きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

ノロウイルスの流行期、どうやって対策をする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年11月23日放送のきょうの健康、今回は
この冬が流行期とされるノロウイルスについて
対策はどのようにしていけばいいのか?
教えてくれるのは、大東文化大学の中島一敏先生。


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ノロウイルスの感染経路は?

主にではありますが、空気中にノロウイルスがないと
感染はしないわけなんですが、誰かがノロウイルスの
影響で吐いたりした時に、そのしぶきが空気中に
舞い上がることで感染する、つまり飛沫感染のようなものですね。

 

 

 

冬に流行する原因としては
・ノロウイルスが低温や乾燥に強い
・カキなどの2枚害を生で食べる機会が増える

という事があるからです。

 

 

 

ノロウイルスの年間の罹患数というのは正確には
わかっていないようです、おまけに食中毒での
感染よりも、人から人への飛沫感染が多いと言われている
アメリカでは毎年、2000万人が感染している。

 

 

 

食中毒での感染もないわけではない、年間で3万人は
感染しているようです。

 

 

 

食中毒だと、十分な加熱をしていないノロウイルスを
含んでいる食品、2枚貝などですね、そして
ノロウイルス感染者が触れた食品など。

 

 

 

そしてそれを食べてしまい、感染した人が嘔吐や下痢
といった症状を出し、嘔吐物のしぶきを吸い込んで感染
下痢でトイレへ駆け込む際、ノロウイルスの付着した
手でドアノブなどを触ってしまい、それに触れてしまい
それによって顔を触ったりして体内へ侵入する感染
経路というのは複数あるのです。

 

 

 

感染をしてしまったら小腸で増殖して、1日から2日で
爆発的増殖し、その結果下痢やおう吐を繰り返すという事になる。

 

 

 

症状は1日から2日で治まってくるそうです、抵抗力が弱い
子供や高齢者はも数腰治るのに時間がかかる。

 

 

 

医療機関への受診の目安としては
・嘔吐が半日から1日以上続く
・乳幼児はぐったりしている場合
・尿が半日以上でない
・尿の色が濃い
・唇がからからに乾いている

という症状が出ていればすぐに医療機関へ。

 

 

 

ノロウイルスの治療について

治療薬というのはありません、なので症状緩和
という治療をするしかない。

 

 

 

感染予防の基本は、石鹸や流水で手洗いをする

 

 

 

調理の時もこのように気を付ける

 

 

 

アルコール消毒薬ではノロウイルスは死滅しませんので
流水で洗い流しましょう、カキなどを調理するとき
まな板は別々に使うようにする。

 

 

 

最後に嘔吐物の掃除や消毒ですが、雑巾や手袋
マスクを用意して、嘔吐物を1か所にまとめて
塩素系漂白剤の希釈液を染み込ませて静かにふき取り
改めて塩素系漂白剤の希釈液をかける
嘔吐物や雑巾や手袋、マスクもまとめてゴミ袋に入れて捨てる。

 

 

 

次に衣服などに付着した場合も同様に塩素系漂白剤の
希釈液を付けてしばらく置いておき、つけたものだけ
洗うようにする。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー