きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

ホルモン補充療法をやる上で乳がんのリスクはあがるのか?

 

2015年7月22日放送のきょうの健康、今回はホルモン補充療法。
教えてくれる先生は、東京歯科大学教授、高松潔先生です。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

女性の更年期とは?

日本の女性は平均ではありますが、50歳で閉経を迎えるそうです。
その前後5年間の事を更年期といいます。

 

 

 

この間にエストロゲンの数が大幅に少なくなり、心や体に
大きな負担がかかるというんです。

 

 

 

その心や体に対する負担というものを軽減するために
ホルモン補充療法というものがあります。

 

 

 

お薬の種類というのは飲み薬がメインとなっていて、貼り薬
塗り薬というのがあります。

 

 

 

エストロゲンの役割

分泌している場所は子宮や卵巣の辺りからと言われていて
女性にとってはなくてはならないもの、というものですが
どういう役割を果たしているのかというと

・脳
・皮膚、粘膜
・子宮、卵巣
・血管
・骨、関節
・内分泌器官

また心のバランスを保つという事にも使われています。
全身に関わる重要なホルモンです。

 

 

 

エストロゲンの分泌量の推移です。
DSC_0304
一説ではありますが200以上の症状があるようです。

 

 

 

ホルモン補充療法のお薬の使い方です。
DSC_0305
飲み薬には、黄体ホルモンが入っているものもありますが
入ってないものもあります。
食後に飲むのがいいようです。

 

 

 

貼り薬は腰やお尻に貼ることが多いようです、動きが少なく
はがれにくい場所に貼るのがいいと。
お風呂の時もそのままはったままでもいいようです。

 

 

 

塗り薬は、肘から肩ぐらいまでに塗るものや、片側の
太ももからお腹の所まで塗るタイプ
のものがあるようです。
塗る時間は1日の中でいつでもいいとのこと。

 

 

 

ホルモン補充療法の主な効果

DSC_0306
アンチエイジングの効果もあるようで、早い方だと数日で
このお薬の効果を実感できるようです。

 

 

 

また、3か月以上ホルモン補充療法を続けても症状が
あまりよくならないという場合には、お薬を変えるという事もします。

 

 

 

副作用のリスクとして一番考えないといけないのが乳がんのリスク。
ホルモン補充療法を5年以上続けると、乳がんのリスクが
少し上がる
ようです。

 

 

 

5年未満であれば、リスクは健常者と変わらないそうです。
また5年以上使っていても、生活習慣による
喫煙や飲酒、肥満の人の乳がんリスクよりも少ない
とされています。
DSC_0307

 

 

 

ホルモン補充療法をやらなくても、乳がんになる人はいるので
定期的な検査をしましょう、またホルモン補充療法をやることで
胃がんや大腸がんのリスクというのは減ります。

 

 

 

いつやめればいい?というのはないようで、続けたいので
あればずっと続けることも可能です、これは自分の体と
相談する、というのがいいかもしれませんね。

 

 

 

ホルモン補充療法が受けられない人

DSC_0308
既往のある方もダメだそうです。
注意しながら治療をする場合もあります。
DSC_0309
お薬を使った療法がなんだか不安という場合
他の治療法というものがあります。
DSC_0310
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧