きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

変形性足関節症の症状、治療法は?

 

2016年1月26日放送のきょうの健康、今回は
足首の痛み、変形性足関節症について。
教えてくれるのは、獨協医科大学越谷病院の大関覚先生。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

足関節というのは足の関節の中では小さな関節。
しっかりした構造で大きな負荷にも耐えられます。
足関節は、足首の辺りのことを言います。

 

 

 

足関節と距骨下関節があり、その間に距骨という
骨がありこれが足関節の7割を占め
柔軟性にとんだ柔らかい骨です。
距骨があるから、足首が自由に動けると言っても
過言ではない部分です。
またじん帯がとても多い場所でもあります。

 

 

 

変形性足関節症は、骨折や骨や人体の炎症が起きて
生じる関節症です。

 

 

 

原因としては、関節の不安定性が挙げられ
じん帯のゆるみや、かみ合わせの悪さがあります。

 

 

 

かみ合わせの悪さというのは、足首にひどい骨折があったり
О脚だったりすることで、関節の内側の方に
力が集中することで軟骨が負担がかかります。

 

 

 

もう一つあって、軟骨の老化。
軟骨は8割が水で出来ていて、加齢で軟骨の水分が減り
傷みやすくなってきます、これで
変形性足関節症になってしまう事も。

 

 

 

変形性足関節症の症状はこちら。
DSC_1101

 

 

 

進行度合いというのも、画像があります。
DSC_1102
末期になると、関節の隙間がありませんね。
軟骨がほとんどないという事です。

 

 

 

変形性足関節症の治療法はこちら。
手術療法と保存療法があります。
DSC_1103

 

 

 

手術を考えるポイント
DSC_1104

 

 

 

次は実際に変形性足関節症を
患った方の治療ケースを紹介。

 

 

 

59歳の女性、足首の状態は初期です。
足関節の炎症が強く
趣味のテニスをすると、翌日に足首が腫れる
軟膏に厚みがあります。

 

 

 

こういう場合にはどういう処置をするのかというと
じん帯再建術というのを選択します。

 

 

 

じん帯のゆるみや、ねんざを繰り返している人には
この手術を選択される場合が多いようです。

 

 

 

手術の翌日から歩き始められ、2週間で退院が出来ます。
もっと症状が進んでいる人は一体どうするのか?

 

 

 

その場合は、けい骨遠位斜め骨切り術をします。
足関節に近いすねの骨を斜めに切り、切った部分に
骨盤から骨を持ってきて移植。
関節を温存しながら、加重にも耐えられるような
手術だそうです。

 

 

 

次に足首の状態が末期の50歳男性のケースを紹介。
運送業をしていて、酷い痛みがで仕事がつらい
関節の変形が強いとのことです。

 

 

 

こういう場合に選択されるのは、足関節の固定術。
DSC_1105

DSC_1106
以上です。

 

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧