きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

外反母趾に巻き爪・・・足のケアをきちんとしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年9月26日放送のきょうの健康、2日間に渡り
足のケアの特集となっています
初日は外反母趾がテーマ。
教えてくれるのは、奈良県立医科大学の田中康仁先生。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

外反母趾になりやすい人とは?

足の指には3つの種類があります
・親指と人差し指の長さが同じ
・人差し指だけ長く伸びている
・親指だけ長く伸びている

という感じに分けられます。

 

 

 

親指が名が人が外反母趾になりやすいと言われ
靴にあたって曲げられてしまうためです。
指が短い場合でも靴の圧迫によって外反母趾に
なることも当然あります。

 

 

 

外反母趾になりやすい靴の特徴して
・先が細い靴
・かかとが高い靴

足の指を締め付けている感じがしますからね。

 

 

 

親指の関節にはじん帯が複数あり、そのうちの
内側側副じん帯があり、これが人差し指の方に
曲がらないようにするためにあるじん帯。

 

 

 

しかしかかとの高い靴を履いてしまうと、この
内側側副じん帯がゆるんでしまい、親指が
人差し指の方向に曲がりやすくなってしまう。

 

 

 

またかかとが高いと体重がつま先にかかるので
これも外反母趾の要因となる。

 

 

 

変形が進行すると亜脱臼のような状態になる
親指が曲がるだけではなく、ねじれてしまいます。

 

 

 

外反母趾の治療法

保存療法をまずやっていくのですが
最初は靴の指導から
・靴の先が細くなくてかかとが高くない
つま先に1㎝ほど余裕があることが望ましい。

 

 

 

ハイヒールを履く日は
・ハイヒールを履く時間を短くする
・移動の最中は足に合った靴を履く

という工夫をしましょう。

 

 

 

次に足の指の体操
母趾外転筋というのがあり、これを鍛えましょう
足をグーパーとゆっくりと開いたり閉じたりしよう。

 

 

 

この体操が出来ているうちは外反母趾の進行をとめる
ことができる、軽度から中等度であれば
改善に期待が持てます。

 

 

 

重度の外反母趾の場合は、関節が硬くなっているため
鍛えることができません、なので外反母趾を
起こしている足の両端を手でぎゅっと握り
もう一方の手で親指をつかみます、そしてねじりを
元に戻し人差し指から離したりする
ストレッチをしましょう。
関節を柔らかくして変形の進行を抑えることができる

 

 

 

装具を使うばあいもあります、トースプレッダー
という器具や、足底挿板というのもありますが
これはオーダーメイドで作らないといけない。

 

 

 

軽度や子供の場合は改善が期待できる
中等度以上は痛みを和らげる程度です。

 

 

 

それでも改善の見込みがない場合は手術となる
中足骨を切ります。
外反母趾の状態によって手術は変わってきます
dsc_1663

 

 

 

遠位骨切り術はこのような感じに切ります
dsc_1664
近位骨切り術
dsc_1665
水平骨切り術
dsc_1666
水平骨切り術の術前と術後です
dsc_1667
随分キレイですよね。
しかし手術を受けると、人為的に骨折を起こした
ようなものですから、骨がくっつくのに4週から6週
かかり完全回復といえるまでには3か月はかかる。

 

 

 

2016年9月27日放送 2日目 巻き爪

先生が変わります、済生会川口総合病院の高山かおる先生
正しい詰めの整え方なのですが、これを
まちがってしまうと巻き爪となってしまいます。

 

 

 

巻き爪の他にも陥入爪といい、深爪をして
爪がめり込んでしまうという事も起こる。
巻き爪になるのは、爪を切りすぎたせいで
歩いているときに、足の指先の肉の部分が
爪にぶつかってしまい、爪自体がガタガタに
なったりしてまっすぐ伸びていかなくなるため
爪が巻いていったりしてしまう。

 

 

 

巻き爪になる原因のおさらい
・間違った爪切り
・指への過剰な力
・指に力がかからない

 

 

 

間違った爪切りは上記でお伝えした通りですが
指への過剰な力は、外反母趾や足に合わない靴を
履いているとどうしても足先で踏ん張ったり
してしまうため力が入る。

 

 

 

指に力がかからないですが、寝たきりや
親指でけり出して歩かないという人が巻き爪になる
本来爪って軽くアーチ状になっているのですが
歩くことで地面を蹴りだす力が親指にかかり
まっすぐに近い感じになる、あるかないと
地面からの刺激がないので、巻き爪になっていく。

 

 

 

巻き爪の矯正

ワイヤー法とクリップ法というのがあります
巻き爪の所に炎症がある場合は、ガター法という
矯正法もあります。
ワイヤー法、クリップ法ともに治るまでに
半年から1年はかかるようです。

 

 

 

巻き爪のセルフケア

・正しい爪切り
足をお湯に3分ほどつける、すると爪が柔らかくなる
石鹸を付けて爪をブラシで洗う、角質を
洗い落とすためです。

 

 

 

石鹸を洗い流したら足を拭き、爪を整える
爪やすりと爪切りを用意し爪切りは刃先が
真っ直ぐなものを使いましょう。

 

 

 

爪を切るポイントは少しずつ切る事です
爪の先端は平らでまっすぐになるように
角は切りすぎに注意、整える程度に。
最後にやすりで整える、やすりは1方向に動かす
爪の長さは指の先端と同じくらいにしましょう。

 

 

 

・足に合った靴を履く
・テーピング

痛みのある部分ギリギリにテープを貼る
皮膚をつ目から引き離すようにテープを強く引っ張る
そして止める

 

 

 

もう一つの止め方は、テープを半分に折り
真ん中の部分に切り込みを入れましょう
その切込みから爪を出し、皮膚からはがすように
テープを貼りましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー