

てんかんとは脳が突然興奮状態になり、発作が
おこったりします、てんかん発作が続いてしまうと
脳の発育が悪くなってしまう事もあります。

 

 

 

しかし抗てんかん薬で、7割は抑えることができる
それでもダメな場合は手術なども行われます。

 

 

 

子どものてんかん発作には2種類あります

dsc_1705
部分発作の場合は、てんかんの判断ができない
症状も見受けられますね。
おかしいなという症状が続いた場合は検査を
考えるようにしないといけませんね。

 

 

 

てんかんの検査は、脳波検査は脳の異常な興奮を
調べたりする、画像検査は脳の傷や障害を見つけ出す。

 

 

 

他にも3日ほど泊まり込みで行う
長時間ビデオ脳波モニタリング検査というのもあり
発作の時の意識や、発作の時の様子
どんな時に起こるか、というのを調べます。

 

 

 

てんかんの治療の方法

基本は抗てんかん薬を服用します、最初は1種類の
薬を服用、少量から始めていく。

 

 

 

その後発作症状の変化や副作用を見て
薬の増量、変更、組み合わせなど行う。
最初はこの薬からはじめていき、効かない
という事になってきたら、薬をこのように
変更や併用していく選択肢があります。
dsc_1706

 

 

 

てんかん発作を止める薬もあり、ジアゼパム
という座薬、飲み薬となっている。

 

 

 

抗てんかん薬を使用する上での注意点ですが
子供の体重の増加や生活環境の変化があれば
血液検査を受けるようにする
発作が起きなくなっても、少なくとも2年間は
薬を飲み続け、ゆっくりと減薬していく。

 

 

 

しかし中には抗てんかん薬で発作が抑えられない
というときもあります、これを難治性てんかんという
dsc_1707

 

 

 

ケトン食療法は、炭水化物やタンパク質を減らし
脂肪分を多く摂取していく食事で、ケトンは
脂肪代謝が活発になるとでき、脳の異常な興奮を
抑える作用があると言われている。

 

 

 

てんかんの手術はこのようになっている
dsc_1708
脳を一部切り取るわけですから、リスクはないのか?
って思うのですが、安全に行われ他の手術よりも
危険を伴うことはないそうです。
ただし術後、精神面で障害が出る可能性もあります。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー