きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

中耳炎と難聴は切っても切れない関係?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年9月16日放送のきょうの健康、今回は大人の中耳炎と難聴。
教えてくれる先生は、慶應義塾大学教授の小川郁先生。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

難聴の陰に中耳炎あり

ある患者さんの症例を紹介。
68歳の女性、1年前から両方の耳が聞こえにくくなりました。
加齢でこうなったのかと思い、補聴器を購入するため
耳鼻科に行くことに。
そしたら、老化による難聴だと女性は思っていたのですが
診断結果は中耳炎とのこと。

 

 

 

子供の場合だと中耳の所に強い炎症が出て痛みで
中耳炎だとわかるのですが、大人の場合だと
この痛みが出ないのです。
なので老化による難聴と間違えやすいそうです。

 

 

 

ではこの女性が患っていたのはなんという中耳炎なのかというと
「滲出性中耳炎」という病。
・60代に多く
・痛みがない
・聞こえが悪くなる
といった症状があります。

 

 

 

滲出性中耳炎の原因ですが
DSC_0456
中耳にある耳管という部分って、鼻とつながっていて
滲出性中耳炎の場合この耳管が普段なら開いたり
しまったりするのですが、それが開きにくくなるそうです。
それで中耳に浸出液というものが溜まってしまい
そうすると鼓膜が振動しにくくなり聞こえが悪くなると。

 

 

 

老化によっておこる難聴は両方の耳が聞こえにくくなるという
事が多いようです、両方の耳管の調子が悪くなると。

 

 

 

また滲出性中耳炎だというサインのようなものはあるのか
どうかなんですけど、残念ながらそれはないようです。
なのである程度の年齢になり、聞こえずらいと感じたら
すぐに耳鼻咽喉科へ行くのがいいです。

 

 

 

滲出性中耳炎の治療
DSC_0457
飲み薬はまずは3か月位、長くて半年位まで飲むようで
それでも良くならない場合は手術という事になります。

 

 

 

中耳炎の先に難聴あり

2人目の患者さんの症例です
72歳男性の方、若いころに中耳炎を繰り返していて
2年前に中耳炎になり耳鼻咽喉科で治療。
一時はよくなったが、再び耳だれがでたりしましたが
痛みがないので受診はしませんでした。

 

 

 

1年後にもっと耳の聞こえが悪くなったので
病院へ行くと回復が悪い難聴になっていたんです。

 

 

 

難聴になる可能性がある中耳炎というのがあり
DSC_0458
病気になっていない時の鼓膜というのはとてもきれいですが
慢性中耳炎になると、鼓膜に穴が開いた状態になります。
ですが鼓膜というのはたとえ穴が開いても再生するようですが
何度も穴が開いてしまうと、開いたままになってしまう。
免疫力も関係しています、高齢者だと免疫力は弱いですからね。
鼓膜の再生能力も衰えるという事です。
慢性中耳炎の治療はこのようになっています。
DSC_0459

 

 

 

真珠腫性中耳炎は、真珠のような塊が出来る中耳炎。
鼓膜が奥へとめり込んだ状態になり、耳垢が真珠のような
感じになってしまうとのこと、ここにばい菌が入ると
特殊な酵素を出して、周りの骨を溶かしてしまう。
それで大きくなってまた真珠の塊も出来ると。

 

 

 

鼓膜の裏には顔面神経があるので、そこに真珠がふれると
顔面マヒが起こる可能性があり、そばには脳もあります。
髄膜炎になったりして、命の危険があります。
真珠を取り除く手術をしないといけません。

 

 

 

好酸球性中耳炎は、最近注目されている中耳炎です。
DSC_0460
6%位の方が全く耳が聞こえなくなる可能性があるようです。
治療法はというと、こういう感じです。
DSC_0461
完治が難しい病でもあるようです。
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー