きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

乳がんの薬物治療、複数の選択肢があります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年1月27日放送のきょうの健康、今回は
乳がんの薬物治療について。
教えてくれるのは、国立がん研究センターの清水千佳子先生。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

以前は医師主導で治療方針を立てていましたが
治療の方法も現在は増え、様々な方法で治療を
しているのが現状。

 

 

 

ケースを1つ紹介。
DSC_1107
治療法として、ホルモン療法を軸としていますが
そこへ化学療法、つまり抗がん剤治療をするかどうか
悩んでいるという状況です。

 

 

 

現在行われている乳がんの薬物療法というのはこちら
DSC_1108

 

 

 

ホルモン療法というのは
ホルモン受容体陽性乳がんというがん細胞が
女性ホルモンをえさとして、増殖していきます。
ホルモン療法では、この女性ホルモンを減らしていく
方法と、ホルモン受容体をブロックするという
方法があります。

 

 

 

分子標的療法(抗HER2薬)
HER2たんぱく陽性乳がんというがん細胞があり
HER2たんぱくが細胞の周りを覆っています。
そして増殖をしていくと考えられている。
分子標的療法は、このHER2をブロックする治療法です。

 

 

 

化学療法、いわゆる抗がん剤は
細胞分裂をする際に働きかける薬です。
細胞分裂が活発だと効果もありますが、正常な細胞も
攻撃するので、副作用がひどいという事です。

 

 

 

昔だったら迷わず、このケースですと抗がん剤治療が
メインとなっていたようです。

 

 

 

治療のポイントとして、再発リスクを検討するところから
考えていきます。
どの位再発の確率を下げる事が出来るのか?
というのを考え、治療方針を決めていく。

 

 

 

乳がんの10年後の生存率は低くありません。
DSC_1109
化学療法をプラスしての差は数%しかないですね・・・

 

 

 

どういう治療を選択するのかという他にも
考える事はありますよね。
DSC_1110

 

 

 

化学療法の主な副作用はこちら。
DSC_1111

 

 

 

最近では遺伝子検査というのもやっています
DSC_1112
全額自己負担というのは大きいですね。
ホルモン療法の15年後の生存率はこちら。
DSC_1113
以上です。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー