きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

呼吸筋を鍛えるためには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年9月24日放送のきょうの健康、今回は呼吸筋を鍛えよう!
教えてくれる先生は、文京学院大学教授、柿崎藤泰先生です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

呼吸筋を鍛える必要があるのは高齢者、他にも
COPD(慢性閉塞性肺疾患)の方も鍛える必要があると。

 

 

 

呼吸筋とは?

呼吸って肺で行うわけなんですが、だけど肺自体が
吸って、吐いて、などができないので
肺を広げたり縮めたりする原動力となるのが呼吸筋です。

 

 

 

ではその役割を担う筋肉というのはどこになるのか?
まずは息を吸うときに使う筋肉。
体の前の筋肉

・胸鎖乳突筋
・外ろっ間筋

続いて体の後ろの筋肉

・僧帽筋
・脊柱起立筋

となっております。

 

 

 

一番注目したいのが横隔膜です、肋骨の下の部分にあり
普段はドーム型の形をしています。
それが息を吸うと、平べったくなり息を吐くとドーム型の
形に戻ります、普段の呼吸の7割をこの横隔膜が使っています。

 

 

 

次に吐くときに使う筋肉
・内ろっ間筋
・外腹斜筋
・腹横筋
・内腹斜筋
・腹直筋

お腹周りが多いですね。
続いては呼吸筋を鍛える運動になります。

 

 

 

吸う筋肉を伸ばす運動

1つ目は体の前側にある筋肉を伸ばす運動です
DSC_0483

DSC_0484

DSC_0485

 

 

 

2つ目は息を吸う後ろ側の筋肉を伸ばす運動
DSC_0486

DSC_0487

DSC_0488
運動の目安は、2つとも3回を1セットとして1日3セットやります。

 

 

 

吐く筋肉を伸ばす運動

DSC_0489

DSC_0490

DSC_0491
運動の目安は吸う運動と同じ回数です。
体を伸ばし過ぎないように気を付けましょう。

 

 

 

横隔膜を鍛える運動

イスとバスタオルを用意して画像のようにします。
DSC_0492
これでゆっくりと呼吸をするだけでいいそうです
どうしてこれだけで横隔膜を鍛えるのかというと、続いての画像です。
DSC_0493
寝ている姿勢で呼吸をすると横隔膜を押している感じになり
負荷がかかるという事になるんです。
これをやることで1回の換気量も違ってきます。
DSC_0494
運動の目安は1日5分くらいです。
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー