きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

乳がんを徹底的に解説、どうしたらいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年11月7日放送のきょうの健康、今週は
乳がんの徹底解説特集、1日目は早期発見について
教えてくれるのは、癌研有明病院の岩瀬拓士先生。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

乳がんの罹患数はまさにうなぎのぼり

乳がんの主なリスク因子として
・肥満
・アルコールの摂りすぎ
・喫煙
・閉経後の運動不足

などが挙げられます。

 

 

 

乳がん検診で確実に乳がんが見つかるわけではない
マンモグラフィーが一般的な検査となっているが
それでもなかなか見つけづらい現状があります。

 

 

 

乳がんのできる場所ですが、乳管の細胞から
発生してそこから乳管へがん細胞が広がっていく。

 

 

 

乳管内だけの進行であれば、非浸潤がんと言われ
乳管内だけにとどまらず乳管を破り外へ出ていくのが
浸潤がんと言われています。

 

 

 

浸潤が起こると乳管の近くにリンパ管があり
そこにがん細胞が入り込んでしまうと転移の
リスクもたかまっていく。

 

 

 

乳がん検診で主に使われる機器は
先ほども言ったマンモグラフィー、そして
超音波検査となっている。

 

 

 

マンモグラフィーは40歳以上の女性に乳がん検診で
実施をしている、40歳以下の場合は乳腺が白くて
ガンを見つけにくいと言われているし
マンモグラフィーの放射線で乳がんを発症するリスクも
あるため、20代30代は推奨されていない。

 

 

 

超音波検査は任意の検査で、マンモグラフィーを
要精密検査であれば保険診療となる
もしがんが見つかれば次に生検を行います。

 

 

 

マンモグラフィーは乳腺の密度が低い40歳以上が有効
超音波検査は乳腺の密度が高い若い人に有効
年齢によって検査を分けるのも必要ですね。

 

 

 

若い人は特に乳房の状態を意識していく事が大切
定期的に乳房を隅々触ってみて確認する
何かあった時には必ず病院へ行きましょう。

 

 

 

2016年11月8日放送 2日目 手術と乳房再建

乳がんの手術には種類がある
dsc_1881

 

 

 

乳がんを患うとほとんどの人が手術をします
がん細胞がある部分を取り除くため、やむを得ない。
手術以外では放射線治療や薬物療法があります

 

 

 

乳房温存手術は、がんの部分を切除しそれと放射線治療
乳房切除術はがんがある乳房を全て切除する
乳房再建を行うときもあります。

 

 

 

術前薬物療法という方法もあり、これは手術を
やる前に薬物療法を行いがんが縮小してから
手術を行うという方法。

 

 

 

一般的に薬物療法は3か月から半年行われる
それ以上は薬が効かなくなる可能性があるため
7割から9割の割合でがんが縮小していくようです
うまく縮んでくれれば温存療法も可能。

 

 

 

乳房切除術はどんな場合に行われるか?
・がんが広範囲できれいに温存が出来ない
・放射線治療ができない
・患者が温存を希望しない

という場合には全摘手術を行います。

 

 

 

2013年か乳房再建が保険適用となりました
自家組織での再建か、インプラントでの再建と
2種類あります。

 

 

 

自家組織はお腹の脂肪などを取って、それを
乳房の部分に移植し再建する。

 

 

 

インプラントは筋肉の裏に皮膚拡張期を入れ
その後生理食塩水を入れて皮膚を伸ばして
その後シリコンを入れるという再建法。

 

 

 

人工乳房による再建のメリットとデメリットですが
メリットは
・1回の手術時間、入院期間は短い
・体の負担が少ない

デメリットは
・異物感がある
・入れ替えが必要(10年ほどで交換が必要)

となっています。

 

 

 

全摘出や部分切除の際に、腋窩リンパ節を切除する
場合もあります、その時に後遺症が残ってしまう
・腕のむくみ
・わきのへこみ
・脇の感覚異常

などがあります。

 

 

 

腋窩リンパ節を切除するかどうかを調べるには
乳がんのそばに色素やアイソトープという放射性
物質を打ってどこに最初に流れ着くのかというのを
見つけている、これをセンチネルリンパ節という風に
読んでいて、手術の時にこのセンチネルリンパ節を
取り出して調べる、そしてそこにがん細胞がなければ
他のリンパ節の部分にもがんはないだろうと考えて
とらないという様な手術になっています。

 

 

 

2016年11月9日放送 3日目 個別化する薬の治療

先生が変わり、癌研有明病院の大野真司先生になりました
乳がんの薬物療法ですが
・ホルモン療法
・化学療法
・分子標的療法

があります。

 

 

 

乳がんが増える原因として
・女性ホルモン
・増殖因子

があり、女性ホルモンを食べて増殖する乳がん
HER2あり、HER2というのは恐らく増殖因子
これがくっついている乳がん。

 

 

 

乳がんのタイプの名称として、ホルモン受容体陽性が
・ルミナールタイプ
ホルモン受容体陽性、HER2陽性とあるのが
・ルミナールHER2タイプ
HER2だけ陽性なのが
・HER2タイプ
どちらも陽性じゃないというのは
・トリプルネガティブタイプ
と呼ばれています。

 

 

 

日本人はルミナールタイプが一番多く7割の
乳がん患者さんがこのタイプです

 

 

 

それぞれの治療方法がこちら
dsc_1882

 

 

 

ホルモン療法はエストロゲンの量を減少させます
エストロゲンを餌として成長するルミナールタイプの
乳がんには効果的、薬のタイプとしては
エストロゲンの合成を抑制する薬と、エストロゲンを
結合させない薬があります。

 

 

 

ホルモン剤はこちらになります
dsc_1883

 

 

 

化学療法はがん細胞も攻撃するが正常な細胞も攻撃する
分子標的療法は抗HER2薬という薬を使います。

 

 

 

副作用がこうなっている
dsc_1884
乳がんの薬物療法の期間は決められている
dsc_1885

 

 

 

現在乳がんのタイプは4種類となっているが
遺伝子レベルで調べるとすでに20種類はあると言われている。

 

 

 

2016年11月10日放送 4日目 再発した時の治療

乳がんの再発には2種類あって
・局所再発
・遠隔転移

があります。

 

 

 

局所再発は温存した乳房内や周囲のリンパ節や
切除した乳房の胸壁に再発します。

 

 

 

遠隔転移は、乳房以外の所でガンが出来る事で
多い所は、骨や脳、肺に肝臓が比較的多く
再発する部位と言われている。

 

 

 

今現在再発が多い乳がん細胞のタイプは
・ルミナールタイプ
・トリプルネガティブタイプ

この2つが再発リスクが高い。

 

 

 

再発の時期ですが、ルミナールタイプは
ゆっくりと進行、再発の半分近くが5年以降となっている
トリプルネガティブタイプは手術から
2年前後で再発する可能性が高い。

 

 

 

再発の症状として、局所再発の場合
・皮膚が赤くなる
・皮下のしこり

などがあり、遠隔転移の場合は症状は場所によって違う

 

 

 

局所再発の検査は、マンモグラフィー
超音波検査、視触診。
遠隔転移の検査は、腫瘍マーカー、骨シンチグラフィー
CTやPETなど。

 

 

 

局所再発の治療はこのようになっている
dsc_1886
遠隔療法は薬物療法が中心となる。

 

 

 

遠隔転移の治療のポイントも
・乳がんのタイプ
・転移の場所と症状
・患者の希望

これらを加味し治療を進めていく。

 

 

 

遠隔転移した場合は根治が難しいので、患者にあった
治療法を医師、患者、患者の家族
それぞれと話をしながら決めていく必要がある。

 

 

 

アメリカでは、アドバンスケアプランニング
『どんな人生を生き、どんなことを大切にし
何を希望しているか?』
という事を大切にしています。

 

 

 

日本でも少しずつですが始まっていて、治療の前に
予め治療方法を決める時に大切にしたいことは?
という感じに質問をしたりするそうです
納得して治療をする、とても大切な事ですよね。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー