きょうの健康

きょうの健康の抜粋まとめ

NHKでやっているきょうの健康の簡単なまとめのようなサイトです、自分の身に何かあった時に参考にするつもりで記してみました

管理人が気になったサイト

いま注目の腸内環境についての情報が掲載されてます 腸内環境を改善!

 

 

健康関連の番組をまとめています。 健康備忘録

インフルエンザ予防に早めのワクチン接種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年10月20日のきょうの健康、今回は
インフルエンザに備える、これから冬になっていくと
増えてきますからね、予防は必須となりますね。
教えてくれるのは、国立病院機構三重病院の谷口清州先生。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

インフルエンザと診断された人は2015年から2016年では
1316万人が患ったと言われています。

 

 

 

インフルエンザウイルスの種類は3つに分かれて
A型は大きく入れ替わることもあり、パンデミック
感染大爆発を起こす事もあり
B型は地域的な流行を起こす 2系統
C型は季節的な流行は起こさない 
という風にされていますが、ウイルスの表面には
突起があって、そこにはHの突起とNの突起が
あるんです、これがよく言われるH〇型っていうやつ。

 

 

 

A型だけでも、Hの型は16種類、Nは9種類あると
言われているそれを全て組み合わせると
144種類の亜型があるのです。

 

 

 

A型で大流行したインフルエンザがこちら
dsc_1802

 

 

 

インフルエンザの典型的な症状ですが
38度以上の発熱
   +
上気道の症状 鼻水、喉の痛み、咳
この2項目のいずれか1つ以上が出ると
インフルエンザと診断される。

 

 

 

重症化してしまうと、肺炎やインフルエンザ脳症に
なってしまう可能性もあるのですが、最近では
典型例や重症化以外にも、軽症
つまり鼻水やのどが痛いだけ、というタイプの
インフルエンザがわかってきている
無症候感染例、というのもわかってきた。
dsc_1803

 

 

 

インフルエンザを予防するのに有効なのが
やはりワクチンとなります、発症を5割、6割減少
成人の入院は約7割減少させることができる。

 

 

 

またワクチンは以前、A型2種とB型1種の
ワクチンだったのが
昨年からA型2種とB型2種の4種ウイルス混合に
なったのです、毎年作り替えられるとのこと
冬の間は効果が続いてくれるようです。

 

 

 

ワクチン以外での予防は、マスクをつけるのがベスト
不織布製のマスクはウイルスを防御する効果がある
もちろん手洗いも有効。

 

 

 

インフルエンザになった場合はこのような薬を
使用することになります
dsc_1804
しかし異常行動が出てしまうリスクはあります。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー